二分五厘

二分五厘さんの2月の読書メーター
記録初日
2007年01月01日
経過日数
3735日
読んだ本
4700冊(1日平均0.41冊)
読んだページ
1326024ページ(1日平均121ページ)
感想/レビュー
4089件(投稿率87%)
本棚
820棚
性別
血液型
B型
職業
技術系
現住所
島根県
自己紹介
基本面白ければなんでもありの雑食。中でもミステリーと歴史モノが好物。
書店とブックオフと図書館を回遊して本(獲物)をゲット。ただし手に入れたらそこで満足してしまうため、部屋に山なす積読本。それなのにまた狩りに出かける日々…もはや病気の域。
こんな本バカは周りにいないので、自分が変なんだと思い込んでいましたが、もっとひどい(笑)人がいることに感動。勇気づけられました。
お陰さまで前にも増して日頃のストレスから逃避するべく、書物の世界を旅しています。本によってはなかなかこちらの世界に帰ってこれないことも…それもまた幸せ。
そんな本に出逢いたいがため、皆さんの感想を参考にさせていただいています。
感謝(^人^)

現在過去の読書データをせっせと登録中です。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(4089件)

芥川が『今昔物語』からパクって書いた小説から、自分がパクって小説を書いたらどうだろう。「パクったのではありません。想を得たのです」そう取り澄まして。『他生門』他人の善意で心臓移植を受けることができた男。彼の人生は誰のもの。他生門の前の答えは。『クモの意図』地獄での救いのために、功徳を積む看護師。小動物を助けるために彼女が巻き起こす騒動は落語めいて。『バナナ粥』要介護の父親とその息子、ケアマネの悲喜劇。息子と同じ立場だったので身につまされる。『或利口の一生』うん、人生そんなもんだね。
★18 - コメント(0) - 3月20日

タタルと奈々のドキドキ京都一泊旅行…まぁこの二人が行動して無事に済むわけもなく。お目当ての松尾大社や月読神社、周辺摂社で巻き起こる連続殺人事件。手鞠唄の見立て殺人っていうから期待したのに…いつもの付けたし感が。今回のメインの謎は月読命。記紀にホンの少しだけ登場して闇に消えてしまうこの神の正体は。古代史最大の怨霊と化しているであろう三氏族と、最大の鬼神三柱。それがリンクした時に悲劇が。月神が男性神、そして不吉の象徴とされた理由。居着く○○の神…に納得してしまう。
★11 - コメント(0) - 3月7日

金沢伸明を殺せば王様ゲームから抜けだせる…日本中がパニックに陥る中、金沢伸明の生体組織を体に宿した智久、そして高校生達のカリスマに祭り上げられた修一は首相官邸に集結する。絶望が蔓延する日本で、高校生達は最後の王様の命令に何と答えるのか。舞台は国内全てなのに、ほとんど官邸周辺のドタバタで終わってしまった。何だろう、この不快感。みんなキャラが行き当たりばったりで中途半端。すっきり善悪、または裏切りで分けれれば読みやすかったのに。広瀬・蛍・海平は何がしたかったんだか。王様ゲームの正体が○○○○って時点でうーん。
★5 - コメント(0) - 3月5日

凜田莉子最後の事件。『万能鑑定士Q』を閉店した莉子の元に、ムンクの『叫び』を探してほしいとの依頼。展示されていた画廊の監視カメラの前で四つに裂かれて持ち出された名画に、残された修復時間は莉子が乗り出した時点であと一日。もー最初はノルウェー大使館の方達の思い込みと早合点に(笑)。犯人の繰り出すゲームに挑む莉子の前に次々現れる協力者。莉子のロジカル、絢奈のラテラル、瑞希のクリティカルシンキングが全て揃えば推理が可能になる。その推理が犯人を、そしてとうとうコピアを追い詰める。莉子の○○姿を読む日がくるとは!
★24 - コメント(0) - 2月27日

『覇舞謡』織田信長ー俺は義元という男と理解しあえるはずだ。『いのちがけ』前田利家ーもののふはいつでもいのちがけ。『首一つ』毛利新介ー俺に戦場を与えろ。『わが気をつがんや』徳川家康ー何能紹我気哉。わしが駿馬になればいいのだ。『非足の人』今川氏真ー蹴鞠は上足でも、武将としては全くの非足の人。『義元の首』岡部元信ー主の仇である今川家に尽くし、今川家の名誉のために……。『漸く、見えた』今川義元ー首の座に据えられた義元のぼやきと自嘲。生から解き放たれた彼に見えたもの。今日の直虎は桶狭間のよう。どう描かれるのか。
★12 - コメント(0) - 2月26日

獅靭会に誘拐された莉子。莉子の鑑定眼を手に入れたい獅靭会は、波照間島民を人質にとった卑劣な脅迫と暴力で莉子に服従を迫る。玲奈や須磨リサーチの面々、更に閃きの小悪魔や文科省タスクフォースの事務官までが捜索に乗り出す展開は(≧▽≦)モノ。そんな中、小笠原君だけが何やってんのかな状態でイライラする。人の死なない世界と、暴力と死が隣り合った世界。一度混じりあった世界はどちらに落ち着くのか。なんか小笠原君のやりたかったことって何なんだろう。いよいよ次は『凜田莉子最後の事件』ライへンバッハの滝壺が莉子を待ち受ける?
★21 - コメント(0) - 2月25日

ようやく献本読めた。鑑定業を隠れ蓑にして、違法な探偵業をしている凜田莉子を潰すために、対探偵課・紗崎玲奈が動き出す。すわ莉子vs玲奈勃発かと。あの玲奈を唖然とさせる莉子の天然が炸裂し、ペースを狂わされる玲奈。莉子のほんわかサイドで展開するかと思えば、高級カバンを使った詐欺事件の調査から、次第にテイストは玲奈の世界に傾いていく。人が死なない事件の世界の住人・莉子が暴力と悪意に追い詰められていく。小笠原君は探偵に憧れるあまり○○してしまうし……大丈夫か?この二人。そしてとうとう、飯田橋の事務所に血が流れる…。
★18 - コメント(0) - 2月25日

2012年オリンピックに沸くロンドン。アフガンから帰国した軍医ワトソンは、死体置場でホームズと出会う。ロンドン警察の顧問探偵ホームズと共に事件を追うワトソン。ただ、19世紀のあの方と違うのは、どちらも女性であること。どころか、登場人物がほとんど全て女性だったり。レストレードにマイクロフトにモリアーティ、被害者から犯人まで女性。更に犯行方法や動機も女性特有のもので…毒入り○○事件て…。「僕には心がない」ホームズとまだ秘密がありそうなワトソン。それを吹っ飛ばす二人の会話。そして完璧AI家政婦ハドソン夫人(笑)
★22 - コメント(0) - 2月24日

二分五厘さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、学園ファンタジー「英国幻視の少年たち ファンタズニック」の献本に応募しました!締切は3月27日!応募はこちら→ リンク
★4 - コメント(0) - 3月20日 19時31分

【献本プレゼント】読書メーターで、事件×お仕事小説「憧れの作家は人間じゃありませんでした」の献本に応募しました!締切は3月23日!応募はこちら→ リンク
★4 - コメント(0) - 3月16日 19時47分

二分五厘さんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:有栖川有栖 阿井渉介 太田忠司 二階堂黎人 吉村達也 仲路さとる 鯨統一郎 霜越かほる 倉知淳 はやみねかおる
二分五厘さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)