へくとぱすかる

へくとぱすかるさんの12月の読書メーター
記録初日
2013年08月16日
経過日数
1255日
読んだ本
1136冊(1日平均0.91冊)
読んだページ
290463ページ(1日平均231ページ)
感想/レビュー
1136件(投稿率100%)
本棚
0棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(1136件)

「サザエさん」は平均的ではない。という指摘に驚いた。話題にもなった「マスオさん現象」が実は稀なことだと気づかされた。作者・長谷川さん自身の、自称平均的な家族構成が、サザエさんの陽気さ、屈託のなさ、自然なフェミニズムの源泉であることも、著者・樋口さんは教えてくれる。高齢化社会を先取りした「いじわるばあさん」にせよ、長谷川町子が投じた一石は巨大だとあらためて感じる。
★35 - コメント(0) - 1月19日

都筑卓司の本を読み返す第2号。プロローグの「時間の望遠鏡」が、1966年の現実に起こった航空機事故をテーマにした、オリジナルの時間SFで、非常に興味深い。すべてのクォークが発見された現在、素粒子関係の記述はさすがに最新知識で補う必要があるが、発行当時は理論が提唱された直後。最新知識だったのだ。相対論の部分は手こずるが、ここをじっくり読むと、基礎的部分がよくわかる。
★30 - コメント(0) - 1月18日

「ふるさと」をはじめ、今も歌い継がれている唱歌のかなり多くを作詞した高野辰之、作曲の岡野貞一の生涯を中心に、大谷光瑞、島崎藤村の若かった時代が複雑にからんでいく。高野の姪にあたる人のロングインタビューが軸で、音楽関係の記述は少なめだが、清濁とりまぜての伝記が興味深い。この本が出たころは、まだ明治の人物を直接知る人が健在だった時代だったのか、と意外な思いがした。
★26 - コメント(0) - 1月17日

紙の本なのでページ数を260ページに修正。著者の本で最も売れたというだけあって、ただでさえ理解のむずかしい四次元というものを、最初は数学、後半は物理学的に解き明かしてくれる。時間、そして光速のからんだ座標変換から、四次元が導かれ、そこから、「この世界」からは目に見えない理由も説明できるのだから、思わず手を打つ。意外に文章が文学的である部分も人気の秘密かもしれない。
★34 - コメント(0) - 1月16日

甲骨文字の分析からは、殷についての伝世資料とは、かなりイメージの異なる社会像・王朝像が出てくる。「酒池肉林」がフィクションにすぎないこともそうだし、著者は周以前の王朝に、そもそも名前があったのかどうかについても疑問を呈している。王統譜にも、殷の時代からすでに架空の王名が挿入されるなど、利害関係で人間は簡単に歴史を改竄してしまうことを、あらためて思い知らされる。
★34 - コメント(0) - 1月16日

スズメ本が好きだ。これもまた、その一冊。著者が生まれ育った長野県内での調査に始まり、とうとう海外にまで。熱意に頭が下がります。最近、数が減ってきているという話ですが、いつも人の近くにいて、地味だけどかわいい姿をみせてくれる、「ザ・鳥」とも言えるスズメを大切にしていきたいですね。せっかく生んでも、卵から巣立つまでになるのは半分に満たないというから、自然は過酷です。
★31 - コメント(0) - 1月16日

書影がなかったのでオリジナル登録。「寒い朝」は眉村ジュブナイルでおなじみの、異世界?から来た生徒のエピソード。「暗い進行形」は今ならスクールカーストによるいじめ問題。解決が本当の意味で解決と言えるのか、ということにまで及んでいる点で、ハッピーな解決よりも考えさせる作品。ラストの「ゲームのメンバー」は、淡い期待を拒否する厳しい作品。ジュブナイルの進化を感じさせる。
★26 - コメント(0) - 1月13日

ある意味、日本に最も影響を与えた音楽家であるバイエル。まさかそのプロフィールが謎に包まれていたとは。偽名説、合作ペンネーム説までも! 私はピアノをピの字も弾けないので、この本を読む資格がないのかもしれないが、歴史探求の書として読ませてもらった。まさに感動! 今はネット時代だが、足を使って苦労を重ねた探求にこそ、幸運の女神はほほえんでくれるのだ。ラストの絵が心憎い。
★56 - コメント(0) - 1月13日

へくとぱすかるさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

京都の雪。山間部ならともかく、平地で積雪12センチと、珍しい朝になりました。
★27 - コメント(0) - 1月15日 11時08分

京都三条からの鴨川。川面にはユリカモメも。午前中まではいい天気でした。初詣のせいか、町の中は人出は少なめ。
★31 - コメント(0) - 1月3日 17時22分

へくとぱすかるさんのつぶやき

著者グラフ

最近読んだ著者:樋口恵子 都筑卓司 猪瀬直樹 落合淳思 佐野昌男 眉村卓 安田寛 ジャック・フィニイ 近藤史恵 七月隆文
へくとぱすかるさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)