ジョン・リード

ジョン・リードさんの1月の読書メーター
記録初日
2013年03月01日
経過日数
1454日
読んだ本
295冊(1日平均0.2冊)
読んだページ
92640ページ(1日平均63ページ)
感想/レビュー
133件(投稿率45.1%)
本棚
13棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(133件)

2002年に出版された本の文庫化。日本は素晴らしいという本やTVが多いが、本書はアメリカ人著者による日本を愛するが故の日本のダメだし。文化や自然を尊重しない日本社会の実態を書いていて、当初は海外向けに書かれたもののようである。予算を消化するための工事、役人の仕事を作るための規制、想像力を育てない教育…などなど範囲が広くて、日本人としてたいへん耳が痛くなるが知らなかった事も多く勉強になった。財政問題では、今後の消費税増税、年金減額、医療費増などを予測していてその精度の高さに驚かされた。
★1 - コメント(0) - 2月15日

元朝日新聞記者によるスノーデン氏のインタビューと監視システムについての本。著者が記者時代に関係する取材をした経験があるのと、カナダの大学で監視システムを研究しているというだけあって、要点が分かりやすく書かれている。スノーデン氏から提供された情報操作の資料が出ていたがああやっぱりという感じ…。
- コメント(1) - 2月8日

久しぶりに再読。10年以上も前に最初に読んだときの衝撃が忘れられない。読書などあまりしなかった自分が、読書に夢中になるきっかけとなった本。 たいへん短い児童書だが、親子、家族、友人など人間関係や、人と自然との関係など深く考えさせられる。迷ったり行き詰まったりしたときには、いつでもこの本に立ち帰ろう。
★34 - コメント(0) - 1月15日

さわやかな恋愛もの。登場人物たちが皆優しくて安心して読める。大阪、奈良の名所案内の趣もよい。著者の狐さんシリーズの登場人物もちらっと登場。
- コメント(0) - 1月14日

インタビュー自体の分量は少なく、ホセ・ムヒカ氏の紹介というよりは、行き過ぎた資本主義(新自由主義)により壊された国民生活を立て直そうとしているウルグアイの紹介本といった方がよいかもしれない。ウルグアイとは逆に、新自由主義に飲まれようとしている日本への警鐘の意味合いが強い。
★1 - コメント(2) - 1月11日

独特の筆致で人間の内面を書き出す作家さんで、ハズレはない印象だったのであるが本作はどうも今ひとつ。シリア内戦がサブテーマになっているが、 本書に書かれているニュースが西側大手マスコミを引いていて、それが短絡的な印象を持たせてしまったようだ。シリア内戦がメインテーマではないので、そこまでこだわらなくてもよいのかもしれないが…。
★16 - コメント(0) - 1月10日

1971年のウルグアイで出版されいくつかの国で発禁となった本。故チャベス大統領がオバマ大統領に寄贈した本として有名。アメリカやヨーロッパによる中南米での略奪と殺戮の歴史だが、近代はアメリカが主人公。政治や軍事力をからめてアメリカのグローバル企業が農作物、地下資源、労働力を根こそぎ絡め取っていく様は凄まじく、民族(自立)的な政府ができるとクーデターなどで政府そのものを潰してしまう。中南米で反米国が多い理由もよく分かる。直訳したような言葉が読みづらいが、今後の日本を予測する参考になるのではないだろうか。
- コメント(1) - 1月8日

よい作品を出し続ける印象のある作家さん。上下巻各5話ずつ東京會舘にまつわる人たちの話。実在する施設と人をモデルにするのはたいへん難しいことだと思うのだが、あえてそれに挑戦する意気込みを感じた。上巻の東京會舘を作り上げた人たちの話は印象的で、終戦直後のバーの話や菓子作りの話などはとてもよかった。下巻で少しチカラが抜けた感じなのが残念。東日本大震災に遭遇した登場人物たちが昔話で懐かしむ場面は…さすがに無理があるかも。
★13 - コメント(0) - 1月4日

ジョン・リードさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで小説すばる新人賞受賞「星に願いを、そして手を。」の献本に応募しました!締切は2月16日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 2月9日 22時04分

【献本プレゼント】読書メーターで小説すばる新人賞受賞「プルーフ版『星に願いを、そして手を。』」の献本に応募しました!締切は2月2日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 1月28日 20時21分

著者グラフ

最近読んだ著者:長沢樹 西加奈子 森博嗣 アレックス・カー 小笠原みどり 米澤穂信 梨木香歩 万城目学 宇沢弘文 彩瀬まる
ジョン・リードさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)