ミハイル暁

ミハイル暁さんの2月の読書メーター
記録初日
2012年04月15日
経過日数
1808日
読んだ本
46冊(1日平均0.02冊)
読んだページ
12738ページ(1日平均6ページ)
感想/レビュー
46件(投稿率100%)
本棚
0棚
性別
職業
IT関係
現住所
大阪府
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
とりあえずお試しで使ってみます。
ラノベ、漫画がメインになるかと。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(46件)

★★★  最近流行りの異世界召喚モノだけど、かなりの変化球。面白く読めた。  タイトル通り、異世界で居酒屋を開店して、一話に一品、料理を出すお話。おでんとか鶏唐とか、馴染みのある料理を美味そうに異世界人が食べるのを読むと、こちらも食べたくなる、という異世界版「孤独のグルメ」。  ただ「ログ・ホライズン 8巻」を読んだ後だと、若干違和感があるなぁというのが正直なところ。ネタとしては、ぶっちゃけ、この一冊だけで十分かな。
★5 - コメント(0) - 2014年11月21日

★★ これって面白い? 個人的には面白く読めたけど、それは小説としてではなく、新しいMMOに不遇なスキルで生産職を悪戦苦闘しながら育てていくプレイ日記として。MMO生産職あるあるっぽいネタが多数あるので、その点は楽しめる。 ただブログや何かの連載記事として、無料で読むならいいけど(実際、小説投稿サイトからの商業デビューだし)、小説としてお金払うには、日本語も物語も、ちょっと厳しいレベルだ。
★3 - コメント(0) - 2014年11月1日

★★★★ 名古屋戦決着! 何とも劇的な結末。 今回の見所は、何と言っても王子と椿の関係性の変化。まさかの椿の成長には嬉しくなる。それでいて名古屋の選手、特にベテラン川瀬が凄くいい。不破監督も憎たらしいだけの監督から豹変するなど、意外性の多い一戦だった。
★11 - コメント(0) - 2014年10月27日

★★★ 名古屋戦も中盤。苦境に立たされたETUがさらにピンチに。ただ名古屋の選手もいい味出してて、ETUに勝って欲しいと思いつつ、ついつい名古屋も応援してしまう。特に不破監督の想いが伝わってくる演出がいい。そして最後の唐突なゴール。燃えてきた!
★2 - コメント(0) - 2014年10月27日

★★★ 名古屋戦も中盤。苦境に立たされたETUがさらにピンチに。ただ名古屋の選手もいい味出してて、ETUに勝って欲しいと思いつつ、ついつい名古屋も応援してしまう。 特に不破監督の想いが伝わってくる演出がいい。そして最後の唐突なゴール。燃えてきた!
★3 - コメント(0) - 2014年9月29日

★★★★★ 夢の新旧10番対決! そしてその結末は、ほろ苦く、ただただ泣ける。 30巻という節目の巻で、このエピソードを持ってくるところが上手い。 でもそれ以上に、本当に立海の言葉が重い。そして泣ける。
★2 - コメント(0) - 2014年9月27日

★★★ コサックの公女を送り返す旅は、海路から陸路に代わったことで、さながらアラタの旅行記に。旅の風景や習慣などの描写は、その気にさせてくれて悪くないけど、展開としてちょっと地味。最後の方に事件は起きるけど、それはある意味、前巻で予告されてたから、やっと来たかという印象が勿体無い。 この巻は足場固めの巻として、次の巻に期待。
★3 - コメント(0) - 2014年6月14日

★★★★ 前作「マージナル・オペレーション」とは打って変わって、日露戦争後の世界を舞台に、一人目のアラタの物語。 マジオペは子供を傭兵に使うというのでどうしても陰の物語であったのを、一転コサックの公女を守るという、前向きなで、陽の物語になったのは有難い。公女も愛らしくていい感じ。先が気になる物語です。
★1 - コメント(0) - 2014年6月12日

ミハイル暁さんの感想・レビュー
ログイン新規登録(無料)