せ〜ちゃん

せ〜ちゃんさんの12月の読書メーター
記録初日
2012年01月03日
経過日数
1842日
読んだ本
9825冊(1日平均5.11冊)
読んだページ
1269490ページ(1日平均647ページ)
感想/レビュー
9825件(投稿率100%)
本棚
308棚
性別
血液型
O型
現住所
愛知県
自己紹介
基本雑食ですので、青年・少年・少女・ハーレクイン…何でも読んでいます。
一番購入の有無を忘れるのがBLですので、頭を整理するためにここではBLを中心に登録し始めました。
(BL以外に登録しているコミックは、蔵書数も多くかなり好きな作家様です!)

入手した本を読まずに置いておく事は少なく、ここでの「積読本」には「読み終わった本」も多く混ざっています。
感想投稿率100%を維持する為に、未登録と気付いた本や、再読しようと考えている本を「今読んでいる本」に登録したり、読み終わって感想投稿前の本は「積読本」に登録していますが、面倒くさくてどんどん溜まっていくこともしばしば・・・。

だから、現在読んでいる本と感想を投稿している本は違うのが常です♪

自分が後から見て分かり易くする為に★を付けていますが、
全く個人的な趣味で付けていますので、意見の合わない方はごめんなさいm(_ _)m

因みに★の意味としては・・・
★★★★★=「最高!」毎日読めそうなほどお気に入り。
★★★★=「良い!」他の人にも読んで欲しい。
★★★=「まあまあ♪」少ないように思えるかもしれませんが、★5つとの差をつける為ですので、★3つでも私の中では結構面白い部類に入ります。
★★=「いまいち!」忘れた頃に読んでもいいかも
★=「古本屋に売ろう!」

読書グラフ

最近の感想・レビュー(9825件)

★★★★★ あっはっは! すっごく楽しかった♡ 社長の日下部に憧れる瑞貴はゲイで泣き虫で童貞の26歳。 その上に相当なドジっ子属性…そんな瑞貴に癒しを求めていた社長が瑞貴を独占したくなっちゃうという展開♪ 日下部が瑞貴の所為でどんなに恥ずかしい目に会おうと、ドジを目の当たりにしようと、瑞貴に癒されてるんだから微笑ましい♡ 何か特別な事がある訳ではありませんが、とにかく瑞貴の飛んだ妄想やドジっ子ぶり…斜め上の受け答えが楽しくて仕方なかった♡ 先輩の高山も良い人でしたね♪ 秘書さんとのスピンないのかな〜?
★20 - コメント(0) - 1月17日

★★★★ 杉浦さん…コレ読み切りって言ってみえますが、読み切られてない連載だと思うんですけど( ̄◇ ̄;)・・・。一冊丸っと痛々しい若者のお話で、「ISAGI-イサギ」とは、主人公の高校生の片割れの名前であります。「潔い」の「潔」で、終盤の展開にはちょっと鳥肌立っちゃうくらい潔の行動に萌えちゃった♡ いや…BLじゃないんですけどね(//▽//)ゞ
★20 - コメント(0) - 1月17日

★★★ 杉浦志保さんのデビュー作が収録されているコミックス♪ 表題のスーパーモデルが童顔の新入社員に一目惚れして振り回すお話は、童顔君が可愛かった♡ 後半にはウリの男の子と本気で惚れちゃったリーマンのデビュー作品♪ 昔っぽいけど楽しく読了♡
★18 - コメント(0) - 1月17日

★★★ 7人の作家さんによる不思議系の短編が8編収録された、10年以上前のアンソロジーコミックス♪ 北里千寿さんの『竜の遺言』の元になったというお話が読みたくて買いました♡ 他のお話では、冬森雪湖さんの半人半魔の連作が結構面白かったです♪ もう少し読みたかったなぁ〜(´・ω・`)
★17 - コメント(0) - 1月17日

★★★★「毎日晴天シリーズ」第12弾。 この一冊には3編のお話が収録されていて、2編は『花屋の店先で』の続きだと思われます。 自分の本心すらも分からない明信と未来ある明信を縛る言葉を言えない龍が、長女の存在を思い出した事で状況が変わるんですが・・・逃げる龍には何だか期待を裏切られた気分でしたね! 結果的にはそれが良かったんですが、呆気なくてちょっと残念!もっとこの2人を読みたかった♡ 真弓の進路への悩みもまだ終わった訳ではなかった様ですが…それより秀のグルグルが面白かったです♪ 1番可哀想なのは達也かな♡
★25 - コメント(0) - 1月16日

★★★★★「毎日晴天シリーズ」第11弾も番外編になるのかな? 今まで作中には出て来たものの、特に詳しく語られてはいない秀と勇太の出逢いからの過去編です。 朧気に想像できた勇太の生きて来た道がこれまで以上に鮮明なものになり、その過酷さと秀の不安定さをあからさまに見る事で、勇太が大人びた子供である所以が理解できる。 今まで結べなかった絆を結ぶ事が出来た2人に感動です! 秀の感情が余りにも普通から逸脱したもので、その秀への勇太の決意は何とも形容し難いが…今の勇太にとっての大河の存在も理解出来た気がします♡
★25 - コメント(0) - 1月16日

★★★★「毎日晴天シリーズ」第10弾は番外編で、ウオタツこと真弓の幼馴染:達也のお話です。 達也が今回好きになる晴には昴という相手がいて、達也が2人を見守る形になる訳ですが… 達也、君は情けなくなんかないよっ!…と言ってやりたくなりましたd( ̄  ̄)♡ 達也の恋のお話であっても、考えさせられるのは「子供は親を選べない」という事に尽きます! 振り回される子供は不憫で仕方ない…。達也の両親の温かさが光ってます! 明るい未来が見える訳でもない晴と昴には、どうか幸せを掴んで欲しいと願わずにはいられない…。
★25 - コメント(0) - 1月16日

★★★★「毎日晴天シリーズ」第9弾。 SF作家である秀が作家として筆を折りたいと言い、恋人であり担当編集者でもある大河が困惑する。巻頭ではちょっと甘さを含んだノリだったのに! 一時的ではあるけれど、2人の溝は広がるばかりで何ともやるせなかった。 秀の生い立ちについて明かされた時、本当の意味で相手を理解するという事は不可能なのかも知れないと考えさせられたが、ソレは大河と秀の距離が広がるものではなくて、ちょっとラブい展開にも繋がって良かったです♡ 明信と丈の過剰なブラコンぶりには驚いたけど楽しかった♪
★25 - コメント(0) - 1月16日

せ〜ちゃんさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

せっかくおとなしく寝ていた孫べぇ達・・・旦那のオナラで目を覚ます・・・(´;ω;`)ガーン
★5 - コメント(1) - 2017年1月17日 13時19分

昨日の愛知県の交通事故数に驚きです!(◎_◎;) 本日、雪は大した事はないんですが凍結がすごいらしく、まだまだとても危険な状態です。 我が家は、それ以前に門のシャッターが開かないので、誰も車で出て行けない・・・( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )
★37 - コメント(6) - 1月15日 9時41分

せ〜ちゃんさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:高尾理一 杉浦志保 冬森雪湖,王城雅貴,PIAA,多摩川はる,紫式部麗花,なると真樹,北里千寿 菅野彰 菅野彰 ゆりの菜櫻 小林こたろ 風樹みずき 栗城偲 李丘那岐
せ〜ちゃんさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)