巴さんの1月の読書メーター
記録初日
2012年11月08日
経過日数
1572日
読んだ本
467冊(1日平均0.3冊)
読んだページ
97126ページ(1日平均61ページ)
感想/レビュー
139件(投稿率29.8%)
本棚
9棚
性別
血液型
A型
自己紹介
読書だけは譲れない。図書館は天国、本屋は聖地。否定はしないけど「本は紙で読んでなんぼ」がモットー。……だったのだが、かさばらないというメリットに電子書籍も結構使うようになりました。紙が一番ではあるのだけどね!

読書グラフ

最近の感想・レビュー(139件)

猫好きにはたまらない。まさかの3巻目に即購入しました。愛嬌ある絵柄と味わい深い色彩にほっこりし、タマさんのかわいさとしたたかさに悶えつつ、今巻はちょっとおもむきが変わって、じわりと来るものがあった。見送り続ける、かぁ。最初はなんでそんなに猫を毛嫌いするのかと思ったけれど、そういうことか。新しい若先生も個性的で良い。ぬこさまたちの縄張り争いはなかなか熾烈なようで……完全にいじめ抜かれている(職場の)我が愛猫よ……
★1 - コメント(0) - 2月25日

まさか続編が読めるなんて……! 小学生になった双子がかわいい!ちょっとずつ大人になりながら、でも幼い頃の良いところはそのままで育っていってくれてる。個人的にはどうっっしても松永さんと詩春ちゃんのその後のほうが気になってしまって、これからもちょこちょこ恋人としての二人を垣間見れたらいいな~。結婚は!しますか!!!
- コメント(0) - 2月25日

社 長 最 高 ! 最高の社長じゃないですか。全腐女子どころか全オタクが上司にしたいNo.1に違いない。オタクじゃなくても素敵な上司。不安でたまらないときに「病院行っといで」って言ってくれるんだよ?推しアニメ制作会社の株主になったりしている辺り、ちゃんとセレブしてるのも良い。あ、広報室長も好きです。秘書の鏡~!薄い本確保とか、ホント、仕事できる……!!!スパダリあるあるがすごい……金貨を配るのかよ。ちなみに星座は「膝に矢を受けてしまってな座」でした。描き下ろしが多くて、読み応えとお得感あってよかったです。
★3 - コメント(0) - 2月25日

映画はもちろん公開初日に行ってきました!結末が映画と違うと聞いて購入。神戸くんと捜一コンビの活躍がたまらなかったですね。まず、映画と小説とではレイヴンの正体が違うんですね。山崎警視正の顛末も。ただ、映画を見たあとに読んだので思い出しながら補完できたけど、映画を見た身として思ったのは薄っぺらいノベライズだなぁってこと。レイヴンがなぜレイヴンになったとか、文字にすると簡潔もいいとこすぎて伝わらないよ……映画を見る前に読んじゃうと、映画への関心が逆に薄れてしまうと思う。ので、発売は公開後の方がよかったのでは?
★1 - コメント(0) - 2月16日

パリヤさんげきかわ……。彼女の良さがわからないなんて、これまでの男どもの見る目のないこと!パンの話が一番好き。パリヤなりの気持ちの伝え方。双子のときも思ったけど、父親ズの鬼気迫るやりとりが大変ツボです。ウマルの男らしさとか、帽子とか、将来の話とか、はぁ、ホント、パリヤさんが幸せになれそうでよかった。 アミルとカルルクの夫婦っぷりが増していてニヤニヤする。いつか成長したカルルク見れますか森先生ッ!そして次巻はアゼルだとか!アゼル兄様めっちゃ好きなのでめっちゃ楽しみです!アゼルの乙嫁出ないかなぁ(そわそわ)
★15 - コメント(0) - 1月30日

想像以上にサクッと10年前の真相と真木くんの正体が明らかになり、情報量の多さに脳が全然処理できてないんですけど。いやでも、前巻では大変クレイジーな印象を受けた真木くんのご両親が、実はちゃんとした理由のもと真木くんには何か途方もない運命が待っていると信じていたのだと発覚して、ご両親と真木くんは出会うべくして出会ったんだなぁ。結構、懐の広い人たちだよね。だって地面から赤ん坊が光って生えてるんだよ!?それを自分たちの子として、特殊だけど愛情を注いで育ててきたなんて。天賀井さんの普通さが増していく……普通すぎる!
★5 - コメント(0) - 1月28日

少年時代が終わりを告げ──ってことでどうなるかとハラハラしていたけど、御園!本当に君はイイ男だな!確かに彼の少年時代は終わりを告げ、けれど彼は帰ってきたのだ、大人になって。最後、ようやく真正面から彰子と対面した御園の表情がとてもいい。素敵だ。御園の成長が顕著だっただけに、鹿王院宮の大人げのなさが際立つ!わろた。女官長の「ご寵愛の者一人くらい、奥では守る覚悟でございました」って台詞に、もちろん一番は彰子の幸せだけど、御園も大事にされてたんだなってじんと来た。お律や黒田や、御園は多くの人に愛されているのだね。
★9 - コメント(0) - 1月28日

なんかこう、せっかくかっこいい感じに前巻が終わったのに、かっこつけさせたままではいてくれない。それが銀魂!(褒め言葉)実写化のネタもきっちりぶっこんでくるのさすがだなって思います。コミックス派ですが、本誌を読んでいる同僚がちょこちょこ情報くれてて、だけどいざ真選組が江戸に帰ってきた瞬間を目の当たりにするとものごっつテンション上がりました!それでもとことんギャグを挟んでくる、それが銀魂!(褒め言葉@2回目)そよ姫の覚悟に彼女の強さを見るし、完全に痴女枠にしか思ってなかったさっちゃんさんが素敵。
★1 - コメント(0) - 1月11日

巴さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:ねこまき(ミューズワーク) こうち楓 カエリ鯛 大石直紀,太田愛 森薫 城平京,水野英多 久世番子 空知英秋 神崎裕也 左近堂絵里
巴さんの著者グラフ

お気に入り(1人)


ログイン新規登録(無料)