nori

noriさんの12月の読書メーター
記録初日
2013年08月28日
経過日数
1243日
読んだ本
139冊(1日平均0.11冊)
読んだページ
36193ページ(1日平均28ページ)
感想/レビュー
111件(投稿率79.9%)
本棚
0棚
性別

読書グラフ

最近の感想・レビュー(111件)

心で感じたことを相手に伝える事って、実際は凄く難しいと思っている。ちょっとしたことで誤解が生まれたり、相手の立場とか、その時の環境なんかでも受け取り方が違ってきたり。沢山の言葉の中から、どんな言葉を選んで、どう伝えるか。伝えようとする心も大事だけど、話す技術も必要だよなぁとつくづく思います。
★29 - コメント(0) - 1月11日

西加奈子のデビュー作。友人が好きだった人を好きになり、同棲を始め、妊娠した事に気付き。。率直で、あけっぴろげな表現と登場人物たちの若さ故か?不安定さが印象的。
★3 - コメント(0) - 1月1日

海外で亡くなった日本人の遺体や遺骨を日本の家族の元へ送り届け、日本で亡くなった外国人を祖国へ送る国際霊柩送還士を追いかけたノンフィクション。世界中の葬儀社と提携し、高い防腐処理技術で遺体を生きていた頃と変わらない姿で待人の元へ送り届ける。『ひどい状態のままだとご家族は「これはあの子じゃない、違う人だ」と思う。死を受け入れられるように、お別れをさせてあげたい』そして、『悲しかった時のことを思い出さないように、(私たちのことは)忘れてもらった方がいい』という国際霊柩送還士という仕事。本当に頭が下がります。
★10 - コメント(0) - 2016年12月17日

読んでいる間、むしょうにチーズが食べたくなり買いに走ること数回。ヨーロッパ(特にフランス)のチーズ専門店でその地域でしか買えないチーズを物色したり、ワインや生ハムと一緒に味わいたい!
★2 - コメント(0) - 2016年12月13日

実力派バリスタ達が集結したバリスタ大会で異物混入が相次ぎ、主人公がその真相を解明していく。このシリーズ、いつもは短編ですが、今回初の長編で、今までの中では一番面白かったと思います。最後まですっかり冒頭のエピソードのこと忘れてました。それにしてもアオヤマさんとの関係、もう少し進展しても良いんじゃないかな。
★12 - コメント(0) - 2016年12月9日

めまいに悩まされるようになった著者が漢方薬局を訪れ、漢方を使いながら体調を整えていく実録エッセイ。私も漢方を使っていた時期があって、効果を感じていたので興味深くて最後まで一気に読んだ。著者の漢方の先生が凄腕でびっくり。あまり汗をかかない生活をしてると腎臓の機能が落ちるとか 甘いものは体を冷やすという所で我が身を反省。ちゃんと漢方の勉強がしたい。
★4 - コメント(0) - 2016年11月27日

事件当時まだ幼かった四女が少しずつ事件の事を理解し、当時の教団の実態や自分自身の環境などについて語っている。学校で先生から仕方なく引き受けたと言われたり、友人と長く付き合えなかったり、親の起こした事件によって無くなった自分の居場所。これからどう生きていけばいいのか模索している様子が見てとれる。他の関係者からの視点で書かれたものも読んでみたい。
★1 - コメント(0) - 2016年11月13日

お見合い体験のエピソードは案外少なくて、お見合いを通して分析した自分の性格について、が中心。もうちょっと具体的で突っ込んだ話を書いて欲しかったな。
★2 - コメント(0) - 2016年10月23日

noriさんの感想・レビュー

読んでる本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:原田マハ 西加奈子 佐々涼子 坂本嵩 岡崎琢磨 入江久絵 群ようこ 松本聡香 阿川佐和子 伊坂幸太郎
noriさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)