イオちゃん

イオちゃんさんの2月の読書メーター
記録初日
2012年01月06日
経過日数
1906日
読んだ本
676冊(1日平均0.35冊)
読んだページ
208722ページ(1日平均109ページ)
感想/レビュー
662件(投稿率97.9%)
本棚
5棚
性別
現住所
千葉県
自己紹介
読んだ本を記憶に留めておくために、ざっくりとあらすじを感想に書くようにしています。
読み返すと、拙い文章で恥ずかしいな、と思うのですが、ナイスやお気に入りに入れてくれるのは、嬉しいです。

これからも遠慮なく、お願いします♪




読書グラフ

最近の感想・レビュー(662件)

結婚適齢期となり、故郷に帰るはずだった青子。連れていかれた銀座の超一流店「すし静」での鮮烈な寿司と出会い、職人の手から直接いただくという行為から彼に特別な感情を持つようになる。バブル期の10年間、不動産業に転職し、すし店での居場所を持ち続けるために、恋愛も宙ぶらりんなまま、必死で働く青子。やがて狂乱といわれる時代にも終わりがくる。最後に残されたものは…。青子と一ノ瀬の静かな語らいがじんわりとして良かった。
★45 - コメント(1) - 3月19日

タイトルも表紙も犬。でも実際は、雑種犬の弁慶は脇役で、二つのカップルのラブ度の低い恋愛小説。始まりから、ちょっと不穏な雰囲気。そして、どんどん嫌な方向へ。一体どうなるの?と思わせるのは、近藤さんの筆力かな。パリを舞台に、お料理も観光もあり。最後にえ?という展開もあり。あっという間に読み終えてしまった。ガクとマオ、本当に似た者同士なんだな~。きっと一生腐れ縁のまま続くに違いない。
★45 - コメント(0) - 3月18日

短編からショートショート、対談までいろいろ詰まった、まさにヴァラエティな本。「プロットを考えずに書く」からなのか、短編でも一体どんな着地点になるのか、全然わからない。だから面白くて、つい読んでしまう。そして、やっぱり人物の心理描写が上手い。イラッとしたり、不安になったり、時にはツッコミを入れたりしているうちに、あとがきまで楽しく読めてしまった。
★46 - コメント(0) - 3月18日

ずっと前に「忘れ雪」をボロボロ泣きながら読んだ記憶があって、ピアノのモチーフだし、期待して読んだ。貧しい少女が町のピアノ教室の若く優しい笑顔の男の先生に導かれて、ピアノの才能を開花させる、というベタな設定はいい。が、10代の天才少女が次々と出てきて、やたら超絶技巧の曲を弾き、満点に近い点数をたたき出すとか、クラッシックのピアノコンクールにジャズアレンジで参加とかの非現実的な展開や主人公ほのかの言動にも何故かイラっとして、引き気味に読了。先生が急に血を吐くとか、うーん。唯一蒼君だけが、好感度高かった。
★36 - コメント(0) - 3月16日

ついにビブリア古書堂の本編が完結。人間関係が複雑になっていたので、相関図があってよかった。今回は、シェークスピアのファースト・フォリオをめぐる話。当時の劇や複製本の薀蓄も面白かったし、母の失踪の原因が一応明らかになって、最後にはうまくまとまった感はあった。シリーズを通して面白かったし、スピンオフが出たらまた読みたい。
★101 - コメント(0) - 3月13日

「ビストロ・パ・マル」シリーズ3作目。相変わらず料理の腕も、謎解きも冴える三舟シェフ。どれもちょっとスパイシーなミステリーだけど、希望がある終わり方でよかった。特に好きだったのは「コウノトリが運ぶもの」「ムッシュ・パピヨンに伝言を」かな。豚の血で作るソーセージ、ブーダン・ノワールは、私には食べられそうもないけど、他にも美味しそうな料理が沢山あって、ビストロでランチしたくなる。これは、まだまだ続いて欲しいシリーズです。
★61 - コメント(0) - 3月8日

祖父と二人「夏木古書店」で暮らしていた高校生の林太郎。祖父の急死により一人ぼっちになって間もなく、トラ猫に請われて本を救うため迷宮へと連れていかれる。ファンタジーだけど、今の本の在り方を憂うような話。確かに名作という本を読むよりは、ミステリーや肩ひじのはらない娯楽ものばかり読んでしまうし、好きな本を再読したいと思いながらも、次々と出る新刊を読むので精いっぱい。じっくり本を楽しむなんて中々できない。それでも、勇気や元気、知識はもらっているから満足しているけれど。
★52 - コメント(0) - 3月6日

汚部屋を業者に頼んで綺麗にしたとしても、そうなってしまった原因を探らなければリバウンドしてしまう。十萬里はそこまでキッチリ解決してくれるので、読後感もすっきり。「清算」は読んでいるうちにどんどんイメージが崩れてきて、え、こんな(ヤツ)のことで悩んでいたの?とこちらが愕然となった。「豪商の館」のタメっぷりもすごい。骨董屋やリサイクル店のバッサリ発言も小気味よい。衣類や食器は簡単に捨てられるけれど、本の増殖に悩む今日この頃。
★47 - コメント(0) - 3月4日

イオちゃんさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、窪美澄さんの最新作「やめるときも、すこやかなるときも」の献本に応募しました!締切は3月20日!応募はこちら→ リンク
★17 - コメント(0) - 3月13日 13時11分

【献本プレゼント】読書メーターで、時代ミステリー「縁見屋の娘」の献本に応募しました!締切は3月16日!応募はこちら→ リンク
★10 - コメント(0) - 3月9日 15時02分

イオちゃんさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:西加奈子 柚木麻子 近藤史恵 奥田英朗 新堂冬樹 三上延 近藤史恵 夏川草介 垣谷美雨 こうの史代
イオちゃんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)