たまま

たままさんの1月の読書メーター
記録初日
2016年11月29日
経過日数
92日
読んだ本
55冊(1日平均0.6冊)
読んだページ
17327ページ(1日平均188ページ)
感想/レビュー
55件(投稿率100%)
本棚
4棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(55件)

作家や編集者などの本を作る立場の人達の様子が垣間みれ面白かった。
- コメント(0) - 2月23日

それぞれの胸の内にある負の部分が少しずつ顕になっていく描写はさすが辻村深月だなと感じた。登場人物に特別魅力は感じなかったが、それがよりリアルに感じた。個人的にミステリー要素はいらなかったが、読むのに時間がかかったのは、ミステリーのような続きが気になる要素がなかったからなのかもしれない。難しい。
★6 - コメント(0) - 2月23日

坊っちゃんの裏表のない性格と行動は読んでいてとても気持ちがよかった。キヨの溢れんばかりの愛が坊っちゃんを真っすぐな大人に育てたと思うと、キヨは偉大だなと感じた。松山に行ったときに坊っちゃんをしきりにアピールしていたが、この作品ではあまりいいイメージの土地ではないのがなかなか面白い。
★13 - コメント(0) - 2月12日

珍しく読むのに時間がかかった。高校生の日常がそれぞれの立場で描かれていて、心理描写が多かった。スクールカーストが絶対的なものとして君臨しており、今の高校生は生きにくいなと感じた。もう時代が違うのかあまり共感はできなかった。
★20 - コメント(0) - 2月8日

1さつめより数学トリックが面白かった。不思議な国のアリスがファンタジーでワクワクしながら読むことができた。武藤刑事が成長していてうれしい。続きも読みたい。
★6 - コメント(0) - 2月4日

本屋さんを盛り上げるために奮闘する様と女性が働く上で出てくる問題についてテンポよく書かれていて楽しく読むことができた。職場が変わって理子と亜紀をとりまく環境も変わっているのだが、1冊目と似たような展開なので少し物足りなく感じた。
★7 - コメント(0) - 2月3日

前半は女性が働く職場ならではのドロドロとした展開が続き、思っていたのと違うなと思いながら読んでいた。後半は大きな困難に立ち向かうため、犬猿の仲だった二人が休戦して仲間とともに奮闘する様子がテンポよく描写されており楽しめた。続きも読んでみたい。
★19 - コメント(0) - 2月2日

今回も楽しく読むことができた。伊良部先生もマユミさんも患者さんもキャラがたっていて面白かった。義父のヅラは自分もなり得るなと感じた。大人だからと抑圧しているものがたくさんあるからどこかで発散させないと!!伊良部先生はわざとお調子者キャラを定着させたんだろうなと感じた。伊良部先生の暗闇も覗いてみたい。
★20 - コメント(0) - 2月1日

たままさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで感動のサスペンス巨編「天上の葦 上下巻セット」の献本に応募しました!締切は3月2日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 2月24日 16時16分

【献本プレゼント】読書メーターで感動のラブストーリー「君は月夜に光り輝く」の献本に応募しました!締切は2月27日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 2月23日 11時31分

たままさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:高橋一清 辻村深月 夏目漱石 朝井リョウ 青柳碧人 碧野圭 奥田英朗 伊坂幸太郎 村上春樹 坂木司
たままさんの著者グラフ

お気に入り(3人)


ログイン新規登録(無料)