まじょ。

まじょ。さんの2月の読書メーター
記録初日
2013年01月20日
経過日数
1527日
読んだ本
413冊(1日平均0.27冊)
読んだページ
138634ページ(1日平均90ページ)
感想/レビュー
390件(投稿率94.4%)
本棚
5棚
URL / ブログ
自己紹介
ミステリスキー(特に本格がお好み)

読書グラフ

最近の感想・レビュー(390件)

QEDシリーズ最新刊。手鞠唄になぞらえて起こる連続殺人事件とタタル一行がどう絡んでいくのか期待しましたがいつも通りのQEDでした。事件がタタルたちと関係ないところで勝手に終わるのもいつものQED。いいんです、最近のQEDに求めているものはそれではないので。蘊蓄は月読命について。タタルと奈々ちゃんの関係が一気に深まりそうでしたが残念ながら深まらず。それもまたQEDです
★5 - コメント(0) - 3月23日

密室殺人!?から始まるシリーズ第5弾。またもやスケールの大きな事件となり、大友が活躍したようなしていないようなモヤモヤした展開…を吹き飛ばすかのようなラスト。次回作が気になって仕方がない
★4 - コメント(0) - 3月21日

直木賞受賞作。種類は様々だが「痛い」「勘違い」をした人々が描かれた短編集。辻村作品を読むのは久しぶりで、初期(ミステリがメインだった頃)とは大きく作風も変わってしまったがとてもおもしろかった。共感する、というか「わかる」「いるいる」という感覚。個人的ベストは「君本家の誘拐」。「石蕗南地区の放火」も良かった
★8 - コメント(0) - 3月18日

アナザーフェイスシリーズ第4弾。ひったくりから殺人、そして二課の登場と物語がスケールアップしていく様が良かった。お馴染みメンバーの安心するやりとりの中で指導官変更と息子の親離れはどうシリーズに影響するのか楽しみ。個人的に後山参事官は好きになれそう
★3 - コメント(0) - 3月14日

道警シリーズ第7弾。津久井の恋愛絡みで物語が進むという珍しい展開。津久井の相棒・滝本が実に空気を読んでくれました。それも津久井を信頼していたからだと思いますが。そして、皆から信頼されると言えば佐伯。2件も確保しましたが上からは睨まれたままだし本流に戻るのはやはり難しいのでしょうか。次回作はいつも合コンに最後まで参加できない新宮の恋愛に期待()
★1 - コメント(0) - 3月9日

あらすじから女スパイが暗躍する話かと思いきや、派手なアクション連発の逃亡劇だった。守られるだけだった少年が自分で考え、強くなる様が良かった。間違いなく映像向き
★5 - コメント(0) - 3月5日

法医昆虫学シリーズ第5弾。ミイラ化した死体から聞こえない虫の声を聞くお話。マンネリな部分はあるものの安定のおもしろさ。相変わらず読んだ文章を脳で映像化してはいけない。赤掘と岩楯のコンビはもちろん、岩楯と組む若手たちの成長もいい。個人的には赤掘と沖田先生のコンビも嫌いじゃない。考えていないようで考えている人は好きだ。少し遠くから眺めていたい程度にだけれど
★11 - コメント(0) - 2月28日

原作を知らずに読んだので勝手にミステリ的な読み方をしたのだが(トーマは本当に自殺なのか、やけに幼いエーリクの出生に秘密はないのか、エーリクとトーマは本当に他人の空似なのか)素直に読むべき青春群像だった。原作から大きく外れてはいないが、やはり森ワールドになっているようなのでぜひ原作も読んでみたい
★3 - コメント(0) - 2月27日

まじょ。さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターでジュエル・ミステリー「宝石商リチャード氏の謎鑑定シリーズ 1〜3巻セット」の献本に応募しました!締切は2月20日!応募はこちら→ リンク
- コメント(0) - 2月14日 15時54分

読んでる本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:高田崇史 堂場瞬一 辻村深月 佐々木譲 長浦京 川瀬七緒 森博嗣 中山七里 近藤史恵 青崎有吾
まじょ。さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)