なぎ

なぎさんの2月の読書メーター
記録初日
2012年05月05日
経過日数
1786日
読んだ本
1250冊(1日平均0.7冊)
読んだページ
378014ページ(1日平均211ページ)
感想/レビュー
1226件(投稿率98.1%)
本棚
0棚
性別
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
ライトノベル中心に感想を呟きます。ミステリーが大好物ですが、恋愛やファンタジーも好きな雑食です。
現在、読メに登録してから読んだのにもかかわらず未登録の本を登録中。全てきちんと感想をかきたいのですが、時間がないので評価のみ。最近読んだのには拙い感想をかいてます。

■個人的評価
★★★★★ …最高
★★★★☆…面白い
★★★☆☆…普通
★★☆☆☆…微妙
★☆☆☆☆…無理

読書グラフ

最近の感想・レビュー(1226件)

亡き養父の跡を引き継いで店を切り盛りしようとする主人公・マージ。こういう逞しいヒロイン大好きです。軽薄そうに見えて実は一途なアレックスのキャラも素敵でした。マージの生立ちの謎は分かりやすかったです。悪ガキがデレると破壊力抜群、オリヴァー可愛すぎる。何だかんだいいつつも忠誠心の厚いクレメンスも良かった。ていうかメインキャラがどれも魅力的。最後の数ページにわたるマージとアレックスの会話がロマンチック。この二人の関係が進展したところもみてみたい。マージなら錠前師としても女侯爵としても立派にやっていけるでしょう。
★7 - コメント(0) - 3月24日

トランスジェンダーが主軸。主人公のみきを含めてガッツのある女性が多くて、こればかりは相性の問題だろうけど私にはついていけないなと思ったり。でもなりたい自分のために努力を怠らないみきの姿勢は素直にすごいと思いました。みきのことを見下しているキャラも多い中で後藤はみきのことを性別にあまりとらわれずに一人の人間として尊敬していて良い奴だなと。「みきは、どこに出しても恥ずかしくない、俺の大切な友達だ!」にはスカッとした、よく言った!個人的にはみきと後藤と二人でまったりと暮らし続けていくのもアリだと思うんですが。
★23 - コメント(0) - 3月22日

「円卓の暇人」というネーミングセンスにウケた(笑)物語はまだ序章でこれから面白くなっていきそうです。幼馴染みとの約束を守るためにゲームを制作して帰りを待っているアーサーが一途で好感が持てました、でも妹からお小遣いを貰うのはやめよう。個人的に推しヒロインはまみこ。アーサーに追いつきたい、という想いから「星」のカードを覚醒させる場面が好きです。ツンデレな妹様も良いですね、描いてる漫画の内容が倫理的にアウトだけど応援するよ!ツバサは色々と裏で暗躍していますが大丈夫なのかしら。他のヒロインたちも気になります。
★6 - コメント(0) - 3月21日

とにかく小匣先生の作るお弁当が美味しそう。食べるの大好き!オーラを振り撒いているちとせとは友達になれそう(笑)小匣先生のちょっぴりSっ気のあるキャラも好きでした。ちとせの相談にもきちんと対応しているところも好印象。第2話の茜のお弁当の謎はそのまま…?私も一瞬ちとせと一緒で茜の兄とお母さんの禁断の関係を想像してしまった(笑)一番読み応えがあったのはやはり第3話、ちとせとお母さんのほっこりとしたエピソードに落ち着いてひと安心。あれだけの材料でお母さんのお弁当を再現できるなんてさすが小匣先生。
★4 - コメント(0) - 3月20日

星が好きな蒼史に心を許していく内に自分の将来を見据えていく直哉の成長過程が丁寧に描かれていました。顔に傷があるからといって直哉の人格を勝手に否定するような言動をとる周囲の人間がクズ。だからこそただ純粋に自分が好きな星を知ってもらおうとする蒼史に直哉は惹かれていったんだろうなと。しっかり者だけどお兄ちゃん大好きな桜月が可愛かった。精神的に不安定になる蒼史をしっかりと支えている直哉は弟子として立派。コガネの正体にはなんか切なくなった、でもコガネも蒼史も二人とも幸せになってほしい。それと直哉合格おめでとう!
★5 - コメント(0) - 3月19日

ミミズクとツナの10年も続く交流は微笑ましくもり、ツナが背負っている運命を考えると不安な気持ちにもなりました。ストーリーの合間に出てくる怪談話は地味に怖いものばかりですね。ミミズクもミミズクで亡くなった両親のことで悩みを抱えていたりと辛い境遇でしたが、イリヤや春美さんなど彼の理解者が優しい人達であったことは大きな救いでしょう。読み進めていく内にバッドエンドしか想像できませんでしたが、ラストは幸せそうな二人を見れてひと安心。シズさんも良かったね…!ボーイミーツガールものとしては好みの作品でした。
★11 - コメント(0) - 3月18日

ハンスやリオンティーヌも従業員になり、ますます賑やかになっていく「のぶ」。皇女と皇帝のお見合いの場が「のぶ」ですか、国家レベルで愛されてるとか最強過ぎる。セレスティーヌの弟が幼いのに色々と考えて動いてるのがすごい。ゲーアノートが優しいお兄ちゃんで和んだ、弟夫婦に仕送りしてるとか良い奴だな。ハンスも父親と和解できてめでたしめでたし。今回一番食べたくなったのは串かつですかね。サクッとした衣を想像するだけでお腹がすきます。最後のお花見は今の季節にぴったりなネタでした、お花見に行きたくなりました。
★10 - コメント(0) - 3月16日

相変わらず鷹央にちょくちょく女性ネタで弄られる小鳥遊が哀れでした、こんなに優しい人ならモテそうな気がするが。興味深かったのは「永久に美しく」の驚異的な若返り現象。歳を重ねるからこその美しさもあると思うけどな、うまい話には代償がつきものということで。「聖者の刻印」は以前白血病で亡くなってしまった健太が出てきて、鷹央がその出来事を思い出しながら患者を救おうと奔走する姿に胸が熱くなりました。一時はどうなることかと思ったけど里奈がきちんと治療が受けられて良かった。最後にまた泌尿器科ネタを持ち出すとは(笑)
★15 - コメント(0) - 3月15日

なぎさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、事件×お仕事小説「憧れの作家は人間じゃありませんでした」の献本に応募しました!締切は3月23日!応募はこちら→ リンク
★2 - コメント(0) - 3月16日 21時56分

今年初のさくらブロッサムクリームフラペチーノ。店員さんによると3/14で終了だとか。ギリギリ間に合って良かった~。なんかこれを飲むと春がきたなんだな~と思います(*^^*)
★11 - コメント(0) - 3月11日 11時43分

なぎさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:山本瑤 坂木司 岬かつみ 田代裕彦 相川真 オキシタケヒコ 蝉川夏哉 知念実希人 合田拍子 真堂樹
なぎさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)