Porlock Gardens

Porlock Gardensさんの12月の読書メーター
記録初日
2003年02月01日
経過日数
5104日
読んだ本
638冊(1日平均0.12冊)
読んだページ
202563ページ(1日平均39ページ)
感想/レビュー
164件(投稿率25.7%)
本棚
4棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(164件)

この人の本って、眠くても、お腹すいてても、本を斜め読みさせることなく最後まで読ませる力がある気がする
★8 - コメント(0) - 1月15日

読者を絶妙にじらす、ちょっと物足りないぐらいの胸キュン具合だった。
★17 - コメント(0) - 1月9日

すばらしい構成の本だった(著者とは別の人が構成したらしい)。サイコパスが必ずしもIQが高いわけでないこと、人口の1%はいること、倫理・道徳の出現過程・理由、サイコパスの餌食が信者であり続ける理由等々、盛りだくさんで含蓄に富み有用だった。
★4 - コメント(0) - 1月7日

繊細・緻密な書きぶり。主人公と妻との関係性、言外での確執、同僚との人間関係に思わず共感を覚える。心を通わせた人との別れの書き方に、こういう愛もあるのだなと思う。
★1 - コメント(0) - 1月3日

「着物は文化。」「きものを着ると、精神状態が変わってくる。昨日までと同じ場所にいても、まったく新しい自分が発見できる。インナートリップなんだよ。」
★1 - コメント(0) - 2016年12月30日

すごい考えられた構成の本。椎名君、効いてます。
- コメント(0) - 2016年12月13日

ノモンハン事件、ちと勉強せねば。が、なぜに事変でもなく事件なのだろう。方やドイツのバロバロッサ作戦のカムフラージュのための偽情報作戦でスターリンさえ騙したのに、日本はアメリカのみならずソ連にまで暗号を解読されている始末。組織的に杉原氏の業績の改竄、貶めに加担していると思しき外務省、プライドだけは高いエリートのいやらしさが伝わってくる。でも、それを裁判に訴えて受理され、その部分についてではないけど勝訴できるって、日本もまだ健全なんだと思う。
- コメント(0) - 2016年12月12日

予想外に深かった。そして面白かった。「世の中にはにね、女同士を分断する価値観みたいなものが、あまりにも普通にまかり通ってて、しかも実は、誰よりも女の子自身が、そういう考え方に染まっちゃってるの」。貴族と地方出身の非貴族、対照的な主要キャラクターそれぞれの描写がそれぞれ共感できる仕上がりで、特に華子の、エレベーターで一緒になった素敵な人と何もなかったことに「ほとんど失恋に近いがっかりした気持ちを抱くのであった」とか、「幸せは自分からなんの行動を起こさずとももたらされる気がしてた」とかは若干身に覚えが。。
★3 - コメント(0) - 2016年12月10日

Porlock Gardensさんの感想・レビュー

読んでる本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:原田マハ 上橋菜穂子 中野信子 ジョン・ウィリアムズ 矢嶋孝敏,伊藤元重 桐野夏生 山内マリコ 渡辺勝正 トルーマンカポーティ トールマンカポーティ,トルーマン・カポーティ,山本容子
Porlock Gardensさんの著者グラフ

お気に入られ(2人)


ログイン新規登録(無料)