miccie

miccieさんの2月の読書メーター
記録初日
2015年08月30日
経過日数
575日
読んだ本
46冊(1日平均0.08冊)
読んだページ
11301ページ(1日平均19ページ)
感想/レビュー
8件(投稿率17.4%)
本棚
1棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(8件)

一見当たり前のことばかり書いてあるのだけど、読みながら仕事を思い出しては整理して、ついでに自宅も整理して、いろいろな気づきを与えてくれる。整理、整頓、無駄の排除って、ここまで大切なんだなぁ。 さらにリーダー論も非常に参考になった。
★1 - コメント(0) - 2016年10月9日

みじかっ!
- コメント(0) - 2016年10月8日

日本社会の底辺で生きている人間の生々しさと汗臭さと泥臭さが、尋常じゃないくらい漏れ出てくる感じで初めての体験だった。最後の石原慎太郎の後書を読んで、さらに深く考えるものがあった。 別の小説家の私小説を読んでみたくなった。
★3 - コメント(0) - 2016年10月4日

ある哲学者のおじいさんと絶望を感じている青年が対話をし、青年の世界が少しずつ変化していくファンタジーテイスト。その世界観にも引き込まれた。 だんだん自分が青年になった気持ちになってきて、アドラーを理解しながら青年と一緒に凝り固まった物の見方が変わっていく感じがした。面白い! 劣等感や虚勢や猜疑心に苛まれて悩んでいる人は特に、世界観を根本から変えてくれる、そんな本。 明日からのコミュニケーションが変わるかも。
★11 - コメント(0) - 2015年11月19日

大前研一に初めて触れましたが、この人の凄さが恐ろしいほど分かりました。2004年に出版された本を2015年に読んでみると、大前さんの未来予測はもうほとんど預言書に近いほど当たっていて、洞察力と先読み能力がずば抜けています。その背景にある人生のスタンスをみると、一秒一秒がプロフェッショナルです。
★2 - コメント(0) - 2015年11月16日

冒頭6ページの漫画でわかるコンセプトどおり、入社3年目の人に向いてます。
★3 - コメント(0) - 2015年11月3日

ローソンの2015年に提供しているサービスの現状が分かる本。よく言えばローソンの思想が分かる本。悪くいえばただ現状を知れる本。良い点が多数記載されているが、今のコンビニ事情との比較がないので、そのまま受け取るしかない。この本の知識を生かすにはコンビニ事情全体を把握する必要があり、そこで初めてローソンをプロットできるようになり、思想の良し悪しが分かるのかと思う。取り組みは素晴らしく、特にローソンファームと健康のアプローチは社会基盤リーディングとして脱帽でした。
★4 - コメント(0) - 2015年10月24日

単発小規模案件でWebマーケッターが行う作業を通じて一通りの工程が網羅されている。Webマーケティングの専門知識は少ない。KPIに対するアプローチはためになった。
★2 - コメント(0) - 2015年8月30日

著者グラフ

最近読んだ著者:岩崎裕美子 安藤一郎 七田眞 中野ジェームズ修一 久賀谷亮 小室淑恵 伊賀泰代 西村克己 三浦将 (株)OJTソリューションズ
miccieさんの著者グラフ

お気に入り(3人)


お気に入られ(3人)


ログイン新規登録(無料)