なおしま

なおしまさんの2月の読書メーター
記録初日
2009年07月25日
経過日数
2799日
読んだ本
799冊(1日平均0.29冊)
読んだページ
216600ページ(1日平均77ページ)
感想/レビュー
772件(投稿率96.6%)
本棚
24棚
血液型
AB型
現住所
大阪府

読書グラフ

最近の感想・レビュー(772件)

「夫婦善哉」前向きな芸者あがりの蝶子とボンボンで意気地のない柳吉。端から見れば幸せなのかと疑う二人の七転八倒の人生。物語だけならあまり好きなお話ではないけど、道頓堀に心斎橋筋、上本町に夕陽ヶ丘…時代は違えど馴染みの地名に当時の風景を想像できたので、楽しく読めました。
★4 - コメント(0) - 3月19日

ロミオとジュリエットのような悲劇で終わらない二人の幸せを願うー。永遠を生きる少年はただひとりに恋をし続ける。別れは必ず訪れるけれども一瞬一瞬を慈しみ、彼女を愛し続ける。その愛は様々な花を咲かせるだろう。彼女は彼に何を残していくのだろうか。異なる時間を生きる二人の物語の始まり始まり。
★6 - コメント(0) - 3月13日

陰神子として生きることを覚悟した薔。彼を守る常盤。今回は薔が神子なのではないかという教団本部の疑惑を晴らすため彼が痛め付けられる場面が多く、ハラハラドキドキでした。演技だと分かっていても常盤に冷たくされて落ち込む薔がいじらしく可愛らしかったです。二人の関係だけでなく周囲の動向も気になるところ。
★6 - コメント(0) - 3月8日

私が我慢すれば平穏に日々は過ぎる。争うのが煩わしい、我慢する、耐える、我慢する、耐える…なんで私ばかり言葉を飲み込んでいるのだろう。なぜ?なぜ?なぜ?…あいつなんかいなくなればいいのに。我慢は人のためならず。大切な人にほど喧嘩になっても自分の想いは伝えないといけないのだろうなぁ。だって気がつくとぼぎわんを呼んでしまっているかもしれないから。
★17 - コメント(0) - 2月26日

遙照とアイリは銀河アカデミーで出会ったのね…。アニメでは和気あいあいとしてたけど、あんな別れ方して、正式に結婚してるのかな。敵対国の娘と仲良くしちゃう瀬戸様は天地無用の裏主人公w(  ̄▽ ̄)瀬戸様しかり、GXPの舞台がちらっと垣間見えて思わずにやりとしてしまった。
★1 - コメント(0) - 2月26日

うわ、これ面白いな…。横暴な姉たちから開放されるため広島の全寮制高校に進学した四郎。が同室のイケメンは心は男、体は女という複雑な事情を抱えた人物であった。主人公の女運のなさがちょっと可哀想。同室の子、未来に恋しちゃうでしょ!しちゃうよね…やっぱり。四郎君は未来との友情を守れるのかな。それとも…どうなるの?続きも読む!
★7 - コメント(0) - 2月26日

家にも学校にも居場所のなくなった少女の怨念は人形の姿を借り、一歩一歩近づいてくる…こ、怖い(。´Д⊂)ずうのめ人形に呪われた編集者サイドと呪いを作り出した少女サイドの話が交互に語られ最後まで緊張感を持って読み進められた。最後は意味深に終わった。人が生きている限り呪いは存在し続けるんだろうな。夜道で後ろを振り向くのが恐ろしい。
★28 - コメント(0) - 2月23日

死者と繋がっている西欧、死者を切り離す東洋。ハプスブルク家はなぜ遺体から心臓を取り出して身体と別々に埋葬するのか?答えは「そうなっちゃった」から。明確な回答があるわけではなく人の心を表すものが心臓だと見なされていた名残から現在も残っている習慣なのではとは養老さんの言。回答よりもそこにたどり着くまでの寄り道話が面白い。墓巡りから虫の話までよく話が繋がっていくなぁ。適当に考察を投げる雰囲気も気楽に読めて好きです。
★6 - コメント(0) - 2月20日

なおしまさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、占い×人情ミステリ「窓がない部屋のミス・マーシュ 占いユニットで謎解きを」の献本に応募しました!締切は3月30日!応募はこちら→ リンク
★1 - コメント(0) - 2017年3月23日 13時10分

今日は家に携帯を忘れて過ごしておりました。帰って携帯確認したら誰からもLINEきておらず…携帯なくても生きていける自信がつきました。
★11 - コメント(1) - 3月22日 21時30分

なおしまさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:織田作之助 野村美月 犬飼のの 澤村伊智 黒田洋介,梶島正樹 森橋ビンゴ 養老孟司 村田沙耶香 長谷川菜穂子 ロバート・A.ハインライン
なおしまさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)