なふー

なふーさんの2月の読書メーター
記録初日
2013年02月28日
経過日数
1487日
読んだ本
173冊(1日平均0.12冊)
読んだページ
64648ページ(1日平均43ページ)
感想/レビュー
142件(投稿率82.1%)
本棚
2棚
性別
年齢
16歳
血液型
O型
職業
小/中/高校生
現住所
兵庫県
自己紹介
高校生です。
伊坂幸太郎さん、森見登美彦さん、米澤穂信さんの小説が好き。
レビューは気が向いたら書いているので読み終わった日とかはかなり適当です。

漫画とかも結構好きですが、記録はしていません。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(142件)

今回はハルタくんとチカちゃん以外の吹奏楽の面々に焦点を当てられています。どのキャラも魅力的で、ギャグも満載でほんと楽しかった!あと、芹澤片桐と成島マレンがもどかしくて、微笑ましかった(笑)フラグ、立ってますね。前の短編が最後に繋がってきて「おぉっ!」となりました。次作も楽しみです。
★13 - コメント(0) - 3月20日

「きつねのはなし」と「宵山万華鏡」を思い出した。なんともいえぬ読後感。淡々としたホラーのような、不気味で不思議なお話たち。森見節が効いてないぶん、読みやすかったが、個人的には阿呆な感じの方が好き。表の世界と裏の世界、『曙光』と『夜行』。「世界はつねに夜なのよ」
★24 - コメント(0) - 3月18日

続編が出ていたのを見て速攻で買いました。 相変わらず素敵な表紙絵です。 内容も前作と同様、ほっこりと心温まるものですごく読みやすかったです。
★6 - コメント(0) - 2月22日

すごくいい本に出会えました。初めは少し入りにくかったけれど、中盤からは一気読み。心温まる友情に涙。ホスピスの4人が幸せに最後を迎えられて何より。この表紙は最後のシーンを描いているのかもしれませんね。
★8 - コメント(0) - 2月22日

薄くて読みやすいのですぐ読み終わりました。でも、「?」となったところも多かったため、やはり映像で見るべきだという結論に至りました。
★4 - コメント(0) - 2月22日

途中で止まりかけたりもしましたが...笑とにかく面白い。ほんと、愉快で阿呆なお方ばかりです。そして大団円へと向かうラスト。大満足でした。
★13 - コメント(0) - 2月22日

この人の作品に出てくる少年少女は、危なっかしさや現状への焦燥感、すべてが良くも悪くも等身大である。ストーリーは生活に自分の力ではどうしようもない闇を持っている二人の高校生が「逃飛行」と称して家出をする、というもので、どう足掻こうと、行先は暗い。叙述トリックが用いられていた部分があったが、その意図が不明だった点が少し残念。高く飛ぶために必要なのは、覚悟だけでは足りない。そして、子供の力の限界、それを決めているのは自分ではなく周りの「大人」だ。
★2 - コメント(0) - 2月20日

読み進めていくうちに「あれ?こんな設定あったっけ?」とか「この人こんな性格だった?」と小さな違和感を感じ、でも気にせずにさらに読み進めていくと...。 最後で納得。ゾッとしました。
★17 - コメント(0) - 2月14日

なふーさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

高校生になってからかなり忙しく、あまり本を読めない日々が何ヶ月と続いていたが、インフルになったおかげで現在、久しく読めていなかった積読本たちを読むことができている。 楽しいが、やはり読書スピードや集中力は随分と落ちてしまっていて、以前ほどたくさん読めないのが残念。 あと1日ほど現実逃避に打ち込むこととしよう。
★9 - コメント(0) - 2月22日 21時27分

著者グラフ

最近読んだ著者:初野晴 森見登美彦 鈴森丹子 知念実希人 櫻いいよ 天沢夏月 天沢夏月 新海誠 大場惑 木下半太
なふーさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)