HITOMI

HITOMIさんの2月の読書メーター
記録初日
2009年12月11日
経過日数
2662日
読んだ本
1602冊(1日平均0.23冊)
読んだページ
545223ページ(1日平均76ページ)
感想/レビュー
484件(投稿率30.2%)
本棚
0棚
性別
自己紹介
本が好きです。
読み漁る本の記録に感想を加えて管理。
ただそれだけが目的なので、
面白半分にコメントとかはご容赦願います。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(484件)

戦争を体験した全ての人の心に残る、怒りと悲しみと悔恨の念の重さに胸が締め付けられました。天を指差した正光の声なき声に応えた喜重達。自分の目で真実を見極める朝子や真穂。峰不二子ッポい三井加弥子。カッコ良い人がたくさん登場する中、公安の前島、半田の下衆っぷりが際立ち、畳み掛けるラストの展開にドキドキ感が半端なかった。新たな仲間も増え、なんだか因縁のあの人と心が近づいたの?いやいや騙されては駄目だよ!と、もう次回作が楽しみで仕方ない。この作品は文庫ではなく単行本で読むべきだと思います。
★9 - コメント(0) - 3月24日

スクランブル交差点の真ん中で、天を指差し死亡した老人。その老人が指差したモノの正体を調査依頼される鑓水と修司。わかるのぉ〜?そんなこと?しかも依頼主は因縁浅からぬ磯辺。一方相馬は警察署内で冷遇の最中、公安部課長代理から隠密裏に特命を受ける。初っ端から心を鷲掴みにされ、彼らの生死をかけた活躍に目が離せない上巻です。
★15 - コメント(0) - 3月22日

謂れもなく子供の命を奪われた親の心の傷の深さ。夫を他の女に奪われた妻の心の傷の深さ。耐えるために誰かを憎悪し、その憎悪が鬼女伝説と相まって人の心を狂わせ伝染する恐怖にゾクリとさせられますが、登場人物が少ないためストーリーが予想できてしまい、予想以上でも予想以下でもなかったのが残念でした。千鶴はなぜ加賀との思い出を忘れていたのか?そこがよくわからなかった。
★10 - コメント(0) - 3月18日

4人の語る不思議な体験談に、共通する岸田道生の銅版画『夜行』シリーズと謎の少女。それは不思議を通り過ぎてもはや不気味。話の着地点も曖昧なため心のモヤモヤ感が膨れていき、大橋の戸惑いに脳内はパニック状態。「世界は常に夜なのよ」と繰り返し囁く声。宇宙の果てしない暗さ。ジワジワと暗闇に閉じ込められていきそうな感覚に襲われ怖かった。
★33 - コメント(0) - 3月16日

モデルかと見間違えるほどのスタイルと美貌をもった涼子と、I.Q140を超える天才でオールマイティな貴山のスーパーコンビが、晴らせぬ恨みを晴らします。血も汗も涙も流さない余裕の頭脳戦。胸にビシバシ突き刺さってくる熱い想いは一切なく、どこまでもお洒落でサクサク読める作品でした。たまにはありかな?
★35 - コメント(2) - 3月11日

あまり馴染みのない代書屋という職種のポッポちゃん。そのストイック過ぎる仕事ぶりに驚きとともに、生計は大丈夫?と要らぬ心配をしましたが、個性豊かな登場人物達と心温まる話の数々と、先代との確執のゆくえにホロリでした。私のおくる日常とはかけ離れていて、時間の流れ方も違っているように思える鎌倉、良いなぁ、行ってみたいなぁ。
★46 - コメント(0) - 3月9日

大学生の連携の取れた厚い友情、キップの良い女将さん、五分の魂を持つ小杉刑事、上質で広大なスキー場、お馴染み根津と千晶、そこに大和田、南原、中条の下衆っぷりが良い味をだし、テンションをグングン上げてくれます。警察は正義の味方ではないの?「自分の身は自分で守れ!」の小杉発言、本来ならゾッとするはずが、清々しく響くから不思議。スキー場の一大イベントの結末にはニヤリと、最初から最後まで大満足の1冊です。
★55 - コメント(0) - 3月7日

花沢組のゴタゴタに腑に落ちないモヤモヤ感が残りましたが、たくさんの有名な小説が登場し、斬新な切り口の解説に目から鱗的な感動に浸れました。物事は側面から捉えるとまるで違うものが見えてくるものなんですね。それにしても表紙です!手を抜きすぎでは?もう少しなんとかならないの?
★22 - コメント(0) - 3月3日

HITOMIさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、占い×人情ミステリ「窓がない部屋のミス・マーシュ 占いユニットで謎解きを」の献本に応募しました!締切は3月30日!応募はこちら→ リンク
★5 - コメント(0) - 3月23日 13時48分

【献本プレゼント】読書メーターで、学園ファンタジー「英国幻視の少年たち ファンタズニック」の献本に応募しました!締切は3月27日!応募はこちら→ リンク
★5 - コメント(0) - 3月20日 15時44分

HITOMIさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:太田愛 今邑彩 森見登美彦 柚月裕子 小川糸 東野圭吾 大山淳子 J.K.ローリング,ジョン・ティファニー,ジャック・ソーン 東野圭吾 秋吉理香子
HITOMIさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)