Parkees

Parkeesさんの2月の読書メーター
記録初日
2012年11月15日
経過日数
1594日
読んだ本
660冊(1日平均0.41冊)
読んだページ
148630ページ(1日平均93ページ)
感想/レビュー
660件(投稿率100%)
本棚
1棚
性別
年齢
44歳
血液型
A型
職業
クリエーター系
現住所
東京都
外部サイト

読書グラフ

最近の感想・レビュー(660件)

話題になっただけあって、さすがに面白い。政敵?ともいえる石原慎太郎が一人称でつむぐ田中角栄伝。晩年しか知らない私にとって、この政治家が、いかにもダイナミックに躍動した時代を共感した感覚。悪きにせよ、良きにせよ、現代日本が欲する政治家とは、間違いなくこの人のような政治家ではなかろうかと思った。
★13 - コメント(0) - 3月21日

さしこの新書に続いて、たかみなの新書まで読んでしまった。。。40越えたオッさんが、AKBからリーダー論を学ぼうとは。。。でも、アイドル、それも数百人をまとめる総監督だから、なにがしかは学べることはある。スピーチ7ヶ条は、さすが総選挙という場を踏んでいるだけあって、なるほどと素直に感じ入った。
★6 - コメント(0) - 3月17日

今をときめく角居調教師、2008年の書。ちょうどウオッカが活躍していたころの一冊だ。サラリーマンの息子が競馬の世界へ。藤澤、森、松田国といった人たちの薫陶を受けつつ、勝つためのあくなき取り組みの数々には唸らされる。それから約10年、いまの活躍を見れば、その後も進化を続けてきたことが、有無を言わさぬ説得力となる。リーダー論の部分でも、参考になること多数。
★1 - コメント(0) - 3月16日

震災から6年が経過したこともあり、あらためて手にする。本書は震災当時の総理大臣である菅直人氏が、震災発生からの怒涛の日々を振り返り、また氏の考えを語るというものだ。ページをめくるたびに蘇る緊迫感。ドラマでもなんでもなく、自分自身もリアルタイムで経験した現実だということが、まざまざと思い返される。氏が舵を取った脱原発に、日本はその後進んでいるのか?震災から遠い場所で日々の生活を必死に過ごすだけの自分だけど、震災はまだまだ終わっていない。そのことを思わせてくれるだけでも、読んでよかった一冊だ。
★2 - コメント(0) - 3月14日

『天才は親が作る』から10年。パート2と言える本作だが、自分自身が2歳児の親になったこともあり、大変興味深く読ませてもらった。登場する、天才を育てた親たちに共通するのは、人間力の育成に重きを置き、子供に対しても一人の人間として接することにあるのではないだろうか。特別扱いすることなく、楽しみながら明るい家庭を作って行くことが、やはり基本なんだと感じた。子育て世代にはオススメの一冊だ。
★2 - コメント(0) - 3月12日

ドラマがやたら面白くて、原作本購入。1970年代に描かれた作品ながら、内容に古さを感じさせないところがすごい。読者対象は子供ではなく大人。大人向けパーマンといったところだろうが、自分自身が40過ぎのオッさんになったこともあり、中年スーパーマンの姿に自己投影してしまった。良い作品だと思う。
★8 - コメント(0) - 3月11日

沢木さんの短編エッセイ集。テーマは都会か。スポーツノンフィクションとは違い、深夜特急と変わらぬ目線ゆえ、非常に秀作揃い。ただ、深夜特急時代と比べれば、あまりに歳をとってしまった感は拭えない。しかしながら、沢木さんを継ぐような作家は皆無だけに、やはりこの人の作品を読みたいという気持ちがあふれてくる。なんだか味わい深く感じるのは、ワタシも歳をとってしまったからだろうか。。。
★2 - コメント(0) - 3月7日

ついに50歳!カズはやはりキング。一志さんによるインタビューを筆頭に、北澤、都並、前園といったメンバーによるカズ談義、因縁の岡田監督インタビュー、中田ヒデとの対談、そしてカズ年表と、非常に内容が充実しており、大満足であった!
★4 - コメント(0) - 3月5日

Parkeesさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:石原慎太郎 高橋みなみ(AKB48) 角居勝彦 菅直人 吉井妙子 藤子・F・不二雄 沢木耕太郎 戸部田誠(てれびのスキマ) 宮藤官九郎 浅生鴨
Parkeesさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)