わちこ

わちこさんの2月の読書メーター
記録初日
2012年11月14日
経過日数
1594日
読んだ本
99冊(1日平均0.06冊)
読んだページ
29638ページ(1日平均18ページ)
感想/レビュー
78件(投稿率78.8%)
本棚
0棚
性別
血液型
A型
職業
事務系
自己紹介
こんにちは!
週末に社会人団体で楽器を弾いています。練習が忙しくなると読書しなくなる時期がバーっと続きます。いや、むしろ、演奏会が近くなると突然読み出すかも。現実逃避。(´-ω-`)
好きな作家は朱川湊人さん、三浦しをんさん、有川浩さん。
最近は柚木麻子さん、高野秀行さんをよく読んでいます。はまると同じ作家さんを読み続けることが多いです。
たくさんの作家さんの本を読んでみたいと思って、フラフラしてます。
ペースにムラがありますが、ボチボチ続けています。よろしくお願いします(^.^)

読書グラフ

最近の感想・レビュー(78件)

図書館本。ようやく予約の順番がまわってきました。今回は仁太叔父さんと甥っ子の望君の話。相変わらず花咲小路商店街にはすごい人ばかり住んでるなー。最後全てがパタパタパタと解決していく感じが爽快で好きです。ここのところじっくり考えながら読むものばかり読んでいたので、爽やかに軽くてリフレッシュしました。
★8 - コメント(0) - 3月24日

それぞれ思いを抱えてインドのツアー旅行に行く話。ずいぶん昔に読んでいての再読。インドの熱気あふれる空気感が伝わってきて、あー行ってみたいなーと思ったものだが、沈黙読んだ後に読むと印象ががらっと変わった。しかし、キリスト教について何もわからないが、本当に自分達と考え方の違う人は異端とされてこんな扱いをされてしまうんだろうか。私には大津の考え方の方がしっくりくるが、それは日本で育った日本人だからなのか。宗教とは何かに俄然興味が出てきた。あーでもやっぱりインドに行って現地で女神像やガンガーの流れを見てみたい。
★6 - コメント(0) - 3月24日

信仰をもたない私には、読み始めは理解不能でパードレたちの思い全てが???でなかなか読み進まなかった。ロドリゴが神はいないんじゃないかと疑問に思ってしまったあたりからは、神とは何か信じるとは何か、を考え続けるこの世界に引き込まれていったように思う。読み終わればあっと言う間でした。考えることが多すぎて、感想をまとめるのは困難…DVDになったら映画も見たい。
★29 - コメント(0) - 3月18日

おじぎや挨拶など普段なにげなくやっていることをぐっと過去に遡り、そもそもどうしてこうなった?を探っていく。 礼法の稽古に参加したり、体験の自身の感想なんかも書かれていて興味深かった。 第4章の食べ方の次第もよかった。
- コメント(0) - 2月2日

高校中退しためいちゃんが、憧れだったイトコのお花屋さんで働くことに。花乃子さんの不思議な力が出てきてますますファンタジック。丸く丸くおさまっていく優しい話。今回も面白かった。
★11 - コメント(0) - 1月15日

祖父母の営む「和食処あかさか」に帰ってきた孫・淳ちゃん刑事のお話。刑事として忙しい日々を送りながら非番の日にはおばあちゃんの頼まれごとを引き受ける。おばあちゃんの頼み方が好き。ラストの話でおばあちゃんの過去が‼︎どの話もほのぼのしていてホッとします。シリーズものなのでまだまだ楽しめそう。
★13 - コメント(0) - 1月13日

続編出てた〜♪郵便局の続編。罪を洗い流せるという都市伝説のある枯ヱ之温泉にまつわる話。やっぱり好きなシリーズです。表紙の色合いとか雰囲気も今回のが1番好きかも。
★10 - コメント(0) - 1月9日

14年も働いた職場を消耗しきって辞めた女性が出会った5つの仕事の話。みはり、バスのアナウンス、おかきの袋裏、ポスター、森の小屋の仕事。どの仕事も熱心に働いて成果も上げているように見えるが、次第に仕事とうまく向き合えなくなり、いろいろ言い訳をつけて辞めてしまう。最後まで読むとそんな彼女の行動もわかる気がした。疲れ切っていて、乗り越える体力がなかったのかと。そしてため息をつきながらも、きっと戻っていける力をとりもどしたのだと思う。何かあったら私も正門さんに紹介お願いしたい。
★12 - コメント(0) - 1月7日

わちこさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:小路幸也 遠藤周作 高橋秀実 小路幸也 堀川アサコ 津村記久子 小池龍之介 坂木司 宮部みゆき 羽田圭介
わちこさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)