瑞垣

瑞垣さんの2月の読書メーター
記録初日
2012年07月10日
経過日数
1718日
読んだ本
779冊(1日平均0.45冊)
読んだページ
219276ページ(1日平均125ページ)
感想/レビュー
5件(投稿率0.6%)
本棚
10棚
自己紹介
関東北東部で、本を売ったり買ったり読んだり暮らしています。歴史小説とミステリーとお仕事小説が好き。最近はマンガもよく読みます。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(5件)

これはたいへん危険な書物である。氏の落ち着いた文章にはたいへん説得力があるので、万年筆やインク、紙がほしくなる。そして磨り減ったペンポイントをルーペで見てほくそ笑みたくなる。ブルーブラックのインクで思考を文字にしたくなる。
★4 - コメント(0) - 1月16日

盛岡駅の本屋さんで、「2016年のいちおし!」みたいな手描き看板が立っていたので購入してみました。この著者さんの本は3冊目くらいかも。おもしろかった!! なぜ西南戦争が起こったのか、西郷や川路が嵌められた罠のこと、薩摩藩の人材がじつに豊富だったこと、長州藩が外遊後に急に伸してきた理由など……へぇ~ボタン(古い)がたくさん押されました。
★5 - コメント(0) - 1月11日

働きすぎてやばいと思っていた時にこのタイトルが刺さりました。読むと内容もまさに自分のための本だった! 生産性を上げると仕事が増える→労働市場では有利になる という考え方をらを根付かせたい。 とにかくはやくおうちに帰るようにしよう。家でご飯食べたい。
★5 - コメント(0) - 1月10日

昨年まで感想なしでコメントだけでしたが、今年は感想をできるだけ書いていくことにしようと思います。帰省の東北新幹線で、新年初読み。大崎さんのノンフィクションは事件そのものではなく、その事柄が周囲の人や世間に及ぼした影響をていねいに、深く掘り下げて書いていて、忘れがたい。事件は悲惨ですが読後感はよいです。死ぬほどつらいことがあっても、ただそれを抱えて生きていくしかないのだ……と思わされます。
★1 - コメント(0) - 1月1日

ドラマの石原さとみが大変かわいかったので本もさっそく購入、年末忙しい時期に一気読みしました。雑誌編集部にきた悦子が自分が本当に向いている仕事、今やるべき仕事を悟っていく過程、いいな~。そういうことあるよね……。実際やってみて自分に合わないと気付くこと。
★3 - コメント(0) - 2016年12月23日

著者グラフ

最近読んだ著者:中牟田洋子 堂場瞬一 海野つなみ 飯間浩明 稲泉連 内澤旬子 中野信子 津村記久子 群ようこ マーク・クシュナー
瑞垣さんの著者グラフ

お気に入られ(2人)


ログイン新規登録(無料)