かかな

かかなさんの2月の読書メーター
記録初日
2014年07月12日
経過日数
988日
読んだ本
231冊(1日平均0.17冊)
読んだページ
89854ページ(1日平均65ページ)
感想/レビュー
144件(投稿率62.3%)
本棚
2棚
性別
年齢
26歳
職業
専門職
自己紹介
買い物好きな社会人♡
無言でお気に入り登録やナイス押させてもらっています!

◆冊数よりも中身重視なので、ペースはまちまち。
◆軽めのふわっとした物よりは、ミステリーや重いテーマのどっしりした話が好きです。
◆最近はサスペンスよりも本格ミステリをもっと読みたい!!

◆紙本・電子書籍どっちも派ですが、最近は電子書籍多め。
◆読みたいと思った瞬間に読まないともう二度と縁がなくなる気分屋なので、図書館は不向きです。


読まず嫌いが激しく、特定の作家さんの作品ばかりを読んでしまいがち…

皆さんのように共感できるような感想を書く文章力が欲しいです(*_*)

読書グラフ

最近の感想・レビュー(144件)

初エラリー・クイーン。どうしてもミステリが読みたくて海外作品に手を出してみました。色々と迷いましたが、十角館のエラリイが好きという雑な理由でこれに(゜-゜)!予想よりもずーっと読みやすいし面白く、海外ミステリを避けていたのがもったいないくらいでした。とんでもなく癖のあるキャラですが私はレーン探偵好きです!最後の解き明かしは無駄がなくて論理的だし、最後の一行まで美しい作品でした。やっぱり古典ミステリってすごい。読むのに時間がかかってしまいましたが、次は『Yの悲劇』かなあ。
★36 - コメント(0) - 3月20日

またまた何となく恩田陸さん!最初の1/4くらいはイマイチかな〜と思っていましたが、段々面白くなってくる作品!でもなかなか巽(たつみ)の読み方を覚えられなくて、名字で呼んで!!って感じでした(笑)舞台俳優に脚本家に演出家。最近は観劇遠征が趣味になりつつあるので、とっても興味深い世界でした。作中劇の描き方が凄まじくて、これがあったから『蜜蜂と遠雷』があるんだなって思います。私が実際に観てみたいのは東響子の演技かな。続編で巽の『戦争と電話』が上演されるとのことなので楽しみ!
★77 - コメント(0) - 3月11日

いつも通りのロジカルな謎解きミステリ。舞台は、業のある者のみを吸い寄せる館。"業"ってなんぞと思い調べると「善悪の行為やそれによる報い」だそうです。石持作品では定番のやたらと鋭い探偵役のおかげでサクサク進み、各話とも一気読みでした。中島邸の住人と公園との名前の暗示がとっても素敵。こういう後味の悪い不思議な話もたまにはいいなあ。やっぱり石持さんは無条件で読書スイッチをオンしてくれます!
★52 - コメント(0) - 2月25日

大好きな映画のノベライズ本!パリを舞台にした、中山美穂さんと向井理さんがひたすら素敵な映画です。そりゃーパリで向井理に出会ったら好きになるよねって感じ(笑)これといった大事件が起こるわけではないけど、とっても雰囲気のいい作品なのでオススメです。正直、読み物としてはイマイチなのでファン向け小説かも。ラストの電子書籍版の特典写真で心を持ってかれちゃいました。
★36 - コメント(0) - 2月23日

これ、普段は芸術をテーマにしたものを選ばない人にもおすすめしたいです。何となく読み始めたのに最初の演奏シーンを見た瞬間、この作品の虜になった自分にびっくりしました。やっぱり読まず嫌いって勿体無い!ただの青春コンクール劇だと思っていたけど、凄い(以外の言葉が浮かばない笑)作品に出会えたみたいです。いつもは細切り読書ですが、この演奏シーンは途中で止めたくなくて一息で読み切っていました。個人的には2次予選がワクワクのピークで、中でも明石の演奏が一番好きだなあ。
★155 - コメント(2) - 2月18日

読むのは中学生ぶり!年上だった彼らは、もうずっと年下に。融が言った『二度としない行為や二度と訪れない場所』という言葉。確かに大人になるにつれて、決まりきった生活になってるなーとしみじみ感じます。あんな風に、いろーーんな事を思いながら過ごす時間なんてもう無いんだろうなあ。自由歩行のスタートがもの凄いワクワク感で、歩行祭なんて絶対嫌だけどあの瞬間だけは味わってみたいな。『永遠の青春小説』という謳い文句がピッタリ。とりあえず高校時代に戻って忍と付き合いたい。
★111 - コメント(2) - 2月8日

改題前の『檻から出た蟬』のほうが好き!!でも、これを壮絶な愛の物語…と素直に感動できない自分が嫌です(笑)一度皆で話し合おうよ!!感がすごい。同じシーンを視点を変えて繰り返すのはいいんだけど、台詞も同じように書かれるのは今回に限らず苦手…。流し読みしてしまって、大事なところを読めてない気がしてしまいます。「32年もの間、刑務所に出たり入ったりする男」という主人公は魅力的でした。全体のタネ明かしよりも、最後に刑務所に入った真相が好きです。
★68 - コメント(0) - 1月23日

この作品の良いところは枕草子をもじったタイトルだけだなーという印象…。倒叙物が好きなので期待していましたが、4人ともやたら自信家で情熱的だったのでガッカリです。自信家なくせにずさんな行動が丸分かりだし、短編にわざわざ作者の政治的思想を入れ込むのも心から気に入らない(笑)『春は縊殺 やうやう白くなりゆく顔いろ』このフレーズはものすごくツボに入って大好きなのになあ。似たもの同士な小物犯人に退屈してしまい、自分の趣味には合いませんでした。
★42 - コメント(0) - 1月13日

かかなさんの感想・レビュー

最近のつぶやき

月末に観劇遠征してきました!お人形のようなロミオとジュリエットに惚れ惚れ…♡『蜜蜂と遠雷』読了後にも思いましたが、定期的に綺麗なものに触れないとだめだな(゜-゜)暗い本ばかり選んでいたので、一気に心が晴れた2月でした!2017年2月の読書メーター 読んだ本の数:4冊 読んだページ数:1379ページ ナイス数:484ナイス ★2月に読んだ本一覧はこちら→ リンク
★36 - コメント(0) - 3月1日 18時19分

【献本プレゼント】読書メーターで感動のサスペンス巨編「天上の葦 上下巻セット」の献本に応募しました!締切は3月2日!応募はこちら→ リンク
★14 - コメント(0) - 2月23日 12時27分

著者グラフ

最近読んだ著者:エラリー・クイーン 恩田陸 石持浅海 北川悦吏子 薬丸岳 深水黎一郎 アガサ・クリスティー 伊坂幸太郎 西村京太郎
かかなさんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)