海さんの2月の読書メーター
記録初日
2009年08月22日
経過日数
2772日
読んだ本
765冊(1日平均0.27冊)
読んだページ
176564ページ(1日平均63ページ)
感想/レビュー
341件(投稿率44.6%)
本棚
8棚
性別
血液型
O型
URL / ブログ
自己紹介
本とか漫画とかゆるゆる読みます。
ジャンルは割と雑多かな。何でも読みたい。
本棚から本が溢れました。アチャー

コメントにnice下さった方、ありがとうございます…!!

読書グラフ

最近の感想・レビュー(341件)

虐殺器官ほどのインパクトはないものの、前作の続編というのは、読んでて途中で納得がいった。映画より原作の方がetmlタグの意味とかわかるし面白い。ブログとかHP作成とか触ったことある人はタグも多少わかって楽しいかも。映画の良さは映像として見れるからこその良さだったが。争いの無いハーモニーの世界…すごい皮肉だ。
★6 - コメント(0) - 2016年8月26日

初伊藤計劃。アニメ映画から著者を知ったクチで、著書も読んでおこうという入り方。文体や描写の仕方もとても好みだし、ゼロ年代最高のSF作品というのは本当だと納得の内容。考えさせられるところが多々あり。終わり方も予想しない形で結末したけれど、一番強烈だったのはリーランドの例のシーンですかね…!それにしても、夭折の作家伊藤計劃、この世界において惜しい人を亡くしたと言わざるを得ない。もっとこの世に作品を残して欲しかった。この人は天才だ。
★1 - コメント(0) - 2016年7月24日

借りて。初東野圭吾。とても読みやすかった。でもどうも尻すぼみ感があったような。犯人は意外でしたが、それよりおじいちゃんがとにかく正義の人でかっこよくてなー。犯人が誰なのかより、種の謎の方に重点が置かれていたような。梨乃が泳げなくなったのは結局プレッシャーによるものなのか?蒼太の家族関係は修復されたのか?もう少し知りたい部分が残されたけど、ミステリーとしてはまとまってるからこれでいいのかな。
★36 - コメント(0) - 2016年6月26日

ル・グィンのSFは初めて読んだが、やはり傑作だった…。表紙もそうだけど、氷の世界を二人きりで横断する旅路が最高潮。描写が圧倒的。両性具有の世界観(星観?)や、タイトルである「光は暗闇の左手」など、ゲド戦記などにも見られる二面性が描かれていて興味深い。
★3 - コメント(0) - 2016年6月18日

表紙可愛い!■てっしー最強なのは言うまでもないのですが、左門くんのツンっぷりとか少将の苦労性なところとかとても良いです!ヒロインがゲロを素手で受け止めると一瞬でキャラが立ち、仏っぷりの表現として最適解である。ギャグのセンスがいいのは当然として、ストーリーもストレス無く読めて良いです。■サモナーはいいぞ。
★4 - コメント(0) - 2016年2月24日

これはなかなか。かなり良かったので一気に読めました。無駄な文字が無い感じの文章で割と好感。考えさせられるところも結構あった、けど、あの結末は何なんだー!?w
★4 - コメント(0) - 2016年1月3日

ホームズ四大長編の中で一番好き。
★4 - コメント(0) - 2015年10月12日

こういうホラーとは思わなかった。大体が、怪談というものは地縛霊的なその場所や物、人に憑いて留まっているイメージがあるが、このドキュメンタリー仕立てで語られる残穢の怖いこと。嫌でも現実と照らし合わせて考えてしまうし、現在人死にの出ていない土地など存在しないだろう。どこに行ったら感染してしまうのか?連鎖、拡大してしまうのか?ただの怪談ではなく、論理的に分析していくのが新鮮だった。こういうのも怖いなぁ。
★6 - コメント(0) - 2015年9月3日

海さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:あだちとか 空知英秋 空知英秋 沼駿 古舘春一,星希代子 古舘春一 CLAMP 週刊ファミ通編集部 中村光 伊藤計劃
海さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)