Parkeesさんの2月の読書メーターまとめ

読んだ本
13
読んだページ
2765ページ

感想・レビュー
13
ナイス
71ナイス

読書グラフ

トップ感想・レビュー!

ひさびさに成毛氏の著作を手にした。氏の『本は10冊同時に読め』に出会って以来、まさに併読多読ライフを実践しているだけに、期待感を持って臨んだが。。。主張、思考が一貫しているだけに、過去に読んだ氏の著作にかぶる印象大。ビジネス書や啓発本は読むなと氏は言うくらいだから、この本も手にしたらいけなかったか。。。?まあ仕方ない。氏の著作を未読の方にはオススメです。
★13 - コメント(0) - 02/09

感想・レビュー 一覧(13件)

2003年の著作ながら、内容は新鮮そのもの。さすがはクドカンだ!本書はクドカンが同年代の有名人を招き、文字通り『妄想中学』の同級会達と自由気ままに語り合うというものだ。で、そのメンバーたちが従事。永作博美に阿部サダヲ、的場浩司に谷川名人、という具合に枚挙にいとまがない。内容も面白い。エンターテイメント作品として、十分に楽しませていただきました。
- コメント(0) - 02/25

破壊王は、やはり不世出のスーパースターだったことを痛感。トンパチでありながらも、誰からも愛されていたことが、それを証明していると思う。小川との一連の抗争に、熱くした思いがよみがえってきた。2005年没。あれからもうそんなに時間が流れてしまったとは。。。あまりにも早いサヨナラだった。
- コメント(0) - 02/23

NHK広報の公式ツイッターアカウント、@NHK_PRの初代担当者が綴る奮闘記。ツイッター超初心者から、超人気アカウントへ。「つなぐ」ツール、ツイッターの楽しさを思い出した。非NHK的なつぶやきは、たしかに実体験でも面白かった記憶があるが、3.11当時の裏話は、胸が熱くなった。新しい時代のコミュニケーションツールとしてのツイッターは、まだまだ利用価値が高そうだ。
★8 - コメント(0) - 02/21

先日読んだ野球あるあるが、思いの外面白く、積読本から引っ張りだした。で、ベイスターズファンじゃないけれども、内容はかなり面白い。細かいエピソードがたまらない。荒波がエラー時に、ボールではなく、飛んでしまった自分の帽子をまず拾ったくだりには大爆笑。
★2 - コメント(0) - 02/21

読み応えたっぷり。昭和平成の角界を彩ってきた名力士たち100人を、じっくり解説。3〜4人分を毎回読み進めてきたが、大変勉強になった。
- コメント(0) - 02/20

久しぶりに再読。日本とアメリカとの関係が本書のテーマだが、質の高い漫才を聴きながらも、歴史や社会の勉強ができてしまうのは、さすが日本原論シリーズといったところだろう。初期のシリーズに比べると、爆笑問題のトーク以外のボリュームが多いが、作品が世に出た時期の古さを感じないのは、太田の技量によるところだろう。
★2 - コメント(0) - 02/20

一気読み。野球ファンにはたまらない、あるあるが連発。面白エピソードもたくさんあって、笑いながらも勉強?できた。にしても、福本豊さんの記述がクオリティ高すぎる!
- コメント(0) - 02/20

スポーツノンフィクション短編集。いずれも秀逸だ。とくに大場政夫、輪島功一に関する作品は、取材時期のタイミングもさることながら、息遣いの伝わってくる素晴らしい出来栄えだと思う。
★3 - コメント(0) - 02/13

2014年の本だがつい購入。デムーロもルメールも外人扱い、キタサンブラックが出る前でブラックタイドの評価が低いといった時間的な齟齬はさておき、競馬ファンなら楽しめる内容かと。まあ、言ってることの大半は正論というかな王道なんで、馬券攻略に際する得るものは少なかった。それでも、データ、情報としては、わかりやすくまとめられている。
★1 - コメント(0) - 02/12

ひさびさに成毛氏の著作を手にした。氏の『本は10冊同時に読め』に出会って以来、まさに併読多読ライフを実践しているだけに、期待感を持って臨んだが。。。主張、思考が一貫しているだけに、過去に読んだ氏の著作にかぶる印象大。ビジネス書や啓発本は読むなと氏は言うくらいだから、この本も手にしたらいけなかったか。。。?まあ仕方ない。氏の著作を未読の方にはオススメです。
★13 - コメント(0) - 02/09

千代大海関が大関に昇進したころの著作。それにしても、角界入り前の様相たるや凄まじい。本書のタイトルでもあり、自身得意の取り口である、突っ張りそのもの。それでも両親や恩師、そして九重親方など、周囲の年長者たちの人格者ぶりときたら。。。そんな周囲の人たちの振る舞いにも感銘を受けたほうが、読後感としては大きいかもしれない。
★1 - コメント(0) - 02/08

完全な一気読み。ブックオフで見つけて即ゲットしてしまった。。。第二次UWF立ち上げ直後に書かれたであろう一冊。我らが前田さんにも勢いがある。すでに知り尽くした幼少期からの自伝だが、写真点数が多いのが素晴らしい。あとは、ベストマッチ解説どころか、必殺技解説まであるのは吃驚。あとがきは、UWF崩壊後に書かれたと思われるだけに、なんとも切ない。プロレス本としては、高いレベルにあると個人的には思う。
- コメント(0) - 02/07

伊集院さんやはり神!くだらねえ!ていうか面白すぎる!本書は2000年から2002年にファミ通に連載されていたコラムをあらためて収載し、2013年現在におけるコメントという構成だ。10年ひと昔とはいうものの、ゲームソフト、ハード、そして周囲の環境すら大昔の懐かしい話に感じられ、実に味わい深い。当時、全く売れていなかったアンタッチャブル山崎がゲーム三昧の生活を送っている様などは、現在の成功を思えば、感慨深さすら覚えてしまう。にしても、パワプロの話がとにかく多い。思わずブックオフに買いに行ってしまった。
★2 - コメント(0) - 02/06

ログイン新規登録(無料)