あける

あけるさんの2月の読書メーター
記録初日
2010年01月31日
経過日数
2609日
読んだ本
1240冊(1日平均0.48冊)
読んだページ
309915ページ(1日平均118ページ)
感想/レビュー
88件(投稿率7.1%)
本棚
9棚
性別
血液型
O型
URL / ブログ
自己紹介
SFとラノベと漫画。
感想は気まぐれです。
※小説と漫画は本棚で分けて管理中。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(88件)

ブサメン童貞主人公(37歳)が自慢のチートスキルで美少女ハーレムを目指す異世界転生ものなんだけど案の定、まったくモテず……。イケメンとヒロイン達の痴態を指をくわえながら眺める誰得展開になんかもう死にたくなるのだけど、さまざまなピンチやトラウマを乗り越えながら少しずつ人望を獲得していく地道なストーリーが楽しく、一気読みでした。出会う美少女に片っ端から卑猥な妄想を膨らませる卑語満載の語り口には笑うしかなかった。
★3 - コメント(0) - 3月10日

こじれた恋愛関係を修復するためあれこれ頑張ったけど、なんかぐるっと一周して同じところに戻ってきちゃうような、おもしろいラストだったかも。全滅したけど。
★2 - コメント(0) - 2月21日

ししょーVS名人の一世一代の大勝負を5巻丸々使って描ききった節目のストーリーだけに、今回も相当に熱くて息の詰まる展開なんだけど、それを裏で支えてくれる一門家族の温かすぎるエピソードの数々が、ストレートに突き刺さって、半分くらい読んだところから涙がぶわあああああって止まらなくなり、冗談抜きで危なかった。ものすごい熱気と感動でガンガン揺さぶってくる感じがいつも以上に強くて読後はぐったりした。とにかく圧倒的に面白かったです。
★18 - コメント(0) - 2月20日

ビキニ姿のエルフ軍団に協力して傾いた国の復興を目指す異世界ファンタジーなんだけど、いかにも海外の映画に登場しそうなウエスタンでハードボイルドな拳銃なりバイクなりを操ってド派手なアクションシーンとともに国を死守しちゃうところとか、金髪ビキニ美女がマシンガンをぶっぱなして決めゼリフいっちゃうところとか、もの凄くはじけてて楽しかったです。
★1 - コメント(0) - 2月13日

前巻から続くCクラスの汚い策略に今回もフルボッコで敗北寸前のDクラスだけど、土壇場まで追い込まれて芽生える新たな関係とか心境の変化が楽しく今後の進展に期待のもてる激動の体育祭編でした。 さんざん手痛い仕打ちをうける堀北の敗北と成長を描きつつも、裏切者&龍園VS主人公とのみえない戦いをやったり、Aクラスのもう一人の顔に迫ったりと、とにかく続きが気になってしょうがない感じです。
★6 - コメント(0) - 1月30日

裏ギルドで暗躍する最強の暗殺者が、公爵家の超落ちこぼれヒロインを手とり足とり指導して、ギルドの頂点を目指す学園異能バトル&ラブコメ。とにかくめきめき成長していくヒロインが、クラスの連中をぎゃふんと言わせたり、周囲との関係をちょっとづつ回復していくのだけど、なんだかそれが異様にうれしくて一気読みでした。任務よりもヒロインを選んで危ない橋を渡る主人公や、二人を取り巻く不穏な影の今後も気になるかんじ。
★3 - コメント(0) - 1月23日

『思春期症候群』が見せる夢から覚めるために、大切な人と幸せになるために、今回は咲太が過去や未来を飛び回って、本来の現実へと帰っていく。今までよりもずっとSF味の強いストーリーで、タイムトラベル(&パラドクス)ものの楽しさを思いっきり感じたりしました。最後まで天使すぎる翔子の選択も含め、やっぱり夢は見ないのだけど、幸せにはなれそうだなと。
★3 - コメント(0) - 1月21日

フォルガン戦後半。激戦のすえ散り散りになったメンバーが自分自身の抱える問題としばし向きあい、新たな発見をしたり、メンバーとの強い結束を感じて踏ん張れたり。一人一人の内面を掘り下げふっきっていくまでに、刻々と戦況が変化して、新メンバー(?)候補も加わって、カッコよく集結!みたいなストーリーがとにかく爽快で楽しかったです。ランタのどっちつかずな心境はちょっとよくわからなかったけど。
★2 - コメント(0) - 1月10日

あけるさんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:長月達平 ぶんころり 宮澤伊織 丸戸史明 葵せきな 虎走かける 白鳥士郎 木石岳 神野オキナ 天城ケイ
あけるさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)