みかこ

みかこさんの12月の読書メーター
記録初日
2013年07月16日
経過日数
1285日
読んだ本
2003冊(1日平均1.56冊)
読んだページ
602566ページ(1日平均468ページ)
感想/レビュー
1975件(投稿率98.6%)
本棚
5棚
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
みかこです。
少女小説含むラノベ全般を愛読。ファンタジー小説が大好きです。

好きな作家
→谷瑞恵さん、糸森環さん、十文字青さん、あざの耕平さん、犬村小六さん。

好きな作品
→伯爵と妖精、東京レイヴンズ、薔薇のマリア、恋と悪魔と黙示録、飛空士シリーズ、エスケヱプ・スピヰド、天鏡のアルデラミン、ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか、etc.

ブログ「晴れたら読書を」で長めの感想もつけています。読書メーターではあまりつぶやきませんが、Twitterにはよく出没します。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(1975件)

タイトルに始まりタイトルで終わってしまった。恩人の魔法少女に若干いきすぎた憧憬をもつ女子高生が彼女の弟子となる魔法少女のオーディションを受ける話。そこでタイトルに戻るわけだけど、魔法少女ものというよりは魔法少女オタクものって感じだった。オタク師弟。そしてヤマはなくひたすらオチ続ける。個人的には、せっかく敵がいるのにバトルがないのが微妙に消化不良だった。ラブよりコメな作品だけどギャグは笑う部分と普通に引く部分が半々。ヒーローの自演オタクっぷりは引きつつ笑った。
★6 - コメント(0) - 1月19日

面白かった!童話×謎解き×デスゲームの異世界トリップファンタジー。バラバラになった童話の世界に入り、タイトルと役割を突き止め、正しい結末に導かなければならない物語。主人公の死というペナルティありのルールに基づき、有名童話をアレンジしながら再構成していくストーリーはとても楽しかった。謎解きとサバイバルのなかで生まれる恋という少女小説らしいラブロマンスも堪能できたけど、結末は美しくも切ない。ただWEB版は続いているようなので幸せな未来を期待してもよさそう?ぜひ書籍版も続刊してほしい!
★8 - コメント(0) - 1月19日

あら、短編集だったのか。ほのぼの日常時々ゴブリンな感じ。2章の男の子はてっきり幼い頃の彼かと思ってたら騙された。どの話も悪くないけどやっぱりこのシリーズは緊張感や緊迫感がほしいなぁと思った。でもゴブリンスレイヤーのプレゼントがあまりにも酷すぎて逆にほっこりしたので楽しく読了。
★13 - コメント(0) - 1月18日

第二次世界大戦が勃発して4年。才女に育ったシャーロットが内部分裂で混沌としたインドに足を踏み入れる。その方法がインドの美形王子と偽装婚約というエンタメ的なものではあったけれど、内容はがっつり歴史小説で前2巻までとはだいぶ雰囲気が変わっていた。安全な箱庭の外に広がるインドの本当の姿は複雑怪奇で面白い。それはさておきカーリー再登場はまだか・・・と思ったところでこんなオチとはw相変わらずお茶目な王子様だなぁ。様々な伏線を回収しつつも、最後はかなり気になる引き。4巻はいつ出るんだろう・・・
★9 - コメント(0) - 1月17日

ヴァーミリオン皇国編が本格的に始動。前巻は序章的なコメディムードだったのに対し、今回は絶望感あふれる急展開に次ぐ急展開。今までのルールありきの学生大会と違い、一輝もステラも苦戦を強いられる戦争の難しさや緊迫感が面白かった。こうなると一輝のハンデは本当に厳しいな。敵の残酷な幼さも不気味で良い。しかしステラパパが意外なところで株を爆上げ。男前・・・!最後はまた謎めく展開で終わってしまった。12巻は早めにお願いしたいな。
★6 - コメント(0) - 1月17日

怪物と人間が共存する奇妙で無法な街を舞台とする伝奇ミステリー第2弾。今回は生首がたくさん出てくるサイコパス物語だった。推理よりも足で情報を集める探偵ものとしても面白いのだけど、それ以上に幕間で語られていくサイコパスの半生を描いたmemorandumの読み応えがすごい。サイコパスの異常な精神性に悪酔いした気分。しかし引きずり込まれる。前巻よりも尖ってるしエグみが増した内容も良い。3巻も期待!
★5 - コメント(0) - 1月17日

怪獣夫婦メイン回。カジノ王の娘に関わる騒動に巻き込まれる、と思わせて騒動を引き起こす側だった。ジャスミン、なんでそんな面倒な要求してんだ?と疑問だったんだけどまさかの丸投げか。無茶振りにも程がある。天使組と怪獣夫婦はどちらも他方を好き放題巻き込んでいくなぁ。最後の挿絵のドタバタ感すごく好き。でも今回のハイライトはダンの憧れが実現したシーンかな。ちょっと感動した。ゲスト父娘の物語は最後にスカッとさせてくれてよかった
★9 - コメント(0) - 1月15日

素晴らしい。インドにあるイギリス人女学校を舞台にした青春小説でありつつ、第二次世界大戦の足音がすぐ背後まで忍び寄る緊張感に満ちた歴史小説。ローマの休日を彷彿とさせる王女の恋の行方を楽しみに読んでいたら最後があまりにも切なくて泣けてしまった。それにしてもMI6の恐ろしさが前巻よりも際立ってきたなぁ。ラストの急展開に動揺を抑えきれない。シャーロットにいらんことを喋らせて悶えるカーリーに笑うしかなかったんだけど、彼らの恋はどうなってしまうんだろう
★10 - コメント(0) - 1月15日

みかこさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:茅田砂胡 岬かつみ 斜守モル 汐邑雛 大森藤ノ 峰守ひろかず 東堂燦 春坂咲月 日向夏 九江桜
みかこさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)