ψ根無し草

ψ根無し草さんの2月の読書メーター
記録初日
2012年12月06日
経過日数
1569日
読んだ本
325冊(1日平均0.21冊)
読んだページ
102507ページ(1日平均65ページ)
感想/レビュー
325件(投稿率100%)
本棚
4棚
性別
血液型
A型
現住所
福島県
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
仕事の環境が変わった事もあって
読書量が激減Uo・ェ・oU

積ん読本は出来るだけ消化しつつも
勢いで買った本は鮮度が大事。

ジャンルや流行に関係なく、
読みたい本を読みたい時に少しだけ(´・_・`)

読書グラフ

最近の感想・レビュー(325件)

俗に言う売れる「オトナの恋愛小説」にありがちな要素は殆ど無いがその代わりに読んだ人にしか体験することが出来ない小説を読む味わいと面白さがある「大人の恋愛小説」。序盤とっつきにくさもあったが、中盤から最後までは一気に読まされた。平野さん作品は初めてだったがとにかく文章が綺麗で飽きがこない。
★22 - コメント(0) - 3月22日

4巻目。「怖い」話より「気持ち悪い」話の割合のほうが多かった、巻末の「怪を漁る日々・・・」の毒舌平山節全開のいい意味で不快なエッセイもよかった。
★3 - コメント(0) - 3月15日

ざっくり言うと、現段階で解明されている範囲での脳科学の分野に於けるサイコパスの分析結果とでも言ったところ。良くも悪くもこれを読んでサイコパスと言う存在に対する認識のハードルが低くなった、100人に1人の割合らしいが、あの有名実業家とか某タレントとか、身近にいるあの人とか疑ってしまうが逆に言えばそういった人達とも上手く距離を置いて付き合わなければならないと言う話でもあるのだろう。
★5 - コメント(0) - 3月14日

最後まで通して読んだ後で表紙を眺め、もう一度パラパラとページを拾う。面白いとか、楽しいとかではなく、ただ深読みし始めたらきりがない。これ一冊で長い時間楽しませてもらった。今更ながらじっくり読むと結構「刺激が強い表現」なんかも多い事に気付けるのも大人になって読む太宰の醍醐味なのだろう。個人的には「思い出」、「魚服記」、「地球図」、「道化の華」が好き。
★7 - コメント(0) - 3月9日

あまりにもタイトル通り直球すぎて面白かった。今の「テレビじゃ言えない」事だらけ。最近だとネットもこれに負けないくらい酷いものだ。ネット社会においての情報発信についてはある程度の教養がある事を条件にライセンス制でもいいのでは思う。
★5 - コメント(0) - 3月4日

「単行本未収録作品集」と言うよりは綾辻行人作品「スピンオフ集」と言ったほうがしっくり来る感じがする。中でも犯人当て作品の「洗礼」の難易度が「どんどん橋、落ちた」の収録作品により高いような気がしたのだがこれでも超簡単な部類なのだろうかと思ったが(ちゃんと読めば分かるだろwと怒られそうだが)読んでて楽しかった。短編「青白い女」も外出先で読んだせいか怖かった。
★10 - コメント(0) - 3月2日

マレーシアが舞台ミステリーと言うタイムリーな一冊だが、この時期に手にしたのはただの偶然。見た目かなりのボリュームだが、気付いたら読み終えてた感じ。大掛かりなメイントリックもよかったが、殺された被害者が気の毒。タイトルが鉄道ミステリーっぽいけど全然違った。
★4 - コメント(0) - 2月28日

囲碁の基礎知識があるかないかで読み手を選びそう。ミステリーとして物語を読み進める分には楽しめたが、肝心のパズルの部分が囲碁の知識が乏しい自分には無理でした。「チェス殺人事件」の方はチェスの知識がない人でもメインのゲームの方を楽しめる内容になっているのでこちらはよかった。
★4 - コメント(0) - 2月26日

ψ根無し草さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

mosで夕食。久々の「コーヒー読書」は石原莞爾『戦争史大観』。
★13 - コメント(0) - 2月15日 22時13分

著者グラフ

最近読んだ著者:平野啓一郎 平山夢明 中野信子 太宰治 ビートたけし 綾辻行人 有栖川有栖 竹本健治 夏川草介 島田裕巳
ψ根無し草さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)