まりも

まりもさんの12月の読書メーター
記録初日
2013年04月28日
経過日数
1366日
読んだ本
3005冊(1日平均2.2冊)
読んだページ
934510ページ(1日平均684ページ)
感想/レビュー
2995件(投稿率99.7%)
本棚
8棚
性別
職業
営業・企画系
自己紹介
どうも、ライトノベル中心に色々読んでる者です。
ほのぼのした作品から心を抉るエッジの効いた作品まで守備範囲は広めです。
感想の書き直しが多いのでご迷惑をおかけするかもしれません。
一応ネタバレはしないように心がけているのでよろしくお願いします。

特に好きな作家さんとその作品一覧
あざの耕平 Dクラッカーズ、東京レイブンズ
うえお久光 紫色のクオリア
朝井リョウ 少女は卒業しない
青崎有吾  体育館の殺人
石川博品  耳刈ネルリ、明日の狩の詞の
犬村小六  とある飛空士シリーズ
遠藤浅蜊  魔法少女育成計画
宇野朴人  天鏡のアルデラミン
岡本タクヤ 僕の学園生活はまだ始まったばかりだ
小野不由美 残穢
賀東招二  フルメタルパニック
小木君人  森の魔獣に花束を
榎宮祐   ノーゲームノーライフ、クロックワークプラネット
九岡望   エスケヱプスピヰド
三枝零一  ウィザーズ・ブレイン
三田誠   レンタルマギカ
時雨沢恵一 キノの旅、アリソンシリーズ
十文字青  薔薇のマリア、 灰と幻想のグリムガル
長谷敏司  円環少女
滝川廉治  テルミー、MONUMENT
野崎まど  2
野村美月  文学少女、ヒカルが地球にいたころ
支倉凍砂  狼と香辛料
初野晴   ハルチカシリーズ
林トモアキ 戦闘城塞マスラオ、レイセン、ミスマルカ興国物語
秀章    脱兎リベンジ
藤まる   明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る
丸戸史郎  冴えない彼女の育て方
丸山くがね オーバーロード 
水野良   グランクレスト戦記、ロードス島戦記
横山秀夫  64
米澤穂信  氷菓、小市民シリーズ
etc

読書グラフ

最近の感想・レビュー(2995件)

お母さんと一緒にゲーム世界に転送され、冒険をすることになった勇者・真人と母の真々子、そして愉快な仲間たちとのドタバタファンタジー物語。作者さんの発想ぶっ飛び過ぎじゃないですかねぇ。おかんがメインヒロインとかどういう気持ちでこの作品を読めば良いのか全く分からんかったわ(笑)面白いことは面白いんやけど、ヒロインが主人公のかーちゃんってだけで何かモヤモヤした気持ちになるから不思議。ギャグコメだけでなく母と子のいいお話も取り入れ、上手くまとめた意外と良い作品でした。おふざけだけじゃないとか意外とやるね。
★2 - コメント(0) - 1月21日

北関東連続バラバラ殺人事件から半年経った街を舞台にした第二弾。生粋のオカルトマニアで、偏屈者として有名な絶世の美貌の持ち主・勾子が異世界へ向かうと言い残し失踪する所から始まる話。前作からどういう風に続けるのかと思ったらこう来ましたか。もうハナシマさん関係ないけど、これはこれでアリですね。異世界へ行けるという都市伝説、その裏に隠された陰謀と謎の組織の存在、様々な思惑が絡まり合う展開は中々読み応えがあって良かったです。道隆も動き出したし、今後も期待できそうなのもポイント。事件の結末もまだ救いがあって良かった。
★1 - コメント(0) - 1月21日

姉弟同然のように育った少年達がある事件に巻き込まれたことをきっかけに日常が一変してしまうところから始まる青春異能物語。うーん、微妙かな。全体的に中途半端というか、色々と物足りないところが多過ぎて、世界観であったり登場人物の魅力を上手く伝えれていなかったのが残念。気弱で軟弱な少年の成長を描いた物語としては良かったけど、イマイチ乗り切れんのよね。ヒロイン2人の描写も薄かったし、敵が微妙なせいで盛り上がりに欠けるのも痛いかな。ダブルヒロインやのに2人ともヒロイン感せんのよね。次巻買うかはちょっと微妙かも。
★22 - コメント(0) - 1月20日

アステルと共に放浪の旅に出たルカが旧友ジェミニと再会する第二弾。うぉおおお、こいつはすごいすごすぎる。「いつかこの国で革命を起こす。きみにもう一度、会うために。」このたった一言が、物語を爆発的に加速するきっかけになるとかもう最高すぎて震えが止まりませんでした。物語の指針をこんなに素晴らしい見せ方で魅せてくれるとか本当たまらんわ。ファニアとの恋も気になるし、アステルとの旅の行方も気になるし、ジェミニとルカの革命が何を起こすのかも気になる。要するに全てが気になって仕方がないので、今後も超楽しみです。
★31 - コメント(0) - 1月19日

夏休みな最新刊。BBQや男女お泊まりの合宿、菊池さんとデート等々てんこ盛りな話。3冊目で一気にアクセル全開で来るとは思いもしなんだ。これまでの友崎は日南の指示通りに動いてレベルを上げる作業状態だったけど、初めて指示通りに動くだけでなく、友崎自身が悩み葛藤しながら自分なりに答えを出そうとする彼の姿は1巻の時と比べものにならないくらいの成長を見せていて、何だかとても嬉しかったです。菊池さんもめちゃくちゃ可愛くていい娘やったし、是非ともこの2人にくっついてほしい。本当ここからの展開が楽しみで仕方がありません。
★37 - コメント(0) - 1月18日

黒竜島を舞台にした第四弾。「ゼロの書の写本」を回収するために、ゼロと傭兵がゼロの故郷へ向かう船に乗るところから始まる話。ファンタジーの大定番ドラゴンを魔法を駆使してぶっ倒す。ファンタジーの王道を行く展開なだけあって、今回は中々面白かったです。やっぱりバトルが無いと物足りませんよね。〈不完全なる数字〉も物語に絡んでいるので、今後の展開も期待できそう。ただ神父がレギュラーキャラ化したのはちょっと意外でした。ここでお前が出るんかい!みたいな。これはリアもいずれ再登場するのかな?次巻も楽しみです。
★46 - コメント(0) - 1月18日

アクディオスの聖女編の後半戦。聖女の真実を知ってしまったせいで、無実の罪を着せられたゼロと傭兵の逃走劇から始まる話。うーん、正直期待してたよりかは微妙だったかなぁ。知らないとはいえ犯してしまった罪に対する罰。魔術を創った責任と使った責任。そしてそれぞれの思惑が交錯していく展開は面白かったし、色々と考えさせられたが全体的に盛り上がりに欠けたところは残念ですね。ラストは泣けたけど、物語的にもあんまり進展してないんだよなぁ。黒幕の存在が明らかになった事が一番の収穫ですかね。今後に期待かな。
★43 - コメント(0) - 1月17日

獣人の傭兵と世間知らずな魔女の冒険譚第二弾。"神の奇跡"で人々を病から救う美しい聖女の噂を聞いた2人が、真相を確かめるべく聖都アクディオスへ向かう話。アニメ化記念に読むのを再開したけど、1巻の時と比べて伏線の張り方や物語の展開が上手くなってる気がる。聖女に隠された秘密に徐々に迫っていく過程は中々に面白く、特に終盤に入ってからは夢中になって読み進めました。色々と引っかかるところはあるし、モヤモヤ感もあったけどそこら辺は下巻で一気に解決してくれると良いな。ゼロも少しずつ可愛くなってるし、次巻も楽しみです。
★44 - コメント(0) - 1月16日

まりもさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

おはようございます。
★6 - コメント(0) - 2017年1月22日 8時13分

おはようございます。
★19 - コメント(0) - 1月21日 9時25分

まりもさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:井中だちま 天宮伊佐 神野オキナ 犬村小六 屋久ユウキ 虎走かける 虎走かける 伏見つかさ 伏見つかさ 蝸牛くも
まりもさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)