かるあみるく

かるあみるくさんの2月の読書メーター
記録初日
2012年05月11日
経過日数
1781日
読んだ本
178冊(1日平均0.09冊)
読んだページ
53494ページ(1日平均27ページ)
感想/レビュー
120件(投稿率67.4%)
本棚
5棚
性別
血液型
A型
職業
主婦
自己紹介
本とJリーグが好き

読書グラフ

最近の感想・レビュー(120件)

最初は、少年犯罪の家族の話か、と思ったら、話はどんどん思わぬ世界へ。まるで何かのアニメで見た世界観を思い出した。しかし最後はきちんと現実の問題にも向き直っている。 お兄ちゃんに何があったのかは少しずつわかってきたが、さて、無事に会えるのか、みんなもとに戻れるのか。 途中の説明は哲学的で難しいが、全部読んだら解ってくるだろうか。謎に満ちた世界は丸くおさまるのか。下巻に期待!
★1 - コメント(0) - 3月24日

読みはじめから登場する「ぽんぽこ仮面」というおかしな名前。 もうそれだけで、先が楽しみでワクワクした。京都のお祭りの夜を舞台にした長いお芝居を見ているようだった。言葉の端々にクスッと笑ってしまう表現がちりばめられ、どたばたで、かつゆるやかで、何とも言えない面白さがある。筆者も語り手として「登場」する上、登場人物みんなが個性的で魅力がある。 うっかりすると読んでいるほうも一緒にあの酒に酔ってしまうかも。
★12 - コメント(0) - 3月3日

読んでいて胸が痛む本だった。短編のそれぞれで、酷い親だなあと思いつつも、少しわかる気がしたり、あるいは自分もこうだったのではと思ったり。寄せ集めの街だけれど、意外とつながってる、解りあってる部分もあるように思えた。
★14 - コメント(0) - 2月16日

ごめん途中でやめた。何だか疲れるしよくわからないわ。
- コメント(0) - 2月13日

表紙の可愛らしい絵とは裏腹の、ぬいぐるみホラーというお話、結構怖かった。そして成美ちゃんの身の上が哀しかった。お母さんも、真面目に一生懸命生きてきた人なのに、子育ては思い通りにいかないし、成美ちゃんは落ち着きがないと言われて苦しむ思いも少しわかる。苦しむあまり子供を憎く思うところもまた哀しい。 しかし、家のぬいぐるみたちが、こんな風に会議をしてたらどうしよう。簡単には捨てられなくなる。
- コメント(0) - 2月10日

タイトルにある雪も珊瑚も人の名前とは想像もつかなかった。料理を作ることや食べること、人と関わること、そして生きることが、無関係なようで全部つながっていると感じた。登場する料理がとても美味しそうで、私もちょっと丁寧に料理を作ろうという気持ちになる。
★15 - コメント(0) - 2月6日

事故現場に落ちているフロントガラスのかけらが「星のかけら」と、最初はちょっと怖い印象だった。お守りになるという話だったけど、フミちゃんが言っていた通り、自分から大切なことに気づいて動き出せば誉めてくれる、背中を押してくれるものかなと感じた。
★7 - コメント(0) - 1月26日

ここ数年、ふくろうがブームで、ふくろうカフェがあったり、飼っている人がいるのも知っていた。この本は実際に飼っている人のお話。飼うにはまずどうするのか、から始まり、とても興味深かった。著者の仕事で一番大事であり、魂である「ことば」を名前につけて、ともに生きる日々。事件が解決すると一緒にほっとした。
★2 - コメント(0) - 1月22日

かるあみるくさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

2017年2月の読書メーター 読んだ本の数:4冊 読んだページ数:1110ページ ナイス数:43ナイス ★2月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
- コメント(0) - 3月1日 10時55分

近頃スマホ依存だなあと思ってる自分。ほんと、文字通り暇さえあればツイッターなど見てるのだよ。そりゃー気がつけば「時間ない」ってなりますわ。なので、タイマーを使って、スマホを見ない時間を作る努力を始めました。有意義な時間を創り出せるよう頑張ります。
★3 - コメント(0) - 2月24日 12時32分

かるあみるくさんのつぶやき

読んでる本(1冊)


積読本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:宮部みゆき 森見登美彦 中脇初枝 絲山秋子 新井素子 梨木香歩 重松清 高木尋士 雪舟えま 角田光代
かるあみるくさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)