Jさんの1月の読書メーター
記録初日
2012年01月02日
経過日数
1876日
読んだ本
542冊(1日平均0.29冊)
読んだページ
156820ページ(1日平均83ページ)
感想/レビュー
523件(投稿率96.5%)
本棚
18棚
性別
自己紹介
2017年が始まったので今年の目標は・・・
120冊!

100冊も最近全く届いていないのに・・・
さぁ、どんどん読もう。積読本いっぱいだし。


読書グラフ

最近の感想・レビュー(523件)

今日子さんが寝るとすべて忘れてしまう設定だからいろいろとできるわけで・・・。「婚姻届」というのはこういうことでしたか。ここで身を固めるかと思った。今回は過去の体験の美化、改竄とかそんな話。このまま続けるべきかどうかを考え始めている。
★29 - コメント(0) - 2月18日

御子柴礼司シリーズ第3弾。今度は少年院時代の恩師、稲見の殺人。最近実際に韓国で起きた船の沈没事件、介護の現状とタイムリーな話題をテーマに織り込んでくる。今回は検察との闘いではなくある意味では、罪を償うことを決めた稲見との「贖罪」についての闘い。判決が決まった後の最後のシーンはグッとくる。まだ続きそうで楽しみです。
★51 - コメント(0) - 2月12日

ばけものまでもがギブアップするほどのごいんきょ様の人使いの粗さ。やっぱり落語なので最後のオチは小学生にはちと難しい。タヌキが出てきても(?)って思うかも。
★30 - コメント(0) - 2月12日

小学生低学年に最後のことわざが分かるかどうか・・・読み聞かせには難しそうだ。落語ですからね。
★28 - コメント(0) - 2月12日

下巻は一気に読了。第一次木津川合戦の一部始終。どちらかといえば確かに某少年漫画のような感じだけど、エンタテインメント性の強い戦闘シーンと戦争の悲惨さを物語る凄惨なシーンのコントラストと文献に基づく記述がそこまで軽いものにさせていない。各武将の個性が活き活きと描かれているのはいいけど、やっぱり本屋大賞になるのはこんな話なのかなぁ・・・ちょっとしっくりこない。万人受けは確かにしやすいし、自分も嫌いではない。
★48 - コメント(0) - 2月8日

木津川合戦の導入部である上巻。要所要所に文献の引用がされていて史実に則ってることは分かるし、歴史ものとしては非常に面白い。でも、ちょっと多くてスピードダウンしてしまう。まあ、本番は下巻だし、ここからということで。
★51 - コメント(0) - 2月5日

こわい小説を探して読んでみたけど、もう一息という感じでした。確かに最初の方はじわじわと怖いものがあるけど、何だろう、すこし中途半端な感じでした。どこまでも分からないほうが怖さは増幅されるのか、中途半端に事象がわかってしまうとこわさが薄れる。ミステリーとしてもちょっと中途半端。
★34 - コメント(0) - 1月30日

みんながそれぞれ同じ絵の中で書きたいものを部分的に書いていくとこうなり、ビリー哀れ。それぞれがそれぞれのキャンバスで書きたいものを書けばいい。この絵どこかで見たことがあったと思ったら、「おさるのジョージ」か。
★26 - コメント(0) - 1月28日

Jさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

2017年1月の読書メーター 読んだ本の数:6冊 読んだページ数:1235ページ ナイス数:340ナイス ★1月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★24 - コメント(0) - 2月2日 17時58分

【献本プレゼント】読書メーターで小説すばる新人賞受賞「[10代限定] プルーフ版『星に願いを、そして手を。』」の献本に応募しました!締切は2月2日!応募はこちら→ リンク
★7 - コメント(0) - 1月28日 8時34分

著者グラフ

最近読んだ著者:西尾維新,VOFAN 中山七里 川端誠 和田竜 三津田信三 マーグレット・レイ ジュディバレット トレヴァー・ノートン 星野源 柚木麻子
Jさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)