アンベラー

アンベラーさんの12月の読書メーター
記録初日
2012年08月07日
経過日数
1630日
読んだ本
467冊(1日平均0.28冊)
読んだページ
163806ページ(1日平均97ページ)
感想/レビュー
365件(投稿率78.2%)
本棚
84棚
性別
血液型
AB型
職業
主婦
現住所
石川県
自己紹介
本が大好き
あっちの本屋こちの本屋と回るのも楽しみ
もちろん 図書館はワクワクするし
旦那が最近追っかけて来て…といっても本を回し読みするようになり何故か同じ本を時差で読み終える始末
あ~せわしない人です
でも、本の内容や共通の言葉が増えて老後退屈しないかもと思うのです
いろんな人の感想しりたいです 感じ方受け止め方は十人十色だ!

読書グラフ

最近の感想・レビュー(365件)

フリークライミングの世界はよくわからないけど読んでいて過酷なスポーツであることが伝わった 親友の死を納得?する為自分がショックから立ち直るために ザ・ウオールに挑んだ岩本しかし、江藤の奥さんもかわいそうだけどこんな旦那だとずっと心配して過ごすの辛いわ 岩本は長岡に聞いたこと江藤の奥さんに言わないだろうな
★2 - コメント(0) - 1月19日

久しぶりに警察もので長い話でした 警察と言う縦社会の厳しい下剋上のある組織そして今も女の地位が低いと思える職場 吉村爽子はできる女だけど人とのコミニュケーションをとるのが下手なのだろう 最後の場面一人で乗り込んで勇ましかったが刑事ものお決まりの助けが来るホッとした 良かったね爽子
★2 - コメント(0) - 1月16日

神話の世界でもあり現実の世界でもあり 不思議な空気間読書好きが妄想的な世界に入り込んだ? 多くの人が読書を通して初めて自分自身を見つける愛情と同じで読書に必要なのも熱中する力だ しかしリオとエインの正体は意外
★3 - コメント(0) - 1月12日

コンビニ人間コンビニでしか生きられない恵子さん 一つの仕事を18年続けられれば誰にも文句言われる筋合いはないと思う自分が好き(と言う表現は合わないかもしれないが)でそこの空気間でいることが自然体ならいいんじゃないかな 作家さんは自分の生活体験の一部分を切り取って小説にする 普通の人? 普通って何なんでしょうかね
★45 - コメント(0) - 1月11日

罪なき者よりその女に石を投げてみよの意味を考えてみた みんな同じ間違いをするから誰も責められない?しかし時と場合による ましてひとの命とあっては 三木の元妻嘘をついてまでも復讐しその噓でいろんなところに飛び火するすとーりーはちょっと疲れた最後の謎慶はやはり何かあるとは思ったがそういう事だったか
★1 - コメント(0) - 1月9日

おいて乱れる 認知症の問題は誰もが介護する側される側になりうるし 子供や周りの人に迷惑をかけてはいけないと思っていても伝わらないこともある 相手の都合を受け入れ自分を抑えて相手の状況に従時と場合によるけど 認知症だけでなくいろんな人間関係にも言えることだと思う勉強になりました
★11 - コメント(0) - 1月6日

過去に縛られ それを清算しよう自分のやったことに決着をつける勢いで東京に戻ってきたはずが相手に振り回され 捨てた恋人にせつめいすれば分かってくれる?40年以上の歳月がたっていてもそう思うのは純真?だから? いてほしい時に逃げたはずの人とは思えないくらいだわ しかし最後の久美子が窓から見ていた細い糸のようなつながりはあるのだろうか気になる
★8 - コメント(0) - 2016年12月31日

さすが池井戸さん 読んだらすぐ陸王の世界に入ってしまった 下町ロケット同様に物作りに対する情熱は素敵です 何かを作り出すには色々な人の力が必要なのだという事諦めてはいけないし きづかないほどあたりまえのものの中に本当の大切なものがあるかもしれないし人の絆のそうなんですね
★32 - コメント(0) - 2016年12月29日

アンベラーさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:村田沙耶香 久坂部羊 堂場瞬一 池井戸潤 雫井脩介 伊坂幸太郎 香納諒一 百田尚樹 今邑彩 坂木司
アンベラーさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)