しおしお

しおしおさんの12月の読書メーター
記録初日
2012年06月21日
経過日数
1677日
読んだ本
550冊(1日平均0.33冊)
読んだページ
186798ページ(1日平均111ページ)
感想/レビュー
406件(投稿率73.8%)
本棚
0棚
性別
年齢
26歳
血液型
A型
自己紹介
この世で一番好きな場所は本屋さん。読むのも、並べて背表紙を眺めるのも好きです。基本雑食。※備忘録を兼ねている部分があるので、感想が中身の割に長くなることがあります。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(406件)

40過ぎのアル中バーテンダーである島村は、いつものように新宿中央公園で酒を飲んでいた際に爆弾テロに遭遇する。ある理由から身分を隠し20年以上もひっそりと生きてきた島村の生活はそこから急変。様々な人物との接触を経て辿り着いた真実とはー。はじめは爆弾テロと71年の事件とヤクザとどう絡んでくるのかわからなかったれど、面白くてぐいぐい読めた。最後は怒涛。桑野と対峙して話す場面は変な話だけど涙出そうだった。大切なものを手に入れられず、友に勝てないと打ちひしがれ…したことは最低だけど胸が痛い。浅井さんかっこよかった。
★9 - コメント(0) - 1月20日

戦時中、実際にあったおそるべき米軍捕虜の、生体解剖事件をモデルに書かれた1冊。事件そのものはとてつもなくショッキングで、そんな残酷なことがあったのかという衝撃で打ちのめされた。しかし、この小説はそれだけでは終わらない。心にずしんずしんと語りかけてくる重さがあった。日本人の罪の意識、良心はどこにあるのか。自分はどうなのか。「沈黙」「海と毒薬」と読んだので「留学」も読みたい。
★10 - コメント(0) - 1月16日

継いだ呉服店を己の寄席道楽で潰すような頼りない夫に嫁いだ多加。いっそのこと道楽を商売に、と夫婦で寄席を商い始めるが、肝心の夫が妾宅で死亡してしまう。多加の、ど根性一筋、大阪女商人の人生が始まったー。船場の御寮人さんあがりの多加が、24時間寄席商売のことだけを考え続け、知恵を振り絞ってのし上がっていくその姿に惹きつけられて一気読み。再婚もせず子どもとの関わりも薄くひたすら商売に邁進し続けた人生。最期の光景も花菱亭の花のれん。フィクションだけれども、漫才などの始まりと戦前の大阪の街の様子も知れて面白かった。
★7 - コメント(0) - 1月14日

教科書の数行でしか知らなかったキリスト教迫害がこんなにも残酷で過酷なものだったのだということ。この小説のタイトルが「神の沈黙」というものへの問いかけからきていること。無知だった私には衝撃の連発だった。何より、ロドリゴ司祭が苦悶の果てに棄教し、たどり着いた信仰に胸を打たれました。
★31 - コメント(0) - 1月12日

警察だって検察だって人間だ。DNA型鑑定など捜査につかう資料の精度が今ほど高くなかった時代、もしかすると間違っているかもしれない、と意識できた関係者はどれくらいいたのだろう。明らかに改竄されたという事実を前に、当時捜査に当たっていた人々は何を思うのだろう。司法の在り方、そして報道の在り方を強く問われる一冊。科学技術がいくら進歩しても、それを正しく使いこなす人間がいなければ真実は永久に暗闇の中だ。文庫Xとして再度本書が脚光を浴びた今だからこそ、この事件を色んなメディアが取り上げてほしい。
★27 - コメント(0) - 1月9日

動物行動学という領域を開拓した、コンラート・ローレンツによる言わずと知れた名著。アルテンベルクでの、ローレンツが動物たちと過ごした日々、そしてそこでの発見がユーモアたっぷりに愛情をもって(そして動物に対する誤った見方への批判をもって)語られる。時として人は自分たちのいいように「擬人化」して語りたがるが、それは本来の動物の魅力を全く理解していないと改めて感じた。話の中で好きなのは、コクマルガラスのチョックやガンの子マルティナのエピソード。私たち「人間」も含めた動物というものについて考えたくなる1冊でした。
★8 - コメント(0) - 1月8日

読んでる間笑いっぱなしだった。お気に入りは「描くだけでスマートに見える21個の無意味な図形」。あと分数に言い換えるとかかな…。この本ビジネス書のところに置いてあったのだけれど、もし内容を知らずに買った意識高い系の人がいたら読んだ感想をぜひ聞いてみたいと思った。これを読めば会議の退屈さも怖さも乗り切れるかも…
★10 - コメント(0) - 1月1日

雄太郎と悦子の仁木兄妹シリーズ。「みどりの香炉」「黄色い花」「灰色の手袋」「赤い痕」「ただ一つの物語」の5編からなる短編集。短編なだけあってさくっと解決されるけれど読み応えはばっちりでよかった。「赤い痕」と「ただ一つの物語」が特に好きです。
★8 - コメント(0) - 2016年12月27日

しおしおさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:藤原伊織 遠藤周作 山崎豊子 清水潔 コンラートローレンツ サラクーパー,SarahCooper 仁木悦子 ロアルドダール 恩田陸 若竹七海
しおしおさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)