えも

えもさんの2月の読書メーター
記録初日
2011年07月05日
経過日数
2092日
読んだ本
1046冊(1日平均0.5冊)
読んだページ
254658ページ(1日平均121ページ)
感想/レビュー
1046件(投稿率100%)
本棚
8棚
性別
年齢
52歳
血液型
A型
現住所
岐阜県
自己紹介
酒を呑むように本を読み、本を読むように酒を呑んでます。
…って、深い意味はなく、語呂だけなんですけどね。グビグビ読んだり、ペラペラ呑んだり、とか。
4割がた日本酒と日本の小説。あとは酒も本も、割と悪食かも。

高校時代からずっと好きなのが、泉鏡花、安部公房、福永武彦。
ざっくりとなら、耽美派で幻想文学好きでミーハーSFファンで純文学好き。

一応理系なので科学の分野にも手を出します。岩波の「科学」と農文協の「のらのら」、会員専用の「畜産技術」を定期購読。

最近は…。
平成26年になってハマったのが、梨木香歩と恒川光太郎です。
27年は皆川博子をチェック。図書館にあるのは大体読んだかな? あとは岐阜県の作家に目が行ってました。
28年は、まだ模索中。新しいお気に入りが見つかるといいなあ。

雑な感想書いてますが、よろしくお願いします。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(1046件)

「こちらあみ子」とは作風が違う。とはいえ、いい話のようでいて、時折違和感が…、という気持ち悪い部分は、同じテイストかな。たとえば不思議な男の子や、暴力的な弟や、圧倒的な貧乏臭さの場面で、心がざらざらしてくる。
★8 - コメント(0) - 3月25日

エスカルゴをメインに据えた小さなレストランを始める話。讃岐うどんと伊勢うどんのライバル関係も面白く、全体にセンスがいい。さすが津原さん。
★11 - コメント(0) - 3月25日

短編集。初めて読んだけど、なかなか狂っていて良いですね。他にも読んでみたいものです。
★10 - コメント(0) - 3月25日

いやあ、感動だわ。感動青春巨編だわ。そりゃ賞取るわ。音楽の感動を言葉で表し尽くすなんて。▼恩田さんが時折見せる、あれっ!っという置いてかれ感もなく、構成がしっかりしていて、多くの主人公級を並べることで視点が重奏的になって、何より、彼女等三人の天才たちが悩み迷いながらもどんどん高みに上っていく快感は、変な例えだけど、大御所達がかつて著した質の良いSF小説を彷彿とさせました。
★62 - コメント(0) - 3月19日

障害のある子どもの言動が、周りをどんどん傷つけていく話▼「コンビニ人間」といい、この作品といい、こういうテーマは辛いな。
★23 - コメント(0) - 3月17日

表題作は昔からの彼らしい作品。あとは、ある意味で種明かしがされておりホラー的ではないが、「死神と旅する女」や「廃墟団地の風人」、「カイムルとラートリー」辺りがいい。特にカイムルは異国の情緒がどこかスタープレーヤーを感じさせる。あと単純に中島敦もね♪
★47 - コメント(0) - 3月14日

「穴」「いたちなく」「ゆきの宿」の3作。どれも、夫婦間が磐石ではなく、何か不安定に揺らいでいる。しかも現実と現実の間に裂け目ができて、ちらりと奇妙なものが見え隠れしている。そんな読後感でした。
★20 - コメント(0) - 3月11日

冴えない独身の非常勤講師「小松」と、見舞い屋という怪しい仕事に就いている美人の「みどり」は両方とも52歳。二人は偶然出逢い、やがて惹かれ合っていくが…▼あらすじはともかく、第一印象は「あらま、タメじゃん!」。もう、それで知り合いみたいに思えてきて、心のなかで二人を応援し続けてしまいましたよ☆
★22 - コメント(0) - 3月11日

えもさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターでちょっと不思議な物語「麻布ハレー」の献本に応募しました!締切は3月13日!応募はこちら→ リンク
★7 - コメント(0) - 3月6日 23時46分

積読本(2冊)

皆月 (講談社文庫)
583登録

著者グラフ

最近読んだ著者:今村夏子 津原泰水 小林泰三 恩田陸 恒川光太郎 小山田浩子 絲山秋子 おかべたかし 唐瓜直 (公社)畜産技術協会
えもさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)