にゃお

にゃおさんの2月の読書メーター
記録初日
2013年02月21日
経過日数
1493日
読んだ本
83冊(1日平均0.05冊)
読んだページ
26239ページ(1日平均15ページ)
感想/レビュー
59件(投稿率71.1%)
本棚
0棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(59件)

睡蓮と東宮様の関係は表紙が全て。一難去ってまた一難。今度は帝が沙羅の正体を疑いだした。もし尚侍が男だった場合、愛せるんだろうか?と思い悩む帝に^^;梅壺の女御様は悪役だけど、不憫だよなぁ。子が生せるかが全ての後宮で一向に子が出来ないと立場を失うからね・・・
★3 - コメント(0) - 3月13日

理美と朱西が相思相愛ですが、そこに割り込む皇帝・祥飛。 今の所、理美がころっと祥に乗り換える感じは無いけど、はてさてどうなる事やら。 個人的には初恋に破れた祥飛が、失恋をバネに心から愛せる女性と出会える事を希望。 基本的に少女小説なので、展開が割とあっさり気味ですが、気楽に読める作品として続きを楽しみにしています。
★2 - コメント(0) - 3月13日

四婦人の諍いの解決はこう来たかと驚きだったけど、その後に茶飲み友達関係になってしまったのが何とも・・・美貌の皇帝なのに、ビジネス関係なく寵愛を得たいとは思わないのかなあ。物語の主軸がソコじゃないから仕方ないんだけど・・・
★2 - コメント(0) - 3月13日

少女小説には珍しく新聞の広告欄に大きく載っていて、気になったので購入。読んだ印象としては「みをつくし料理帖」に近い。医食同源。和国の味を崑国の人間が一方的に絶賛するのでは無く、和国の味が否定され、なぜ伝わらないのかをヒロインが考えて、崑国の味を組み合わせて新しい料理を考案していく展開だったのが良かった。少女小説の対象年齢をだいぶ過ぎているので甘々シーンが少々恥ずかしい^^;
★1 - コメント(0) - 3月9日

女王に即位したスウェンの物語。前巻も思ったけど、キャラクターの感情が薄いのが残念。
★1 - コメント(0) - 2月24日

邪馬台国をモチーフにしたと思われる架空歴史小説。設定やキャラクターは好みなのだが、淡々と物語が進む上に、キャラクターにアクが足りないので、歴史資料を読んでいる感じがした。もっと人間ドラマが欲しかった。
- コメント(0) - 2月24日

絵本を読んでいるような、丁寧に描かれた作品です。1巻の時点では世界観の説明に徹しているので、大きな動きはありません。ラストに闇の魔法使い的なキャラクターが登場するので盛り上がりは2巻以降ですかね。ゆっくりお茶でも飲みながら読みたい作品です。
★12 - コメント(0) - 2月17日

書店POPの『アラサーホイホイ』に見事に引っかかって購入。大人になってから読むと面白く感じない作品が多かったけど、グルグルは違った!久しぶりに漫画を読んで声を出して笑ってしまいました。
- コメント(0) - 2月15日

にゃおさんの感想・レビュー

読んでる本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:さいとうちほ 三川みり 喜咲冬子 白浜鴎 衛藤ヒロユキ 九井諒子 戌井猫太郎 篠原悠希 友麻碧 日向夏
にゃおさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)