南正太郎

南正太郎さんの1月の読書メーター
記録初日
2013年03月31日
経過日数
1426日
読んだ本
1120冊(1日平均0.79冊)
読んだページ
242050ページ(1日平均169ページ)
感想/レビュー
80件(投稿率7.1%)
本棚
11棚
性別
現住所
大阪府
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
よろぴこ

読書グラフ

最近の感想・レビュー(80件)

自分がDTPを担当した本です。それと解説なんかも書かせてもらったので、よろしくお願いします。
★2 - コメント(0) - 2016年10月30日

さらっとまとまっていて読みやすかった一方で物足りなさも残った。これより深い話題は専門書を紐解けということでしょうな……
★1 - コメント(0) - 2016年7月12日

表面だけさらっとなぞっていたので分かりやすかったが、さらっとしすぎてて「何でそうなるの?」「論理展開ガバガバでしょ」となるシーンが多かった
★1 - コメント(0) - 2016年5月9日

これまた成長成長とうるさい本だった。この成長せよと脅迫してくる社会どうにかならんかね? 成長のための仕事、仕事のための成長……。で、何のための人生なの?
★3 - コメント(0) - 2016年3月28日

「萌え」という言葉の語義の部分で思い出したのだが、かつてオタクだった自分がこの言葉に出会って抱いた感情は背徳性や閉鎖されたコミュニティでの連帯感みたいなものであった。ひょっとして萌えという言葉の語義は単に「好き」くらいのものでしかなくて、大切なのはそれが閉鎖されたコミュニティでのみ使われた暗号だったという側面なのではないだろうか。昨今萌えという言葉が下火になって久しいが、これはオタク文化が一般化し閉鎖性が失われたことと関係があったりして……?
★1 - コメント(0) - 2016年3月24日

仕事で読まされた本。現状の自衛隊でも有事に対応できるのにここまでして必死に9条を目の敵にするのは一体なぜなのか? ネトウヨだった自分の経験からすると、軍隊にロマンや憧れのようなものを抱いていて、それが一番の動機になっているのではないか。
★22 - コメント(3) - 2016年3月18日

ここに書かれている「ポジティブ心理学」がどれくらいの学術的妥当性を有しているのかは疑問だったが、恋愛は今の自分にも大変関心のあるトピックスだったので楽しく読めた。
- コメント(0) - 2016年3月15日

この本に出てくる言葉は半分くらいは知っていたものの、いざ自分が使うとなるとどうしても出てこない。今後は能動語彙を増やしてくことが自分の課題だと思った。
- コメント(0) - 2016年3月15日

南正太郎さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:ノザキハコネ 小山慶太 小川仁志 高橋俊介 常見陽平 永山薫 百田尚樹 匠英一 菅原圭 神樹兵輔・21世紀ビジョンの会
南正太郎さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)