あかふく

あかふくさんの2月の読書メーター
記録初日
2012年03月01日
経過日数
1849日
読んだ本
1104冊(1日平均0.6冊)
読んだページ
318264ページ(1日平均172ページ)
感想/レビュー
840件(投稿率76.1%)
本棚
0棚
性別
自己紹介
大学院生です。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(840件)

ちょうどいい時に。変わることを肯定する勇気と変わらないことを信じること。あくまでも自分の力で。
★1 - コメント(0) - 2014年10月31日

いくつかの喜劇的な作品、その中では作者(書き手)が登場し、自己否定が行われ、ある種のウロボロスが形作られる。自己否定は終りがないが、それが、例えば私小説が主流であった日本の小説として、提示されたとき、そこでのメッセージは「これは嘘」ということになる。それは突き詰めればこの言葉すらも嘘であり、言葉によって表わされるような物などは何もないのだ、という確信(絶望)に至る。では、何を読むのか。それは現われる作者の「手」を。つまりどのように語られ、どのように書かれているのかということを。
★8 - コメント(0) - 2014年10月30日

「生きているように見える」に過ぎないかもしれないというフランケンシュタインの怪物「ビスケ」を主人公として「ように見える」という幻想の領域を、物語は否定できないものとして考える。本書には「まるで」「ように」「見える」といった表現が多用され、とりわけ各章末部に強く使われる(「あなたは、まるで虐待された子供ですね」)。これは必ず錯覚でしかない。けれどもそれが錯覚であると知りながらも固執するのが、ここで「人間」と呼ばれるものなのかもしれない。五感の強調もその線だろう。ビスケの見た目が人間のようでなければこの物語は
★3 - コメント(1) - 2014年10月26日

今では『コレクシオン 開高健』などで読めるものも多いが、他では読めない開高健に関する評論やエッセイがたくさん掲載されている。およそ開高健の発表年代順に並び終盤が人柄に焦点をあてている記事となっている。川本三郎が『日本三文オペラ』を山口昌男の語彙で語っていること、高橋英夫が「笑われた」に注目していることが興味深い。
★2 - コメント(0) - 2014年10月24日

違ったものを創造する能力としての空想と祭りの可能性を神学的に論じる。祭りと空想がある秩序に反した事態を許すものとしてあることを確認し、それらが現在(1960ごろ)復活してきているように見られる現象(新神秘主義、ヒッピー、ラディカル神学など)を分析し、それらを併せて別の仕方を創造する立場として「併置の神学」を提示する。そしてそのときに登場するのが「道化キリスト」である。議論自体もまた「併置」にのっとり、キリストを道化と喝破するところに祭りと空想がある。方法的にも面白い。
★2 - コメント(0) - 2014年10月21日

これは「空転した物語」なのかもしれない。「それはとんでもなく不毛でフィクショナルな世界にしか見えない。」これは「僕」の「現実」について語られた言葉だが、それが「フィクショナル」なのだ。そしてそれは「無力」だ。小説として語ればそれは「無意味」とも言える。しかしその無意味に魅せられることもあり、無力なはずの駒による反逆が起こることもある。「外」にそれはあった。通常や普通が囲む内側ではないところに。そこに跳ぶための手段としての無意味がここでは使い尽くされている。形象、ページ、アナグラム、語呂合わせ、言葉遊び…。
★2 - コメント(1) - 2014年10月20日

「遊び」を哲学的主題として扱う。その際の背景はフィンクの師であるフッサールとハイデガーとなっている。「遊び」の再現機能によって世界の非現実性と現実性が鏡映し、そこにいる人々は世界の全体性に襲われる。ただしそこでは襲われるのみであって、把握などはできない。ゆえにその再現機能の模倣という点を強調する祭祀を考察することによって、世界と人間を取り結ぶ比喩の効力を見出していく。
★3 - コメント(0) - 2014年10月17日

高橋睦郎の食に関するエッセイ集。絵は金子國義。高橋は詩人を「詩を求めつづける人」とする。詩は近づきつつ、遠ざかるものだと言う。即ち詩の本質は相反性にあると言うことができる。食もそうであり、生きるために必要な行為でありながら死に密接に結びついている。そのような逆説性に様々ひかれながら、ときに遊ぶ。それは食卓の食物ではなく、卓、というか食物それ自体ではないものへの関心として現れる。器もまた、「空無によって実有は実有たりえている」ことを象徴するものだ。そこには旅の軌跡が残る。
★2 - コメント(0) - 2014年10月1日

あかふくさんの感想・レビュー

読んでる本(2冊)

9登録

ログイン新規登録(無料)