code_air_edge

code_air_edgeさんの2月の読書メーター
記録初日
2008年04月14日
経過日数
3269日
読んだ本
293冊(1日平均0.09冊)
読んだページ
107679ページ(1日平均32ページ)
感想/レビュー
288件(投稿率98.3%)
本棚
12棚
性別
血液型
B型
職業
技術系
現住所
兵庫県
URL / ブログ
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(288件)

今回は絶対、晴海回だと思ったのになぁ・・・。 蓋を開けてみたら晴海の出番は殆ど無し。アライア姫との縁も明かされて、フォルトーゼで、これで出番なしってどういうことよ・・・! さて、内容で言えばフォルトーゼは次なるステージへ。比較的御しやすかった?エゥレクシスを退け、本丸との勝負になるのかな? あちらは後先考えてなさそうなので厄介よねぇ。 しかしここになって新たなヒロイン登場か!?って思ったけどそれはさすがにないのか。それにしたって殺伐としたフォルトーゼ、皇女はなぜまともなんだろうな・・・?(笑)
- コメント(0) - 3月4日

新生・フォルトーゼ正規軍の活躍譚。 役割分担として、頭脳派と武闘派が分かれての戦闘というところ。ずっと推し続けてる桜庭先輩の出番が割と多かったのは嬉しいけれど、最後の最後がなぁ・・・。気になる引っ張り方でして。 シグナルティンへの力の供給によって晴海の身体に影響を与えた? 次巻はおそらく、晴海とアライア姫の話になると思ってるんだけれどはてさて。アライアの記憶を完全に引き継いで完全体となるのか、アルゥナイアと静香のように同居するのか。このあたりもそろそろ進展ありそうだよねぇ?
★3 - コメント(0) - 2016年12月18日

公開済みの短編3つと、書下ろしの中編一つという日常回。 書き下ろしは、後書きにもあるように必要な話なのだけど、はて時期はどこだったんだろうねぇ。今の局面に入る前だろか? いずれにせよ、確かに必要な話。一度暁の女神になったことがある事実から察するに、やっぱり最後は…? さて、次は本編に戻るということで、少し早めの刊行だそうで。本編も佳境に入ってきてるからなぁ。楽しみだ。
★4 - コメント(0) - 2016年8月13日

そう来たかーという感じ。 賤ヶ岳の戦いにおける五大頂は、まさしくラストダンジョンにおけるラスボスと中ボス。そこで丹羽が感じた通り、「個」対「組」ってことなんだろうね。 逆に五大頂側が集結してたらとんでもないことになったんだろうなぁ・・・。(ただ、小姫にしろ御市にしろ、絶対アニメ化できないよな・・・w) そしていよいよ本能寺。暗号の謎も解け、秀吉と邂逅したのも束の間、まさかの”本体”登場・・・! ギャグっぽく言ってはいるけど、極道親父、やることがえげつなさ過ぎませんかね・・・。
★3 - コメント(0) - 2016年7月18日

さて、二手に分かれる事となってしまったサトミ騎士団。二手に分かれてしまってから合流を迎えるあたりも過去と重なる部分がありますな。オライエン然り。 さて、物語は非常に厄介な展開に。エゥレクシスもそうだけれど、敵対する相手が冷静さを持ちあわせているのでなかなかどうなるのか読めないねー。 しっかし、フォルトーゼ、しかも皇族でありながら今回も脇役となってしまいそうなクラン。やっぱマスティル家が中心となっちゃうのかなぁ。。。 個人的には、こここそが晴海先輩主役の場!って思ってるんだけどどうだろう。期待薄か・・・。
★3 - コメント(3) - 2016年5月29日

「それでは授業を始めまあああああああす!」 で腹筋崩壊した(挨拶 いやー、ホライゾンさん男前すぎましたね・・・。というかトーリ、あれが初めてって、その後の巫女と騎士に相対するときどうなるんだっていうね。匪堕天が言うとおり現実のほうがハードル高いってどうなのよそれ・・・w それはさておき、蓋を開けたらカレーの流れも不意打ち過ぎて噴いた。いやーそうだよねー武蔵だとそうなっちゃうよねー(棒 そして後半は賤ヶ岳の戦い。ここで多くの実力者が去ってしまうのだと思うと物悲しい。歴史再現で結末は分かっているが、ね。
★2 - コメント(0) - 2016年4月24日

ついうっかり夜中まで読んでしまった…。 さていよいよ動き始めた現代フォルトーゼ。白銀の姫の外伝はやっぱ本編に組み込むべきじゃなかったのかな?(笑) ティアが皇族としてはいささか死に急いでるきらいがあるよーな気はするけど、まぁそこはお約束で良いのかな…?まず死なないしね。 今回はあとがきが多くて次巻の内容にまで触れちゃってたけどはてさて。これまでの“殺さず“を貫き通している伏線が、過去と同様になぞらえられるのかが楽しみだねぇ。 そして真に覚醒するシグナルティン!ってのが大団円でしょ~か。 晴海回はよ…!!!
★3 - コメント(0) - 2016年3月22日

お互いがお互いの才能を羨みつつ補い合いながら成長していくってのは実に王道で素晴らしいですね! ちょーっとリューズの出番が少なくて残念かなぁ。でも今巻はアンクルのお話なので仕方ないか。 しっかし、なんなんですかねこのチート集団。揃いも揃って規格外が揃ってますがなんか引きあったりしてるんですかね・・・? 最後の最後、なんか黒幕とか出てきちゃってこれどういう方向に進んでいくのかなぁ・・・。なかなかまだまだ先が読めない!けど安住はできなさそうだねぇナオトくん・・・w
★4 - コメント(0) - 2015年10月25日

code_air_edgeさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:健速 川上稔 榎宮祐,暇奈椿 手島史詞 朱門優 細音啓 榊一郎 石踏一榮 川上稔 桜庭一樹
code_air_edgeさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)