倉敷川清流

倉敷川清流さんの2月の読書メーター
記録初日
2013年10月10日
経過日数
1263日
読んだ本
147冊(1日平均0.11冊)
読んだページ
46691ページ(1日平均34ページ)
感想/レビュー
141件(投稿率95.9%)
本棚
4棚
性別
血液型
A型
職業
その他
URL / ブログ
外部サイト
自己紹介
推理小説が好きです。
初めて読んだのは、ジュニア向けのシャーロック・ホームズだったと記憶しています。
そこから数十年。新本格ミステリとの出会いを経て、今も推理小説を読み続けています。

現実の世界は複雑で、混沌としていて、自分一人の力ではどうにもならないことがたくさんあります。
推理小説の中で探偵は、謎を解きほぐしていきます。複雑に入り組んで、どうしようもなくなった世界に「推理」によって秩序をもたらしていくのです。
その瞬間が、たまらなく好きなんだなと思います。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(141件)

前作で探偵上木らいちのことが気になり、続編を読んでみました。・・・が、やっぱり謎のままでした・・・。一遍一遍読み応えの違う短編が7編収められており、本格的な謎解きから不思議なショートショートまで多岐に渡っています。
★9 - コメント(0) - 2016年7月28日

タイトル通り、11編の短編が収められています。すべての短編にサッカーに関連したタイトルが付けられているのですが、読み進めていくと「なるほどなぁ」とにやりとするタイトル揃いです。さらに、全編を読み終えると「なぜ作者は、サッカー好きでもないのにこの本を上梓しようと決意したのか」という大きな謎への回答が浮かび上がってきます。読み終えた後、本当に「マノン」の通りだったらどうしよう…と一瞬考え込んでしまいました。お勧めは「オウンゴール」です。
★8 - コメント(0) - 2016年7月28日

6編からなる短編集です。全編面白かった・・・。「このミス」2015年第一位も頷けます。個人的には「万灯」が心に残りました。因果応報というか、天網恢恢疎にして漏らさずというか、人生はうまく回っているような気がしました。冒頭の「私は裁かれている」の意味を知った時、思わず慄然としました。作中の、先進国と発展途上国の関係にも、考えさせられることが多かったです。
★46 - コメント(0) - 2016年7月25日

小学生の頃、わくわくしながら読んだ「少年探偵団」シリーズの新作が、ここにはあります。江戸川乱歩が書いたものではありませんが、十分にわくわくどきどきでき、そしてあの頃を思い出しました。作家さん達の少年探偵団愛が詰まっているのはもちろんのこと、江戸川乱歩に対する尊敬も感じ取れる一冊でした。小学生の頃、ポプラ社の表紙があまりにも怖くて、表紙を下にして枕元に置いていたのは、今となってはいい思い出です。
★18 - コメント(0) - 2016年7月25日

まさかの「タイトル当て」ミステリでした。冒頭からの「読者への挑戦状」が小粋です。「古式ゆかしき本格ミステリ」ではありますが、殺人事件とは関係ないところで(厳密には、全く関係ないことはないのですが)「ああっ!!」と言ってしまいました。168ページの最初の3行は、文字を読んでも意味が頭に入ってこない感じがして、何度も読み返してしまいました。しかし、そこをクリアすれば、タイトル当ては問題なく終了いたしました。作者がほくそ笑む様子が目に浮かびます・・・
★13 - コメント(0) - 2016年7月24日

初めて連城作品を読みました。収められている8編は、すべて異なった読み応えでした。 表題作は誘拐をテーマにした秀作です。読み終えてから、「それで犯人は、誘拐した子供の名前が言えなかったんだ」と目からうろこが落ちました。また、文章を主人公の一人称にした理由も、よくわかります。 「冬薔薇」、「風の誤算」は不思議な読後感でした。
★10 - コメント(0) - 2016年7月19日

今回の今日子さんは、すべて刑事さんとコラボしています。警察から公式に事件の依頼を受けるって…しかも忘却探偵だから完全秘密厳守って…。今までの3冊の中では一番面白く読めたように思います。巻末の刑事さんたちの報告書(ちょっぴり愚痴?)も、楽しいオマケでした。
★19 - コメント(0) - 2016年7月15日

掟上今日子シリーズ第二作です。 相変わらず読み易くてスイスイ読めました。TV版とは解決が異なっている部分もあり、面白かったです。
★9 - コメント(0) - 2016年7月15日

倉敷川清流さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:早坂吝 蒼井上鷹 米澤穂信 有栖川有栖,歌野晶午,大崎梢,坂木司,平山夢明 連城三紀彦 西尾維新,VOFAN 西尾維新 青崎有吾 筒井康隆 アガサクリスティー
倉敷川清流さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)