シフォン

シフォンさんの2月の読書メーター
記録初日
2008年01月31日
経過日数
3341日
読んだ本
712冊(1日平均0.21冊)
読んだページ
209955ページ(1日平均62ページ)
感想/レビュー
445件(投稿率62.5%)
本棚
22棚
性別
血液型
AB型
職業
技術系
現住所
東京都
自己紹介
読書メーター登録開始から5年が経過しました。

5年間でいろいろな読友さんと出会い、好きな作家さんも増えました。読みたい本がどんどん増えて、消化できないのが悩みです。

好きなことは、旅行、美術鑑賞、建物や花や紅葉を見ながらのウォーキング。

よろしくお願い致します。





読書グラフ

最近の感想・レビュー(445件)

面白かった~さすが池井戸さん、読みやすくどんどん 引き込まれる。下町ロケット同様の零細企業サクセスストーリーだったが、昨今の世相を反映していると思う。話の中では、大企業が悪者になっているけれど、大企業故に成果を求められるがリスクを負うことができない体制も浮かび上がっている。何を信じて、どこと契約するか、やっぱり最後は人なんだなとつくづく感じた。
★21 - コメント(2) - 3月23日

日仏出版社の共同企画「マリー・アントワネット」がどのように書かれたかという内容の本でした。なぜ惣領さんが書くことになったか、何にこだわったかということが書かれていました。先日読んだ「マリー・アントワネット」は、とてもドレスや部屋の装飾が細かくて美しく、続編が読みたいと思っていたのですが、1巻で終わりなのですね。
★19 - コメント(0) - 3月18日

上流階級の続編。お仕事もののお話は、日頃知ることができない世界を知ることができて楽しいです。デパートの外商なんて自分には縁のないセレブな世界ですが、勉強になることもあり、パワフルは主人公に感服です。究極のサービスは「恩」、恩こそが信頼関係の構築に繋がる。なんでもネット等で手軽に手に入るようになった時代、人に求めるものは人間にしかできない人と人のつながりなんでしょうね。
★31 - コメント(0) - 3月15日

宮木あや子さんのデビュー作、R-18文学賞。江戸末期の吉原に売られてきた女たちのさまざまな人生模様。好きな男の後追い自殺をする者、労咳や病気で亡くなる者、好きな男と足抜けして逃げ切る者、せっかく年季があけたのに結局戻って来る者など、切ないことも多々あるけどこの時代をたくましく生きていることも書かれているような気がした。
★26 - コメント(2) - 3月11日

シリーズ3作目。今回は、恋人との仲を取り持つ「あしながおじさん」、むすめと父には「クリスマス・キャロル」、新たなキャラクターとして、天使なるものが登場してきた。珈琲飲みながら読書は至福の時だよね。
★20 - コメント(0) - 3月11日

東日本大震災よりかなり前の1995年に原発を題材とした内容の話を書いているなんてびっくりした。原発のしくみやヘリコプター、通信機器などについての専門用語が多々出てきてついていくのが大変だったが、わかりやすく説明されておりいろいろなことを知ることができた気がする。ストーリーは、複数の場面から展開され登場人物も多く徐々にパズルがはまっていくような感じ。「沈黙する群衆」へ石のひとつでも投げつけることができないだろうかは今の時代に対するメッセージのような気がした。
★39 - コメント(6) - 3月3日

ベルばら世代のため、ルイ16世はぽっちゃりしていて夫婦仲はあまり良くないという印象だった。この本が真実だとしたら、マリーアントワネットも夫婦仲もよく家族で楽しい時を過ごしていたと思われ救われる感じがする。惣領冬実さんの描くドレスや部屋の装飾が良く、マリーアントワネット展で飾られていた絵画も登場し素敵な内容になっている。続きもみたい。
★17 - コメント(2) - 2月24日

昼ドラのような話だった。夫の態度にムカムカしながら読み進めていったら、そういう展開か~。なんで言いなりになってしまうんだろうか。取り返しのつかない状況になってしまうのに。村山由佳さんの小説はどんどんこういう方向になってしまうのかしら。
★27 - コメント(0) - 2月22日

シフォンさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、窪美澄さんの最新作「やめるときも、すこやかなるときも」の献本に応募しました!締切は3月20日!応募はこちら→ リンク
★6 - コメント(0) - 3月14日 7時39分

茨城近代美術館で開催されている東山魁夷の唐招提寺御影堂障壁画展に行ってきました。鑑真和上に捧げたという日本と中国の風景、やはり迫力がありますね。せっかく水戸に行ったので、偕楽園と弘道館にも行ってきました。梅はいろいろな種類があり、満開でした。偕楽園は、せっかくなので、陰から陽への表門から入り、竹林、吐玉泉、好文亭を通って梅園へ。弘道館は江戸時代の総合大学だそうですが、葵の御紋見て水戸は徳川家ということを感じました。
★18 - コメント(5) - 3月11日 16時53分

シフォンさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:池井戸潤 惣領冬実,塚田有那 高殿円 宮木あや子 蒼月海里 東野圭吾 惣領冬実 村山由佳 古内一絵 原田マハ
シフォンさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)