ゴローさん

ゴローさんさんの1月の読書メーター
記録初日
2012年04月16日
経過日数
1780日
読んだ本
836冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
262679ページ(1日平均52ページ)
感想/レビュー
347件(投稿率41.5%)
本棚
38棚
性別
年齢
27歳
職業
専門職
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
基本的にライトノベル中心に読んでます。
昔は電撃文庫ばかりだったのですが、今は他のレーベルもちょくちょく読みます。

あまりに積みが膨大なので新刊買ってもすぐに読めないorz

ラノベ感想ブログ「寝転がってラノベ読むよ」
ではもう少し詳しく感想を書いてます。文章書くの苦手なのでグダグダですが……


ジャンルにこだわらず色々読みますが、特にホラー系が好物ですね。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(347件)

これは良いエロラノベ。妹の命を救うため、主人公が女の子の着替えを覗いたり女の子のある部分にむしゃぶりつくお話です(間違ってない筈)バトル要素もあり個性豊かな異能力ばかりでエロとバトルが両方楽しみました。Hisasiさんのイラストも素晴らしい。流石一流エロ漫画家と言った所でしょう。夢依が可愛くてしょうがない。翔を(性的に)落とそうと強引に迫ってきて自分だったら一瞬で落ちます。あいすの枕を抱えて泣き崩れてる挿絵がスゴいそそりますw
★5 - コメント(0) - 2014年7月15日

今話題の史上初、ハリウッド化されたライトノベル。今度映画観に行くので急いで読み終えましたw死のループに囚われた主人公が何度も死を繰り返しループから抜け出す為絶望的な戦いに挑む。全体的に単調な印象がありやや物足りない感はありましたが、世界観やストーリーがキチンと作りこまれていて読み応えのある作品でした。しかしキリヤの未来に希望が見出だせない…
★14 - コメント(0) - 2014年7月10日

遂に完結です。死者となり自分の在り方が大きく変わってしまったアイの元に今までの旅で出会った多くの友人が訪れる展開がこれまでの集大成となっていて非常に素晴らしかったです。今までの思い出のキャラが多く出たのもあって新しい局面を迎えた世界で今後どう変わっていくのが気になって仕方ありません。茨乃先生のあとがきにあるアイとアリスの成長した後ろ姿がとても印象的で2人の歩む未来が幸せなものであると願うばかりです。
★7 - コメント(0) - 2014年7月6日

いやぁ今回も素晴らしかった…音楽を学ぶ楽しさや厳しさを経験しながら更なる高みへと昇っていく少女達の姿に感動しました。新キャラのミシェルやリチャード、吹奏楽部のメンバーとの交流も増え1巻以上に読みごたえのある作品に仕上がってます。ラストのソロ対決には感動しました。曲は聴いた事ないのですが、音楽に込められた想いや演奏のイメージがハッキリと伝わり思わず泣いてしまいました。いやしかし由貴の告白はズルい!あんなの惚れるに決まってるでしょうが!!
★16 - コメント(0) - 2014年6月23日

百貨店を舞台にした都心楼編。放課後編や水迷宮編とは違い1巻完結です。今まで謎だった各異能の特性、化け物の階級神悠言の実態、そして「彼ら」の目的などが次々と明かされていきます。いやしかし1巻完結とあって内容が濃かった…今回は残虐性より恥辱性の方が高かった気がするので耐性の無い方は注意!(自分は大好物です)あらすじを読んだ時点で戦々恐々としていたのですが寧々音がエロかった。後半山田様の独壇場とかしてましたがこれはこれであり。謎も少しずつ解けてきてそろそろクライマックスに向かってきてる気がしますねぇ
★11 - コメント(0) - 2014年6月18日

あいも変わらずぶっ飛んだ作品ですwこの作品のせいで名古屋に対する偏見が加速してますが最近それが半分ぐらい事実だと知って驚愕してます。"竜殺し"(ドラゴンスレイヤー)の称号に初っ端からツボりました。理由もなんか地味にマニアック!しかも最後の最後までそのネタ引っ張ってましたしw外道ヶ沢がマジ外道でしたがエピローグのお母さんっぷりが意外と好きです。そして次回は遂に名古屋が舞台。しかも三河人との対決です(ババーン)今更ですがなんでもありですなこの作品
★11 - コメント(0) - 2014年6月2日

いつも通り変態ばっかりですはい。ダークブラスパーに総二の唇を奪われてから愛香の蛮行に拍車がかかり遂にエレメリアン達から恐れられる存在に…仲間としても怖い。海で慧理那が見せた舞(催眠効果あり)によって欲望が爆発し慧理那に襲い掛かるソーラですがその矛先はやはりツインテールか…本当ブレないですねこの作品。それにしてもあの挿絵がエロすぎる!今回は愛香がトゥアールに対して真面目に向き合うシーンがありいつも殺り殺られな関係ですけどお互いに信頼を持っているんだなぁと何故か思ってしまった
★14 - コメント(0) - 2014年5月20日

美九編後半。街の人々や四糸乃、八舞姉妹が美九に操られ絶体絶命のピンチに狂三が現れた所からスタートです。サブタイは美九ですが十香が深く関わる巻ですね。狂三が味方になるとあそこまで頼もしいとは!狂三の好感度が一気に上がりましたw十香奪還戦では今まで登場した全キャラ勢ぞろいの敵味方乱れ舞う乱戦が最高です。そして今回の見開き挿絵はカラーですよ!!いつも以上に気合が入ってます。「囚われの精霊」や霊結晶の反転や士道の秘密。など物語の確信に迫る事柄も多くなりこれからの展開に目が離せません。
★17 - コメント(0) - 2014年5月15日

ゴローさんさんの感想・レビュー

読みたい本(1冊)


ログイン新規登録(無料)