ひま

ひまさんの2月の読書メーター
記録初日
2009年01月25日
経過日数
2984日
読んだ本
197冊(1日平均0.07冊)
読んだページ
49907ページ(1日平均16ページ)
感想/レビュー
183件(投稿率92.9%)
本棚
27棚
性別
年齢
29歳
職業
大学生・院生
現住所
東京都
URL / ブログ
自己紹介
↑twitterは気軽にフォローしてください(*´∀`)

2009年〜

専攻分野
社会学、メディア論、広告、デザイン等。
だけど結構幅広く手に取る気がします。

勝手にお気に入り登録とかしちゃってごめんなさい。



読みたい本ばかりが増えていく。
時間ばかりが過ぎていく。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(183件)

なんとも薄っぺらい内容で、伝えようとしてる事は分かるけど、それにしても物語の運びもちっともわくわくしなくて期待はずれでした。
★12 - コメント(0) - 2月27日

資料用として。基礎知識がなさすぎて難しい。。
★1 - コメント(0) - 2月2日

日本に対する皮肉り方が秀逸。これを読んで今、憲法改正に反対してる人たちや米軍に出て行けと曰わっているナパージュのカエルたちはどんなふうに感じるのだろうか。楽園の終末を見ても、それでもこれは寓話の世界の作り話だと言い張るのだろうか。
★21 - コメント(0) - 1月29日

すこし情報が古いと感じる部分もあるが、国や文化の違いによって空間の捉え方や感じ方が違うことを示したとても興味深い本。空間づくりから人間関係の構築まで、グローバル化した現代にとても参考になる本だと感じた。
★1 - コメント(0) - 1月23日

斜め読みというか、飛ばし読みで。何年も前に書かれてる事なのに古くならない普遍的な事が多く書かれてる。目新しい事もないけど。日本の政治家はこの考え方を真剣に学んだ方がいい。
★2 - コメント(0) - 1月3日

タイトルから内容はある程度予想はついていたが、要は目的論という考え方をいかに自分に当てはめ、習慣化できるかが鍵。これまで原因論で生きてきた自分としては、そもそも目的論的に考えると…?と当てはめるだけでも難しさを感じる。アドラー入門として良書。
★14 - コメント(0) - 2016年12月30日

この手の本の中ではこれまで読んだ中で一番ためになる。要は相手のストーリーに思いを向けることが大事だということだが、事例がわかりやすく自分にあてはめやすい。繰り返しが多いが、斜め読みするので個人的にはちょうどよい。
★2 - コメント(0) - 2016年12月29日

憲法の話がメインでほぼ知ってることばかりだったが、戦後レジームの中で日本がいかにアメリカに「作り上げられて」きたのかがよく分かる本。そろそろ日本は「独立」したほうがいい。武士道の下りなどは自分の思想と近く、もっと多くの人に読んでもらいたいと思える本。
★4 - コメント(0) - 2016年12月19日

ひまさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:夏川草介 松下幸之助 岸見一郎,古賀史健 ダグラス・ストーン,ブルース・パットン,シーラ・ヒーン 青山繁晴 松浦光修 早坂隆 山口敬之 平野秀樹 宮本雅史
ひまさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)