おろち

おろちさんの1月の読書メーター
記録初日
2009年11月26日
経過日数
2645日
読んだ本
180冊(1日平均0.05冊)
読んだページ
52246ページ(1日平均16ページ)
感想/レビュー
38件(投稿率21.1%)
本棚
4棚
性別
血液型
B型
現住所
北海道

読書グラフ

最近の感想・レビュー(38件)

読みながら「舟を編む」を思い出しました。 よかったですね。
★27 - コメント(0) - 1月12日

憲法の成立過程や憲法9条、集団自衛権、安保法制等々に対する作者の思想、そして彼の国家観を著した本。内容の重さの割に軽く読めるので3時間で一気。人間に置き換えて映画化すれば30分でできてしまうのでは。賛否はともかく百田尚樹の作品です。今年の読み初めとしては失敗。
★9 - コメント(0) - 1月2日

戦の場面にスピード感がなく、読んでいて疲れました。上下巻合わせてこの半分の文量で書き上げて欲しかった。
★16 - コメント(0) - 2015年8月12日

少年の殺され方にあそこまでされる必要があったのだろうか。彼の家族のことを考えるとやりきれなくなった。そこまで感情移入して読んでしまった。大泉洋はケンカが強すぎる。一気に最後まで読みました。
★2 - コメント(0) - 2015年1月29日

面白かった。普通は映画化されると原作とのギャップがあるが、本作は主人公と大泉洋が重なってきました。映画は観てないけど。展開も早く、読みやすかった。読んでいて頭の中で映像化できました。でもこんな都合のいい生活は現実にはできないよね。
★2 - コメント(0) - 2014年1月30日

上下巻で長編かなと思ったけど、小さなエピソードを集めた短編集のようでとても読みやすかった。子どもの視点からの戦争が描かれていて、戦争物の中では新鮮に感じた。多くの点で現在の日本と重なっているのが怖い。
★6 - コメント(0) - 2014年1月26日

前2作に比べて筋の通った小説になっていた。それがちょっと物足りなく感じた。
★6 - コメント(0) - 2014年1月23日

前2作に続き、アメリカがどれだけひどい国か、そして日本が同じ道を歩んでいるのがよくわかりました。
★6 - コメント(0) - 2014年1月18日

おろちさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:堤未果 ヨシタケシンスケ 宮下奈都 中村宏之 石原結實 自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合 柚木麻子 鳥居 いしわたり淳治 川村元気
おろちさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)