ゆう

ゆうさんの2月の読書メーター
記録初日
2012年11月06日
経過日数
1599日
読んだ本
124冊(1日平均0.08冊)
読んだページ
50371ページ(1日平均31ページ)
感想/レビュー
74件(投稿率59.7%)
本棚
1棚
性別
外部サイト
自己紹介
好きな作家:
逢坂剛(カディスの赤い星)、大沢在昌(新宿鮫)、トム・クランシー(ジャック・ライアン)、クライブ・カッスラー(ダーク・ピット)
フロスト警部シリーズ、亡国のイージス
最近は、堂場 瞬一、富樫 倫太郎とか多いです。

ジャンル:クライムサスペンス、スパイ系、ハードボイルドも好き。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(74件)

軍艦島の地図つけてほしかったな。閉鎖的な空間の生活の中の事件、面白い。下巻も楽しみ(^^)
★5 - コメント(0) - 2016年12月4日

お父さんとお母さんの馴れ初めや、映画に出てない部分の深いところがわかって面白かった。お母さんが亡くなった時、どうしてただの人間が亡くなった時のように悲しまないのかというお父さんの感覚は心に響きました。四葉の視点も面白かったな。
★33 - コメント(1) - 2016年11月16日

終盤、因縁の探偵との正体にびっくり。対決場面は、琴葉と玲奈の心情がもう辛くて、ハラハラして一気に読み進められず、小出しに読んでしまいました。
★16 - コメント(0) - 2016年10月26日

最後はええっと思い、ちょっともやっとした。事件の奥が深すぎる。駅に博士がいて少しだけ救われたかなと思ったけど、博士が旅館に居合わせなかったら事故死で終わってたかもと思うと複雑。
★15 - コメント(0) - 2016年10月19日

地方都市に住む人たちの5人の男女の話。彼らの不満とかほんとにリアルな感じがするから面白い。そろそろ色々繋がってきそうで下巻に続きます。
★10 - コメント(0) - 2016年7月23日

御子柴弁護士の生い立ちが凄すぎ。あと、刑事とのやりとりも面白くて、するっと読めた。次も読みます!
★21 - コメント(0) - 2016年5月31日

中年男と中国人女性の純愛に、いろいろな人物が交錯していく。グロい描写も少なく読みやすかったです。魚住さんもいい。恋愛と事件が分かれて書かれて進んでいくところも面白かった。
★16 - コメント(0) - 2016年5月28日

冬彦、面白い。冬彦に分析されまくってる周りの人たちも個性的。話も放火や迷子や賭博とかいろいろ盛り沢山で面白かった。そして、ちらちら房子が出てきてニヤッとしてしまいました。彼、SROに行ってみたらどうなるだろ。コラボしてほしいなwシリーズ化しているので楽しみ。
★18 - コメント(0) - 2016年5月13日

ゆうさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:松岡圭祐 今野敏 ジョエル・ディケール 大沢在昌 加納新太 奥田英朗 東野圭吾 東野圭吾 法月綸太郎,山口雅也,有栖川有栖,加納朋子,西澤保彦,恩田陸,倉知淳,若竹七海,近藤史恵,柴田よしき 富樫倫太郎
ゆうさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)