るか

るかさんの1月の読書メーター
記録初日
2013年01月08日
経過日数
1513日
読んだ本
826冊(1日平均0.44冊)
読んだページ
256106ページ(1日平均137ページ)
感想/レビュー
677件(投稿率82%)
本棚
0棚
性別
現住所
千葉県
外部サイト
自己紹介
何も考えずにすらすら読めて笑えるものから重くて読みづらいものまで雑多に読みます。ラノベ中心です。

読書メーターを始める前に読んだ現在も続いている本を登録してありますが感想は書いてありません。

読書ばっかりしているときと全く読まないときの差が激しいです。

読みたい本の参考のために似たような本を読んでる方をお気に入り登録させてもらっていますのでよろしくお願いします。


好きな作家さん
サイトウケンジ
杉井 光
仲町 六絵
似鳥 鶏
野村 美月
丸戸 史明
水沢 あきと
むらさき ゆきや
米澤 穂信
(敬称略)

読書グラフ

最近の感想・レビュー(677件)

上下巻ということで感想を書けるはずもないのですが友が昔の友人を連れ戻すために斜道卿壱郎の研究所を訪れる話。ラストに一波乱ありますがそれまでは施設周りと登場人物紹介という形でしょうか。いーちゃんと友のコンビも1巻以来ですがそこに鈴無さんと珍しい3人組で西尾さんらしい言葉の言い回しは私の読書スピードを落とす。いーちゃんや友の過去やいーちゃんの知らない友など興味深いところもありましたがここからどう物語が展開していくか楽しみです。最後の惨状を見ると続きを見るのもちょっと怖いですがなるべく間を開けずに読みたい。
★7 - コメント(0) - 2月26日

結末は読んでいるうちに予想が出来てしまうくらいに伏線が丁寧でわかりやすいものでありましたがそれでも楽しめる内容でした。いじめや自殺などの描写があるにも関わらず神田や穂積を中心とした登場人物の雰囲気のせいか透明感のあるように感じられました。襟仁を思い続ける神田にも好感が持てますし他者と関わることで変わっていく様もとてもよく描けているなと感じました。襟仁のような生き方は格好良いと思いますが貫き通すことの困難さもしっかり描かれていて良かったです。イラストもこの雰囲気とマッチしていて素晴らしいと思いました。
★14 - コメント(0) - 2月9日

テラから逃げ出したコータの再起のための物語。本編はちょっとお休みという感じですがホテルラルキアの経営再建を目指しその中でクラウス,ベロアという親友が出来る。前巻今巻とテラの面々の影が薄い気がしてちょっと寂しいですがコータを思い奮闘するエミリの姿はグッときました。テラの人達の意識改革や親友が出来たことで変わったコータが今後どのようにテラを繫栄させていくのか楽しみです。また二人目の召喚者の動きも気になるところでそろそろコータとも接触しそうな感じなのでこちらも楽しみです。そろそろエリカ達の活躍が見たいです。
★6 - コメント(0) - 2月5日

天使の羽を持つ優花が転校して来ることから始まる物語。優花を天国に帰すミッションから徐々に仲良くなる話かと思いきや優花の目線になると話が全く別のものになり一気にこの話の全貌が明らかになる。これがわかるとこれまでの優花の言動にも理由があることがわかりとても面白いと思いました。しかしこの前置きの長さのためか最後が駆け足気味になってしまって結末があっさり終わってしまって余韻があまり残らなかったです。良史がこの2人に好かれるようなキャラにも思えず実感がわきませんでした。でも全体を見渡すと青春してるなと思いました。
★16 - コメント(0) - 1月29日

マヤの差し金で警視庁に出向になった代官様に降りかかる連続殺人事件。舞台が変わったことで登場したキャリア組の浜田のキャラが濃い。浜田の登場でマヤがしっかりドSキャラになってさらにパワーアップした感があります。猟奇殺人についても前回よりさらに凄まじい。サスペンス的なのは大丈夫なのですがこれはもはやホラーでギプアップしそうに。こんな中でも楽しめるマヤがちょっと怖い。朱に交われば赤くなるとは上手いタイトルだと納得してしまいましたが実際これ真っ赤ですよね…。人が一杯死ぬのに一部の生命力が凄くてギャップに笑った。
★8 - コメント(0) - 1月16日

鋼討伐軍の数の暴力に立ち向かうユウト。黒幕が清々しいまでに悪者感を醸し出しているのでスカッとする展開が見れると嬉しいなと思いました。今回はロプトが活躍しているところが良かったです。因縁がある中でもまた一緒に戦っているのは感慨深いです。そして爪の双子のやり取りは戦争続きでも和ませてくれるのが嬉しいです。最後はこのシリーズらしくチートアイテムであっさりと片が付いてしまいましたが波の乙女の面々も面白そうな面子が多そうなので鋼として戦う姿が見たいなと思いました。今回は終末的な話はなかったのが残念でした。
★6 - コメント(0) - 1月14日

本編と思って読み始めるとやたらと回想ばかりしているので何かと思ったら短編なのですね。アニメ化への作業をやっているので本編とも言えなくないのでしょうか。1章2章とあまり状況は進まない中3章で一気に話が加速した印象です。マサムネと紗霧の過去の話を知り今までの内容もまた違ったものに見えてくると思いました。始めるきっかけは全く違うものですがそこから2人で力を合わせて目標に向かっていく姿は格好いいなぁと感じました。ラストの衝撃も凄いものでどうなるのか続きが楽しみです。どちらのアニメ化も成功することを願いします。
★17 - コメント(0) - 1月11日

何の情報もなく読み始めるとSFで驚いた。一番近くにいた異性が突然いなくなってしまうということは中学生にとってどれくらいの衝撃なのだろうか。地球と宇宙という遠く離れメールですら届くまでに何年という時間が必要な中好きという感情を伝えることのないまま過ごす日々はまるで遠距離恋愛のようでそれ以上に大変なことだろう。ミカコの待って欲しいという思いをメールから削除したことがとても心に残りました。将来宇宙に行けるようになってこの小さな地球にも一人一人にとっての特別な場所があるということは素敵なことだと思いました。
★13 - コメント(0) - 1月9日

るかさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:西尾維新 三田千恵 疎陀陽 七月隆文 七尾与史 鷹山誠一 大場惑 丈月城 久遠侑 大澤めぐみ
るかさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)