もぺと

もぺとさんの2月の読書メーター
記録初日
2009年09月03日
経過日数
2760日
読んだ本
1305冊(1日平均0.47冊)
読んだページ
268905ページ(1日平均97ページ)
感想/レビュー
846件(投稿率64.8%)
本棚
0棚
性別
血液型
O型
職業
専門職
現住所
北海道
外部サイト
自己紹介
子どもも小学校に入って一段落。
子どもが将棋にはまって、
将棋関連の本を読むことが増えてきました。
子どもはすでに有段者ですが、
とりあえず私は3級目指してがんばっています。

また、ご縁があって、仕事とは別に
官民で発表の機会をいただくようになりました。
たくさんの出会いがあり、学ぶ機会も増えています。
ありがたいことです。

英語の多読はまったり再開。
隙間時間に
lang8で語学学習中。

マイルール
漫画は入れない。
今年の目標は年間250冊
毎日読む。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(846件)

ハラハラドキドキ。棋士って大変そうだなあ。
★5 - コメント(0) - 3月16日

表題の通り、色々な場面において時々見かける光景。気になって読んだら、逃げるしか解決策がなさそうで驚愕。
★3 - コメント(0) - 3月16日

ニュースで報道されるあまりにも不可解な犯罪やその後の裁判の様子にふと疑問を持って読んだ。恐ろしい話が書いてあったが、その人たちの治療などはなさそうで、それが一番恐ろしかった。
★4 - コメント(0) - 3月16日

ううむ。中高時代の私がドイツの音楽(クラシック)、高大とテクノをきいていたのはバイエルのせいか…。というのは冗談としても、こんなに謎だらけとは。子どもが今初見の練習のためだけに使っているバイエルを見直してしまいました。音楽ミステリー的なハラハラ感があり、たっぷり楽しみました。
★4 - コメント(0) - 3月16日

全ては捉え方。捉え方視点をずらしてくれ、緊張やネガティヴな感情との付き合い方を教えてくれました。
★5 - コメント(0) - 3月3日

父性と平凡な幸せの獲得と掴みかけた「絵画的なにか」の喪失なのかな?まだまだ頭がぐるぐる回っている。理解がゆっくりな私は週末にもじわじわ受け止め方が変わりそうな終わり方。
★9 - コメント(0) - 3月3日

「自分とはなにか?」を大人がさぐるとこうなるのかな? 読むときは一瞬、あっという間。読み終わってからじわじわくる。
★17 - コメント(0) - 3月3日

もぺとさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:白鳥士郎 榎本博明 マーサスタウト 安田寛 笠原彰 桂聖 村上春樹 中室牧子,津川友介 堀江貴文,西村博之 鳥原隆志
もぺとさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)