鬼灯の金魚草

鬼灯の金魚草さんの2月の読書メーター
記録初日
2013年11月03日
経過日数
1240日
読んだ本
740冊(1日平均0.59冊)
読んだページ
219897ページ(1日平均175ページ)
感想/レビュー
676件(投稿率91.4%)
本棚
5棚
性別
現住所
神奈川県
自己紹介
偏った読書ですが、よろしくお願いします。
徐々に慣れて行きたいと思っております。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(676件)

黒娘とほぼ同時に読んだのでさらに面白かった。何故自分がこんなにも木嶋香苗に惹かれるのか、分かったような気がした。でも、オトコに期待しない女たち、どんどんロリに走る男たち、どうなっちゃうんだろ、この国は。
★16 - コメント(0) - 3月23日

こういうのが好きなんだ。やたら強い女の子、女性蔑視の男どもをぎたぎたに殺していく。この中で普通の女の人がぼろぼろに虐げられて、ひどい目にあって殺されていく。何だかそんな女の敵を取ってくれたみたい。とにかく気持ちよかった。もっとやっちゃえ!
★15 - コメント(2) - 3月23日

あら、友成しぇんせいみたいなのかと思ったら随分違ったわ。すんごいマザコンの天才シェフの自信過剰な自己顕示欲はここまで行くとある意味崇高でさえある。で、出てくる料理はきっとおいしいのだろう、食べたことないもんばかりだし。
★18 - コメント(3) - 3月21日

人間として生まれてきて、圧倒的な暴力や言葉巧みに被害にあってしまうのは本当に辛いことである。中でも恐ろしいのは身内が加害者で幼い子どもが実は被害にあっているということ。それが当たり前って何?お母さんがやきもち焼くから内緒って何?本当に人権って何?弱い者を守るのがオトコじゃないの?読んでいて本当になんだか悔しい思いが溢れてくる。一刻も早く被害にあわれた方の心の安らぎが訪れますように。
★16 - コメント(0) - 3月20日

重たい。ニュースやワイドショーではわからない背景や状況、事件に至るまでの複雑な心境の変化は我々にはわからないことだらけでも、なんだか心の隙間が見えた気がする作品。
★33 - コメント(9) - 3月18日

いやん、やだ怖い。と思いつつもやめられない、三津田さんでした。前に読んだ「赫眼」も怖かったけど、これもシャンプーしながら何だかぞっとする気がして、夜はやめたほうがいい。「すれちがうもの」みたいなものは気が付いちゃダメよね。
★19 - コメント(1) - 3月14日

時に何も考えずに馬鹿笑いしたくなる時もあるわけよ。そんなときはこれ。
★11 - コメント(0) - 3月12日

ザリガニを食べたことがあると告白した時の弟のあの日の顔が忘れられない。やつは泥抜きせずにそのまま焼いて食べたそうな。彼曰く「まずかった」そりゃそうだ、下処理する知識のない小学生。桐谷さんみたいに食に貪欲ならいらん知識が沢山ありそう。これ読んでるとどんなもんも結構食べられるんちゃうん?と思ってしまう。
★14 - コメント(0) - 3月12日

鬼灯の金魚草さんの感想・レビュー

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、窪美澄さんの最新作「やめるときも、すこやかなるときも」の献本に応募しました!応募締め切りは3月20日!応募はこちら→ リンク
★4 - コメント(1) - 3月13日 12時06分

【献本プレゼント】読書メーターでちょっと不思議な物語「麻布ハレー」の献本に応募しました!応募締め切りは3月13日!応募はこちら→ リンク
★3 - コメント(0) - 3月8日 10時01分

鬼灯の金魚草さんのつぶやき

読んでる本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:上野千鶴子,信田さよ子,北原みのり 牧野修 デヴィッド・マドセン 小林美佳 吉田修一 三津田信三 涼川りん ぽんとごたんだ 河合莞爾 根本起男
鬼灯の金魚草さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)