久しぶりの伊坂作品なんだけど、どうなんだろうか。全篇伊坂らしいけれども、やっぱり前期作品ほどの興奮はないし、驚きもないなあ。先日も出かけた大好きな仙台舞台なのが素敵。
★40 - コメント(0) - 2015年7月8日

面白いが、意外に想像したとおり。カメの世界が面白いなあ。それぞれの愛好家(趣味人)の気持ちは理解できる。
★16 - コメント(0) - 2015年6月7日

某行政トップが薦める本なんだが、どうかと思う。いろいろ疑問あり。
★10 - コメント(0) - 2015年4月26日

正直、絵は巧くないし魅力的だと思わないが、書かれていることはかなり深刻で、私が震災後の一年間、福島県南相馬市で暮らして見聞きしたことと概ねイメージが一致する。判りやすいがこれが全てではないと思わないと大きな勘違いになるので注意。
★10 - コメント(0) - 2015年4月26日

途中で気がつく。再読だった(笑)
★19 - コメント(0) - 2015年4月26日

みをつくし料理帖シリーズの第一作目、高田郁著『八朔の雪』は素敵な物語だ。泣ける。優しくて挫けない澪ちゃん、どんな成長をするのか次巻も楽しみ。
★57 - コメント(0) - 2015年1月24日

親戚のブックカフェが掲載されている。本に埋もれて生活できれば幸せだと思う。いつかは・・・実現しよう。
★15 - コメント(0) - 2015年1月3日

「恋愛学」とは、人間の恋愛を科学的に研究する学問です。某市事業で実施した婚活パーティーの第一部で著者の森川友義さんの講演がありました。この書籍は漫画ですが、基礎編、応用編、実践編とあり、実に判りやすい。この理論が正しいのかどうかは判りませんが、なんとなく周りを見ながらこの学問を論証していきたいと思います。 と、今日、この辺のことを軽く述べたらどん引きされたので、こっそりやることにします。
★7 - コメント(0) - 2014年12月23日

なんか最後に展開読めたような気がする。コレマでの巻もそうだが、小物語がなかなか素敵だ。全体を巧くまとめながら遅々と結末に向かっている感じ。来年夏まで待てないぞ。
★19 - コメント(0) - 2014年12月20日

なんかいろいろと心理的に旦那さんの気持ち判るなあ。この先の展開は判らないけれども、ハッピーエンドは期待できないかもしれない。
★10 - コメント(0) - 2014年12月20日

やばっ、おっさん(私)嵌まった・・・。将来の予定、ブックカフェやめて民宿経営に変更もありえる!
★9 - コメント(0) - 2014年12月20日

だいぶ食指気味ですが、それでも面白いかな。このシリーズの書店員のあと書きが好きではありません。どこかでは不幸せ、悲しいことも書かれなければと思うのですが、今後の展開ではそんなんこともあるのでしょうか。ある意味、期待です。
★25 - コメント(0) - 2014年12月14日

お袋が白内障の手術をするので再々読をした。怖い!
★9 - コメント(0) - 2014年12月12日

夕張の地域再生に取り組んだ村上医師の素直な叫び。たかり体質は、医療だけではないのは現実。恥知らずな人々は、どこにもいる。夕張だけではない。日本を地域を我が町をどうしていくかを皆が真剣に考えて自らが公となって取り組まないと、本当に日本が崩壊してしまうのではないかと危惧する。
★12 - コメント(0) - 2014年11月29日

最初は如何なものかと思いながら読み始めたが、後半は結構まじめな地方再生論でよかった。この方、独身なんでしょうか。家族を持ち、兄弟・親戚がいて地縁がある中で、このような生き方が本当に出来るのかは難しい。しかしながら、こういう生き方もあるという提案としては実に面白いし、こういう地方の在り方も肯定をしたいところ。課題多きことだが、可能ならこうありたいと思う。
★13 - コメント(0) - 2014年11月29日

ふむ、相変わらず構成が巧みね。番外編としては秀逸だと思う。内容はちょっと無茶かなと思うところ多々あるが、それにしても当初の庶民の下町の昭和の話だと思っていたが、なかなか骨太の展開。次もどんどんいってみよー。
★34 - コメント(0) - 2014年11月16日

どんどん家族が増えていく。この小説は、ドラマ化されやすいと思われるが、映像では観たくないな。そのくらい人物のイメージ付けが成功している。相変わらず、書店員の解説がダメ。
★28 - コメント(0) - 2014年11月4日

相変わらず面白いが、相変わらず書店員の解説がつまらない。これ、何とかならないのか。
★24 - コメント(0) - 2014年11月4日

思ったとおりつまらなかった。というか、元々のヲレとの能力の差というか人種が違うというか、違うところで生きている感じがありありであったということ。正直、格ゲーにそれほど情熱を注げる感覚がわからない。リアルに生活に不安を感じないのかと思う。
★12 - コメント(0) - 2014年11月4日

いいねえいいねえ、浅田次郎の時代物は素晴らしい。柘榴坂の仇討も良かったが、明治という大転換期にある武士の存在感をテーマとした全篇、すべてがいい。今の日本にも示唆すること多いのでは。浅田次郎の時代小説、『壬生義士伝』以来、安定して読める作家の一人。
★20 - コメント(0) - 2014年10月4日

昨年1年間、南相馬市に住んで生活して、現地の見て、被災者の声を聞いている。ここに書かれていることは現実であって、仮の話でも将来の話でもあい。国はしっかりと考えるべきであるし、原発を動かすのであれば、安全・安心を担保し、自治体の位置づけがしっかりと確保されるべき仕組み作りや法整備がされなければならない。それでないと、未だ避難生活を続けている被災者や自治体の方々の苦労が浮かばれないではないか。
★10 - コメント(0) - 2014年10月4日

若干、タイトルがあれですが、綿密に取材をされていて、書面や現場の確認、関係者・当事者へのインタビューなど裏付け確認をしています。全体的にリニア事業について批判的な姿勢ですが、ただ一方的な反対・批判だけではなく問題提起を交えた論法は、ジャーナリストとして信頼がおけます。全篇を通してリニア事業についての問題提起ですが、確かに多くの問題を抱えていて、まだまだ多くの議論が必要と思われます。大井川の水量減少だけではありません。全体的に情報が少なすぎます。また、マスコミも報道しません。
★12 - コメント(0) - 2014年10月4日

評判は聞いていてもなかなか手に取るまで時間が掛かった本。でもね、いいですよ、これ。古書店、カフェ、ロック、それぞれの家族が優しいしお互いを尊重している、こんな大家族ならステキだ。懐かしの昭和な感じがする。
★41 - コメント(0) - 2014年9月21日

正直、うんざりです。
★6 - コメント(0) - 2014年9月21日

城山三郎ご自身のことだと思わず読み始めたが、あれだけの名作を書いてきた作者の老いの姿が、たまらなく悲しい。まさに慟哭の手記。
★19 - コメント(0) - 2014年9月20日

おいおい、かなり期待して読み始めたが、これはないぞ。レビューはみな好評価のようだがマジか。どこに感動するのかわからん。全体的に凡庸で中途半端なまとめ。恋愛かこれ、タイトルに騙された。もう二度と読まん、三浦しをん。
★29 - コメント(0) - 2014年9月20日

上巻よりまだマシだが、萩原浩ってこんなに想像力無かったっけ?もう最後まで予測できるストーリ展開に途中飽きた。ジーン・アウルのエイラシリーズを読んでしまうと、どうしようもなくつまらない。単行本上下巻を買ってしまったことの後悔、オレとしたことが。
★16 - コメント(0) - 2014年9月20日

まったくくだらない。イーとかヌーとか普通に表現すればいい。安っぽい。この類いを読むのであれば「大地の子エイラ」シリーズを読むべきである。そうすればこの小説の陳腐さがよく判る。読みにくいので、下巻を読むのが苦痛。新刊で買ってしまったのは失敗だ。
★23 - コメント(6) - 2014年8月11日

昨年一年間、災害支援派遣職員として南相馬市で仕事をして暮らした。この本に出てくる地名や景色は実際に見たし聞いたし、リアルに感じる。ああ、あそこだよなあ、今はこんなふうになっているなあと思うと堪らない。良く出来たレポだと思う。
★18 - コメント(0) - 2014年8月2日

対談本でこれだけ面白く読めたのは久しぶり。東日本大震災前の対談。昨年度一年間、単身赴任で東北で暮らした。仙台にも随分と行ったが伊坂幸太郎には会えなかったなあ。いつかは会えるかもしれない。
★16 - コメント(0) - 2014年8月2日

そうきたか。最初からもう一度、読み直したい。
★8 - コメント(0) - 2014年7月29日

大詰めな感じ。
★4 - コメント(0) - 2014年7月29日

エヴァが活躍している。意外に期待できるかも。
★8 - コメント(0) - 2014年7月29日

怖いなあ、こんな幼少期、可哀想過ぎる。
★9 - コメント(0) - 2014年7月29日

操り人形、怖すぎ。
★6 - コメント(0) - 2014年7月29日

酷い女だ。脱獄ものは、『大脱走』以来、大好きな分野。
★5 - コメント(0) - 2014年7月29日

捕まっちゃったし。
★4 - コメント(0) - 2014年7月29日

怖い。ニナのファンだったので、安易に応援できないではないか。
★9 - コメント(0) - 2014年7月20日

グリーマーがいい動きをしている。がんばれ。
★9 - コメント(0) - 2014年7月20日

だいぶ解れてきたが、もう一度読みなさなければわからん。ニナ、かわいい。
★9 - コメント(0) - 2014年7月20日


遅筆堂さんのページに戻る
ログイン新規登録(無料)