LuckyRuci

LuckyRuciさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年03月04日
経過日数
1119日
読んだ本
15冊(1日平均0.01冊)
読んだページ
2027ページ(1日平均1ページ)
感想/レビュー
15件(投稿率100%)
本棚
0棚
性別
年齢
31歳
血液型
O型
職業
無職
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
犬の散歩いってきます!

読書グラフ

最近の感想・レビュー(15件)

既読1巻~4巻。美少女スポ根マンガ、テーマはバドミントン。とりあえず特筆するのは絵の上手さ。美少女は可愛く、男も男らしく。だけどキャラが多すぎて目の回る印象を覚えるのは個人的に難点か・・・。ストーリー、というか演出も独自性があって、主人公である天才バトミントン少女の「邪悪さ」を強調する描き方は不思議な格好良さと迫力があります。全体的に勢いがあって面白い。今後、変に各キャラにスポットを当てようとせず、このまま綾乃の邁進ストーリーに集中してもらえればいいなと、個人的には思っている。
★3 - コメント(0) - 2015年1月18日

既読1巻~2巻。おすすめSF漫画、サイキック系かな? 万物(現象含む)を創造し得るサナという不思議な少女と、頑固じじい蔵六が贈るハートウォーミングアドベンチャー。心温まる舞台設定ながらもストーリーの進行は結構ハード。皆川亮二先生のAMRSよろしく、ルイスキャロルをモチーフに謎の組織が暗躍しております。とにかく画風が素敵ですね!サナもさなえも表情ゆたかで超かわいい!特にお気に入りは一条雫ちゃん、能力から性格まで男前な姐さんです(´д`*)今後がとても楽しみなシリーズです、おすすめ!
★3 - コメント(0) - 2014年3月27日

読んでると「幸せ」な気分に浸れる下ネタ全開ラブコメの最新刊。ほんと幸せ。宮原るり先生ありがとう!麻弓さんシロくん彩香ちゃんのギャグ要員が今回も安定して面白いです。声出して笑ってしまいました。律先輩かわいいのはいつものことです。5巻だと彼女の面倒くささが強調されていましたが、そこが緩急になっていて結果的にMAX可愛いです。ほんと幸せです。ほんと幸せです。
★9 - コメント(0) - 2014年3月27日

既読1巻~13巻(完結)。男子の高校バレーを題材にした古いサンデー漫画。弱小部活動の快進撃が丁寧に描かれていてすっごい面白かったんだけど最終巻だけはなぜか打ち切り風。まあ、地元のライバル校が「全国優勝連覇中、しかも歴代最強の世代」という時点で、全県優勝したらあとやることねーよという(笑)スラムダンクの海南大付属みたいに四天王的なポジションだったらまだ続けられたのかな、それとも人気がなくて打ち切られたのか。僕としては強くなる過程が堅実に描かれていてスポ魂として良作だったと思います(`・ω・´)
★1 - コメント(0) - 2014年3月9日

既読1巻~18巻(完結)近未来の地球。巨大な麻薬カルテルのボスの息子として生まれた主人公の、とてつもなく壮大な人生と世の中の不条理を描いたSFスペクタクル。連載初期は人並みの正義感を持つ平凡な少年だった主人公が、凄惨な現実を目の当たりにし、良くも悪くも「たくましくなっていく」そんな姿がリアルに描かれている。なにげに終盤あたりは僕の頭だと読むのに苦労するほど複雑。でも面白い。ロリババアなソフィアさんが素敵すぎる。その綿密な世界観だけでも一見の価値があると思う名作。僕の青春です。
- コメント(0) - 2014年3月9日

既読1巻~5巻。冬目景の中でも特に好きな作品なのだけど、この5巻を最後に以後10年間は続刊が出ていない。つまり冬目景の未完シリーズの一つ。内容は瀕死の重傷を負った剣士が全身がからくり仕掛けのサイボーグ侍になってしまうお話。ショートストーリーの連作的な作りだが、時代劇として一つ一つのエピソードがよくできてとても面白い。困った人間がいれば助ける、そんな人情溢れる勧善懲悪が嫌味なく描かれている。ヒロインの丹もかわいく、すごく面白いのだけど5巻であえなく連載凍結。冬目景に完結してほしいシリーズの一つ。
- コメント(0) - 2014年3月9日

既読1巻~12巻(完結)。10年以上前に読んだ漫画ですが今でも大好きなので、グロキモ系に耐性がある人にはぜひ読んでほしい名作。モンスターが登場するパニックモノ。なんでも食べる(人間も食べる)、そして食べた分だけ増殖するBMという連中が人間を恐怖のどん底に突き落とす話。だけど、僕個人の感想としては、主人公たちの「友情」こそがメインのテーマだったんじゃないかって思う。本当に清々しい友情物語。だから十年経っても忘れられない。未読の人にも読んで欲しいと強く願います。※ただし重度のグロ注意。
★1 - コメント(0) - 2014年3月8日

既読1巻~9巻。第一部主人公のリンカが格好良すぎて大ファンになった漫画。最新刊9巻ではついに再登場で僕は大歓喜。それにしても瀬川先生の漫画は常に緊迫感が漂っていると言うか、次に何が起こるかわからないので毎回ハラハラです。大人数の登場キャラが余すことなく活躍するスケールの大きいサイキックアクション。9巻では映画かよって、仰天の演出も使われて胸熱が止まりません。あとアニメ化おめでとう、超楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2014年3月8日

LuckyRuciさんの感想・レビュー
ログイン新規登録(無料)