るぴん

るぴんさんの12月の読書メーター
記録初日
2012年09月27日
経過日数
1582日
読んだ本
1187冊(1日平均0.75冊)
読んだページ
272441ページ(1日平均172ページ)
感想/レビュー
1179件(投稿率99.3%)
本棚
21棚
性別
職業
主婦
現住所
北海道
自己紹介
るぴんと申します。
夫と中学生の息子、小学生の娘の4人で北海道札幌市在住です。
札幌生まれの札幌育ちですが、横浜DeNAベイスターズファン☆

子どもの頃から読書が好きで、プチ活字中毒気味…(^_^;)
乱読ですが、読んでいて辛くなるもの、残酷すぎるものはちょっと苦手。
特に好きなのはミステリー、歴史ミステリー、ファンタジー、SF、時代小説、エッセイで、読んでいてワクワクするもの、読後幸せな気分になれるものが好きです。
活字本は主に文庫と図書館のお世話になり、漫画はレンタルで大量に借りて一気に読むことも多いです。

忘れっぽいので25年前から簡単な読書記録をつけていますが、読メ登録以降に読んだものしか載せていません。
絵本、雑誌も登録していません。

面白い本を読むのも大好きですが面白そうな本を探すことも大好きで、新聞の紹介記事や過去のダ・ヴィンチを切り取って、スクラップブックを作るのも秘かな楽しみ♪(´ε` )

読メに登録して読書の幅が広がりました。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

2013.2月追記
いつも私の拙い感想やつぶやきに、ナイスやコメントをくれる皆さま、ありがとうございます(*^^*)
いつもナイスしてくれる方、共読本の多い方、感性の合いそうな方はお気に入り登録させていただきますので、よろしくお付き合い下さいませ(*・ω・)*_ _)ペコリ

読書グラフ

最近の感想・レビュー(1179件)

レンタル。千早達3年生にとって、最後の夏が終わった。肉まんくんの男気が恰好良かったな〜!桜沢先生の涙と笑顔に感動(T_T)
★30 - コメント(0) - 1月24日

レンタル。悟郎さん、グッジョブ‼︎
★12 - コメント(0) - 1月24日

図書館本。QED11弾は、前巻からの続き!一気に読めて良かった。引き続き熊野に留まることになったタタル達一行と神山禮子。三種の神器にまつわる謎を解く。複雑な名前の古代の神々がたくさん出てくるので、読むのに一苦労。でも、日本が八百万の神の国と言われるのが実感できた。毒草師・御名形史紋も初登場。ここまでタタルとキャラが丸被りとは…(笑)今後の絡みも楽しみ。三種の神器よりも、袋綴じ部分の図形に驚いた。今よりも地図や計測が正確ではなかっただろうに、どうやって…?プロデュースしたのは誰なのか?やはり歴史は面白い。
★22 - コメント(0) - 1月23日

図書館本。和歌山・熊野が舞台のQED第10弾。所々で過去の記憶が語られるが、ventusだから、直接の事件は起こらない。今回は学薬旅行で同行した神山禮子の一人称で語られるので、タタルや奈々、そして2人の関係が他人にどのように映るのかがわかって面白かった。熊野三山の祭神、参詣ルート、八咫烏の正体など、なるほどとは思うものの、今回はいまいち驚きが少なかった。あまり馴染みがないからかなぁ?最近まであったかもしれない那智の風習に絡む件は、後味が悪い。そうなる前に、家族を連れて集落を出ることはできなかったのか…。
★26 - コメント(0) - 1月19日

どんどん虎が美しく、凛々しくなっていく〜‼︎宗謙の告白も素敵だなぁ♡兄・晴景と涙を浮かべながら話すシーンには涙(T ^ T)そして露天風呂で武田晴信とのまさかの邂逅!一昔前の少女漫画みたい(笑)!面白いなぁ、この漫画♫
★26 - コメント(0) - 1月17日

図書館本。創立100周年を迎える、歴史ある京都の北乃杜高校を舞台にした、仲良し5人の謎解き短編集。う〜ん…何だか色々と消化不良な読後感。逍遥歌と修学旅行の謎解きは面白かったんだけど、修学旅行は、犯人は判明したのに動機は不明。結局嫌がらせだったの?何かしらの復讐だったの?とモヤモヤ〜(ーー;)最終話も何が言いたかったんだろう?5人が仲良くなったきっかけの事件というのも、よく出てくるのに詳細がわからず、もどかしい。乾くるみさん、『蒼林堂古書店』や『イニシエーション・ラブ』は好きなんだけどなぁ。
★30 - コメント(0) - 1月17日

砂漠を行くキャラバン、スペインの白い風車、凍れるロシアの修道院、少数民族が住むアマゾン。世界を旅する斉木が遭遇する謎。どの謎も、その土地ならではの文化と思想がなければわからないもので、それがまた独特の世界観を作っている。最初の「砂漠を走る船の道」がすごく良かった!タイトルも素敵。「凍れるルーシー」だけはオカルト?ホラー?雰囲気も好きだし、犯人の動機も理解できるのに、どうもラストに納得できない。全体的にはとても好きな作風だったので、別作品も読んでみたい。
★51 - コメント(0) - 1月13日

シャーロック・ホームズのパスティーシュ。舞台はロンドンオリンピック直後の現代。しかもホームズもワトソンもモリアーティ教授も、みんな女性!人工心臓のシャーリーに、電脳家政婦ミセス・ハドソン。近未来SFっぽくもあり。本家のホームズは映画やドラマ程度の知識しかないけれど、楽しめた。政府要人の姉・マイキーも強烈キャラだけど、ワトソンの過去が気になりすぎる!これは続編を出してもらわないと困るな〜。「緋色の憂鬱」というのも、女性特有のアレのことなので、男性は手に取りにくいかも…(^_^;)
★33 - コメント(0) - 1月11日

るぴんさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

おはようございます(*^^*)昨日は探したい本があるという夫に便乗し、ブックオフへ。夫の本は見つからなかったのに、私は5冊も買っちゃいました。オフ会で積ん読を減らす!って宣言したばかりなのに…(´Д` )しかも普段行かないTSUTAYAにも行き、つい興奮してレンタルコミックも借りちゃいました。夫婦合わせて40冊。1週間で読みきらなくちゃ!( ̄◇ ̄;) 今週もよろしくお願いします☆
★44 - コメント(0) - 1月23日 10時34分

オフ会から帰宅。自宅で夫と呑んでます。東急百貨店の地下で買った、戸隠漬けの大根と、醤油漬けのごぼうに大吟醸を。あ〜幸せ♡
★38 - コメント(7) - 1月21日 23時52分

るぴんさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:末次由紀 やまもり三香 高田崇史 東村アキコ 乾くるみ 梓崎優 高殿円 原宏一 池田香代子 さかき漣
るぴんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)