morusora

morusoraさんの2月の読書メーター
記録初日
2011年07月15日
経過日数
2080日
読んだ本
470冊(1日平均0.21冊)
読んだページ
152695ページ(1日平均67ページ)
感想/レビュー
88件(投稿率18.7%)
本棚
9棚
現住所
北海道
自己紹介
ただただ、好きなもの、読みたいものを読む。再読多し。

就寝前の3行読書で、普段は沈没。
読みだすと家事放棄な勢いの困り者。

子供の頃に読んだ話を探索中。。。。


本はいつまでも在るものと思っていた粗忽者です。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(88件)

バツ2の時子さん、お父さんの残したアパートの大家さんをしながら介護施設で働いていて、週1でお母さんをカラオケ教室に連れて行く。アパートの多種多様な人々、腹の立つ思いをしながら店子や近隣住民と折り合いをつけ、世話もする生活。新しい店子の有馬の出現でコチコチの心と生活もほぐれて行く。プロポーズは一度は断るが、目出度くハッピーエンド。昔のホームドラマのような話だけれど、お幸せにね、時子さんと素直に言える。
★8 - コメント(1) - 3月5日

むー、面白くないわけじゃない。だけど、すっきり感が足りない。白黒つけずに、表沙汰にならない結末もありだと思うけれど、中途半端感が残る。思わせぶりな事柄が多すぎる。むー。
★4 - コメント(0) - 2月28日

このシリーズの完結。でもエピソードがきちんと回収されないまま終わったような気がする。道具立てというか設定がなかなか変わっていたのだけれど、それが有効に使い切れているかと言えば、消化不良のような。だから死んだ敵役がホントに死んだのか、もしかするとー。みたいな終わり方もまたモヤモヤしてしまう。
★4 - コメント(0) - 2月15日

少しクドイけれど面白かった。刑事の新妻友紀の言動がイマイチな気がする。少し福山雅治の「ガリレオ」みたいな感じなのが少し残念かな。
★3 - コメント(0) - 2月8日

やっと見つけて読了。六編のロマンス。切ない思いの詰まったお話。〆の「長持の恋」、有川浩並みにキュンとしてしまった、私は変?「もっちゃん」なんて、素敵すぎるし。「鴨川ホルモー」とつながる話もあり、また「鴨川」も読みたくなりました。こんな話を違和感なく設定できるのはやっぱり千年の都・京都だからなのねー
★17 - コメント(0) - 2月6日

知床への開拓入植者と離農、その廃墟、「自然」に呑み込まれていく元開拓地の写真を多く使った本。最後の離農者の方の新聞記事を読んだ覚えあり。その印象は本に書かれているような誤ったものだった事を知る。申し訳ない。政策に翻弄されたのに開拓者であったことを隠している元住人達。この様な人々の努力の上に北海道という大地があるんだなと。生活の痕跡って独特なものだなと思い出した。
★2 - コメント(0) - 1月21日

再読だけど一気読み。
★1 - コメント(0) - 1月19日

面白かった。聡美にイラっとし、梨子にイライラし笑でも、こうゆう人は現実にいるなと。私は出来るなら速攻距離をとらせてタイプ。杉村三郎が少しいい人すぎる気がするけど、きっと自制心や自分を客観視することが出来るキャラクターなんだなと。菜穂子は純真な心を持った妻として書かれているけれど、1番心に闇を抱えている気がするので、続けてこのシリーズを読みたいです。
★25 - コメント(0) - 1月15日

morusoraさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

2017年2月の読書メーター 読んだ本の数:12冊 読んだページ数:3609ページ ナイス数:52ナイス ★2月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★4 - コメント(2) - 3月7日 6時43分

話題のアカデミー賞、「ラ・ラ・ランド」の主役の男優さんは「きみに読む物語」の人だったーなんの映画で見たのかずっと気になっていたけど、読メを開いた時に思い出したー(^^)
★3 - コメント(0) - 2月28日 7時38分

著者グラフ

最近読んだ著者:和田竜 西條奈加 帚木蓬生 三上延 小路幸也 宇江佐真理 宮部みゆき 小路幸也 ドリアン助川 神永学
morusoraさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)