ひょん吉

ひょん吉さんの2月の読書メーター
記録初日
2012年02月02日
経過日数
1880日
読んだ本
86冊(1日平均0.05冊)
読んだページ
31954ページ(1日平均16ページ)
感想/レビュー
16件(投稿率18.6%)
本棚
0棚
性別
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(16件)

地政学の欠落こそが、失敗の本質だったのか、と納得。これから物事を考えていく上で、大変勉強になりました。再び日本が地政学地図に登場するのは、どのような状況になったときなのか。まず、世界情勢を正しく報道するテレビ局をつくることからでしょうか?
- コメント(0) - 3月26日

読後に、高校の時の国語の先生が、人が一生のうちに読める本の数は限られている、と言っていたことを思い出した。事件手帖に出てくる本を読みたくても、他にも色々あるし。悩ましい。
★51 - コメント(0) - 3月20日

30年も前の本なのに新鮮。ということは、失敗の教訓が未だ生かされていないとゆうことだろうか?革新的な組織に変化するとき、組織内の人はどのように組織を変えていくのだろう。その場の空気が支配することは、身近な会議でも起こっているのではないか。楽観論と精神論と月月火水木金金で乗り越えようとしているのではないか。目的、目標、手段がバラバラではないだろうか。少なくとも、今、自分は失敗の事例と同じ失敗をする自信がある。読後の不安感が半端ない!
★11 - コメント(0) - 2月27日

国際法で読み解く『ワンピース』を書いて欲しい!より、分かりやすくなるかも?
★1 - コメント(0) - 2月19日

久しぶりに京極先生の本を読んだ。ビブリアの京極版かな、なんて思いながら読み進めながら、違うな、なんて思いながら、探書 陸 未完で、おーっとなる。以前なら再読し始めるところですが、時間がないので、諦める。巷説も百鬼夜行シリーズもかなり内容を忘れている。鵺は未だかと待望しつつも、楽しめるのか不安になった一冊。
★6 - コメント(0) - 1月14日

賢く強くなろう! 大統領選挙の後から読んでも、たいへん為にる一冊です。
★2 - コメント(0) - 2016年11月19日

現実を直視して、過程ではなく結果を重視し、所得向上を目指し、計画の収支にちゃんと向き合い、自分たちで考え行動すること。と、章ごとに大事だと思った言葉をまとめてみました。28の知恵はチェックリストとしてまとまっていて、地方創成に携わっている人は特に役に立つのではないかと。5章の「組織の活かし方」は地方創成に関係なくても役立つ考え方で、おすすめです。
- コメント(0) - 2016年10月15日

再び間抜けとならないために、どうすれば良いのやら。
★1 - コメント(0) - 2016年9月4日

ひょん吉さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:倉山満 三上延 戸部良一,寺本義也,鎌田伸一,杉之尾孝生,村井友秀,野中郁次郎 京極夏彦 江崎道朗 木下斉 福井義高 大沢在昌 神家正成 エドワードルトワック
ひょん吉さんの著者グラフ

お気に入り(2人)


お気に入られ(1人)


ログイン新規登録(無料)