緋莢

緋莢さんの1月の読書メーター
記録初日
2008年01月03日
経過日数
3343日
読んだ本
6730冊(1日平均2.01冊)
読んだページ
1631291ページ(1日平均487ページ)
感想/レビュー
6626件(投稿率98.5%)
本棚
75棚
性別
年齢
35歳
血液型
AB型
職業
その他
現住所
東京都
URL / ブログ
自己紹介
本・マンガ、自分が面白い!と
思えるものなら何でも好きです。

読書雑記というブログを
やってます。更新はそんなに
頻繁ではありません。

よろしくお願いします。

読書冊数、6000冊
ページ数100万ページ
突破!

ナイスも70000を超えました。
ナイスしていただいた方
本当にありがとうございます。

たまにコメントをいただきますが
すぐに返信出来ない事が多いです。
申し訳ありません。

現在の本棚は以下の通りです。

「2011年ベスト」
「2012年各月ベスト」
「2012年上半期ベスト」
「2012年ベスト」単行本・文庫・マンガ
「2013年各月ベスト」
「2013年上半期ベスト」
「2013年年間ベスト」
「2014年各月ベスト」
「2014年上半期ベスト」
「2014年年間ベスト」
「2015年各月ベスト」
「2015年年間ベスト」
「2016年1月ベスト」
「2016年2月ベスト」
「2016年3月ベスト」
「2016年4月ベスト」
「2016年5月ベスト」
「2016年6月ベスト」
「2016年上半期ベスト」
「2016年7月ベスト」
「2016年8月ベスト」
「2016年9月ベスト」
「2016年10月ベスト」
「2016年11月ベスト」
「2016年12月ベスト」
「2016年年間ベスト」
「マンガ大賞にノミネートされた事はないけど
お薦めのマンガ」

また、5月ベストからタイトルに、読了した
本、マンガの冊数、獲得ナイスを
入れています。

お気に入りに追加された場合、よほどの事が
ない限り、こちらもお気に入りに追加します。
ただし、お気に入りから解除された場合は
こちらも解除し、ブロックします。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(6626件)

新宿歌舞伎町の外れで、ヤクザがメッタ刺しにされ殺された。犯人はすぐに逮捕され、動機は痴情のもつれという事で事件は解決したかに見えた。だが、警視庁捜査一課の刑事・土田は違和感を覚え、被害者の遺した数字のメモに着目する。総理事務秘書官として警察官僚として派遣された桐野は 土田から、事件とメモの事を聞き、独自に調査をするよう依頼して・・・
★16 - コメント(2) - 2月16日

新橋の廃墟ビルで発見された変死体。それは、モルタルで石像のごとく固められた奇妙なものだった。愛宕署に特捜本部が設置されるが、そこへ犯人から電話が入る。警視庁捜査一課の新米刑事・如月塔子は犯人から気に入られ、交渉相手として選ばれる。犯人の言葉から、今回の殺人事件には、過去の未解決事件が関わっている事が浮かび上がってきて・・・
★17 - コメント(1) - 2月16日

プロデビューをきっかけに、分かれた同人誌仲間。その仲間は今や出版社の営業部長となり、連載の企画をことごとく潰してくる。話しあうために、自宅へと行くが、そこでカッとなって殺してしまい・・・(「禁断の筋書」)組の解散に納得のいかないヤクザが起こした誘拐事件、人質の監禁場所で起こった殺人、銀行強盗を目論む犯人グループの車の中で爆発した爆弾などの事件で、ちょっとした疑問から真相を導き出す福家警部補。その活躍を書いたシリーズ第三弾。
★17 - コメント(1) - 2月16日

渋谷、新宿で相次いで通り魔事件が発生。犯人はその場で警察官に取り押さえられたものの「俺はやっていない」と口にした。警視庁の刑事・碓氷は、2つの事件で、犯人を捕まえた協力者がいたが、気が付くと姿を消しており、警察官たちも、その顔や服装を全く覚えていない事に疑問を抱く。そんな中、警察庁から心理調査官の藤森紗英がやってきて、碓氷はコンビを組むように命じられるが・・・
★16 - コメント(1) - 2月16日

「R特捜班」、鎌倉署の一室に常駐している、その別名は「心霊特捜班」、心霊現象が絡む事件を担当する班だった。幽霊が出るというエレベーターで起こった急死事件や、見覚えのない場所が何度も夢に出てくるという警察官 悪魔に憑りつかれた少女など、不可思議な事件が持ち込まれ・・・
★13 - コメント(1) - 2月16日

江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズにハマり、江戸川乱歩が常連だった料亭で、伯父が女将から乱歩を紹介され、サイン色紙を貰った事も。東京創元社に入社後、翻訳ミステリ中心だった中、日本のものをやりたいと、作家デビュー前の北村薫と共に「日本探偵小説全集」を企画、実現させる。社長、会長をつとめ、吉祥寺のミステリ専門の本屋「TRICK TRAP」を手伝う。ミステリを愛した人間が語るこれまでの、そして、これからの本の世界。
★17 - コメント(3) - 2月15日

念願の漫画賞を受賞し、漫画家となった女子高生の渡瀬かおる。だが、受賞作品は兄の弦太郎が、かおるの名前を勝手に使って応募したもので、しかもBLだった。真相を言い出せず、兄の助けを借りながら、かおるは漫画を描いていくが・・・
★13 - コメント(1) - 2月15日

「付き合って半年も経つのに一度もエッチがない」等の恋愛、結婚、家族、仕事などの悩み、恋愛、ホラー、SFなど様々なジャンルのショートショート、オススメ本の紹介。テーマは「森羅万象」、石田衣良と真島マコトが同じ題材で書くエッセイ、TVのワイドショーで語った時事問題をもう少し深く掘り下げる、実業家気取りの不倫男と付き合っていたり、好きでもない男と4年間同棲していた“しくじり美女”の話・・・石田衣良のメールマガジン「小説家と日曜日」をまとめた本。
★17 - コメント(2) - 2月15日

緋莢さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

『ワシズ』読んでないので、本当に吉田栄作と接触している可能性もありますが。
★3 - コメント(0) - 2月25日 18時49分

『カイジ』と『トネガワ』の違いは90年代と2010年代で変化したリアリティ反映?リンク 記事中に<(白州次郎とか吉田栄作とかと接触しているw)>ってあるけど、吉田茂と佐藤栄作では?
★6 - コメント(0) - 2月25日 18時47分

緋莢さんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:相場英雄 麻見和史 大倉崇裕 今野敏 戸川安宣 ゆうきまさみ 石田衣良 松本清張 柚月裕子 陳舜臣,今邑彩,泡坂妻夫,夏樹静子,真保裕一,連城三紀彦,小松左京,鈴木輝一郎
緋莢さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)